2008年04月18日

人に影響力を与える8つのポイント!(その7) 4

「人に影響力を与える8つのポイント」の話も残すところ2つとなった。

復習しよう。
人に影響力を与え人を動かすポイントは?
1)強制、 2)報酬、 3)正当性、 4)正義感、 5)正確性、 6)一貫性、 
の6つを紹介した。

今日は、7つ目のポイントを紹介する。

7) 「許容」 人を許すこと。 である。

これには、「包容力、自分を受け入れてくれる人」という意味も含まれる。
こういう人に周りの人は、ついていく。

失敗を許すこと。 これは重要なことである。 
日本のカルチャーでは、学校から会社まで、学生、部下が失敗したら指摘する。怒る。減点する。というポイントが、重視されてはなかろうか?

賛否両論あろうと思うが、ここでのポイントは、人間は失敗する生き物である。 失敗した人を責め立てる人より、許してあげることのできる人のほうが、許された人に対して影響力を持つ。
失敗を許してくれる人に、周りの人は付いて行く傾向にある。

また「包容力」も「許容」に入れているが、これも重要なポイントである。
自分と違うもの、違う考え、カルチャー、物の見方、考え方、いろいろな違いがあるが、これを拒否、無視、批判せず、受け入れる。
これのできる人は、以外と少ない。

人は自分と違う価値観、考え方、方針を否定しよう、という傾向がある。
そうではなく一旦受け入れることが重要である。
違う価値観をリスペクトし、受け入れる心の広さ、これは重要である。

また批判する人も基本的には、影響力は薄い。
批判しない人の方が、周りは付いて行く傾向にあり、結果的にその人は、影響力を持つ可能性が高い。

今日の一言

「許容、人の失敗を暖かく見守り、許してあげることのできる人は、影響力を持つ。 自分と違うものも受け入れる。批判しない。 ことも重要なポイントである。」

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス at 01:18コメント(0)トラックバック(0)人に影響力を与える8つのポイント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ