2008年08月12日

脳の2つの性質 5




脳化学者の中井先生に教えてもらった。

脳には2つの性質がある。

1)「安定性」

これは、今ある状態、習慣、を変えたくない。
新しいことを受け入れたくない。という性質である。

例えばあなたが、友人に、まったく今までしたことがないスポーツを急に「やろうよ。」と誘うと友人は、どう言うであろう。
おそらく「したくない。」という顔をするのではなかろうか?

初めてのこと、今まで経験したことのないことは、したくない。
なぜなら、脳には「安定性」という性質があるからである。

2)「可塑性」

これは、少しずつなら変化があってもいいよ。
という性質である。

1の「安定性」の性質があると、人は、まったく変化を好まないか?というとそうでもない。

2の「可塑性」というのがあるので、「少しずつ、少しずつ」であれば人は、変化を受け入れる性質がある。

まったくしたことのないスポーツがある。
いきなり友人に「そのスポーツをやろう。」と誘うと、しり込みするだろう。

でも少しずつ誘うと可能性が出てくる。

「1日目、そのスポーツのビデオを見てみよう。」

「2日目、そのスポーツをした人の話を聞いてみよう。」

「3日目、そのスポーツの試合を見に行こう。」

「4日目、少し、そのスポーツを体験で軽くやってみよう。」

というように少しずつ慣れていく。

そうすれば、脳には「可塑性」という性質があるので、そのスポーツを受け入れやすくなるわけである。

このように、何か変化を起こす時、新しいことにチャレンジするとき、何度も何度もチャレンジする、また脳の中でのイメージを何度も、何度も思い描く。

そうすることが重要である。

脳の2つの性質に感謝である!

Nakai_Kevin

小森コンサルティングオフィス at 00:47コメント(0)トラックバック(0)潜在意識   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ