2008年10月02日

サーバント(奉仕型)リーダーとは? 5

サーバントリーダーシップとは、ロバート・グリーンリーフが提唱した、大きなビジョン実現のために邁進している人たちに対して支援するリーダーのあり方である。

部下が会社がめざす使命に向かって邁進しているのであれば、リーダーはサーバント(奉仕する人)となって部下につくすべきである。
「リーダーのために部下がいる」のではなく、「部下のためにリーダーがいる」と考える。
リーダーシップのプロセスとして、尽くしたいという自然な感情に始まり、その後、自覚的に選択した上で、導いても行きたいという気持ちになる。
(以上文献より)

1分間マネージャーで有名なケンブランチャードによると、サーバントリーダーのモデルは、イエスキリストであるという。
イエスキリストがなくなって2000年以上たつが、キリスト教は、全世界で莫大な数の信者がいる。

その元であるイエスキリストこそが、偉大なるリーダーである。という考え方である。

トップダウン式の「俺について来い」式のリーダーシップには、限界がある。
そこで注目を浴びてきたのが、このサーバントリーダーである。

サーバントリーダーとは、どのようなもので、どのようなスキルをトレーニングすれば、組織の中で強いリーダーが育つのだろう。

それを紹介していきたい。

感謝!

小森コンサルティングオフィス at 19:11コメント(0)トラックバック(0)リーダーシップとは?   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ