2008年07月24日

部下のやる気を引き出す3つのポイント! 5

部下のやる気をいかに引き出すか?
これは、多くの管理職の方が、チャレンジされていることであろう。
今回は、3日間で3つのポイントを紹介する。

今日は、1つ目である。

1)「Pride」(誇り) に訴えかける。

というポイントである。

人それぞれ、「Pride」(誇り、プライド)を持っている。

そのプライドに訴えることで、人は、動くのである。

例えば、過去アメリカの大統領選挙での話。

ジョンFケネディ候補とリチャードニクソン候補が大統領選を争った。
ニューハンプシャー洲での選挙演説である。

ニクソン候補は、国民に1票を入れてもらうために「お金」に訴えた。
彼は、「お金」で国民は動くと考えた。簡単に要約すると彼の選挙演説は、

「国民の皆さん、私を大統領にしてください。そうすれは、減税をします。
昨年度よりも税金が安くなりますので、お小遣いが増えます。どうか私に1票を入れてください。」
と訴えたのである。

ジョンFケネディ候補は、「プライド」で国民は動くと考えた。
彼の演説は、ニクソン候補と逆であった。

「国民の皆さん、私を大統領にしてください。
私が大統領になったら増税をします。
よって昨年よりもたくさん税金を払っていただかなくては、いけません。
お小遣いは、減ってしまうかもしれません。しかし考えてください。

アメリカ国家は、今、深刻な財政難にあります。このままでは、アメリカ国家は、破綻してしまいます。
将来のアメリカ国家のために、今は財政を立て直さなければいけません。
国民の皆さんにお金のご負担をしていただくことになると思います。

しかし、私は、アメリカ国民としての「皆さんのプライドに訴えたい」、と思います。私に1票を入れていただけると信じています。」

この演説のあと、ニューハンプシャー州では、ケネディ候補が勝ったのである。

国民の多くは、ケネディに1票を投じた。

増税を覚悟で、何故か?

「アメリカ国民としてのプライドに火がついたのである。」

今日の一言

「人には、それぞれプライドがある。
それを理解し、尊重すれば、動機付けになることがある。」

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス at 01:04コメント(0)トラックバック(0)モティベーションアップのポイント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ