2008年07月26日

部下のやる気を引き出す3つのポイント(その3) 5

部下のやる気を引き出す3つのポイントを紹介している。
1)「Pride」プライドに訴える。
2)「Competition」競争心に訴える。 
であった。
今日は3つ目である。

3)「Teamwork」 チームワーク である。

人は、誰しも1人では寂しい。

組織に属したいのである。
学校、会社、ボランティア団体、プロ野球のファン、サークル、コミュニティ、OBOG会等 多くの集まりがある。

チーム分けをして1つのチームに所属する。

そしてその中で何かの役割を与えてもらう。

キャプテンとか会計、書記、幹事役、受付とか、様々な役職、役割がある。

その具体的な役割をもらった時、モティベーションが上がり、やってみようか?
というマインドになることがある。

例えば、あなたは、ある草野球チームに誘われた。
むかし小学校の子ども会でソフトボールをしていたが、野球は、あまり好きではない。
「草野球チームに入らないか?」
あなたは、あまりやる気がおきない。

しかしこう言われた
「1ケ月後にとなりの町の野球チームと試合があるんだ。「ファースト」を守ってくれる人がどうしても見つからないんだ。やってくれないだろうか?」

「ファースト?」むかしのソフトボールチームであなたは、ファーストを守っていた。具体的な役割を提示されると、イメージがわいてくる。

あなたは、「やってみるか。」という気持ちになった。

あるチームの中で、ある役割を自分は担うことができる。という所属意識、役割意識で人はモティベーションが上がり、やってみよう、という気持ちになることがある。

これが「チームワーク」である。

今日の一言
「人は、チームワーク、すなわちチームの一員として何かの役割を担いたい、という本能がある。チームワークの一環としての役割を与えられたとき、その仕事をやってみよう、というモティベーションが上がるのである。」

感謝! 感謝!


小森コンサルティングオフィス at 00:04コメント(0)トラックバック(0)モティベーションアップのポイント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ