2008年05月13日

リーダーシップの5つのポイント(実践編 その5) 5

リーダーシップの5つの実践ポイントを紹介している。

1つ目は、「進んで立候補する。」 

2つ目は、「失敗は、良いことである。」 

3つ目は、 「人脈、情報等のリソースを豊富に持つ。」 

4つ目は、「常に目標達成のアイデアを考えている。」 を紹介した。

今日は5つ目である。

5つ目は、 「Servant leader (召使いリーダー)を実践する。」

リーダーシップには、大きく分けて2つのタイプがある。

1つは、トップダウンリーダー、これは「俺についてこい」「カリスマリーダー」というイメージのものである。
1人の優秀なリーダーが、ぐいぐいと組織を引っ張っていくイメージである。

もう1つは Servant leader 、これは召使いリーダー、と言われるものである。 チームメンバーに権限委譲して、チームのキーマンの方何人かに組織を引っ張ってもらうことである。

リーダーがすべてを決めて指示するのではなく、メンバーにお願いするのである。

「すみませんが、これをお願いできますか?」 というイメージ、まさにServant(召使い)になりきるのである。

リーダー、トップのポジションは、偉くない。 
指示するだけが仕事ではない。

チームの皆さんが、実力を発揮できるようサポートすることが、リーダーの役目であり、何かあれば責任は自分が取る。という決意が重要。

このServant leader(召使リーダー)は、一見目立たないかもしれない。
しかし結果的に組織が活性化し、権限委譲されたキーメンバーが、実力を発揮し、組織の目標が達成されれば、それはリーダーの力である。

トップダウンリーダーは、性格的に向かない方がいるかもしれない。

しかしServant leader(召使い)は、自分に向いている。という方もいると思う。

これも立派なリーダーシップの形である。

今日の一言

「リーダーシップには、2つのタイプがある。
トップダウンリーダーとサーヴァント(召使い)リーダーである。
何事も自分だけでしようとせず、サーヴァントリーダーとして、人にお願いすることも重要である。」

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス at 23:45コメント(1)トラックバック(0)リーダーシップとは?   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ハニー☆   2008年05月14日 00:49
5 なるほど〜〜〜!
そんな風に 分析したことがなかったので
ほ〜〜〜っと関心しました。

自分がどのタイプを見極めることが
まずは 大事だと思いました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ