2008年10月28日

決断の仕方とは?(その2) 5

「決断の第1ステップは、1)決断する事項に関する十分な情報を収集する。
それができるまで決断は下さない。」 であった。

今回はその2である。

2) 「過去の事例を参考にして決断を下す。」

過去の事例は、物事の正しい決断をすることの貴重な要素である。
長い歴史の中で先人は、多くの決断をしてきた。
そしてその決断、実行の結果がどうであったか?
うまくいったのか、 いかなかったのか。
その内容を知り、活用することは重要である。

会社、チームの先輩、先生、上司等、に遠慮せず聞くことである。
また文献等の資料があれば参考にすること。

またここでは、過去の事例のとうりにすることではなく、あくまで過去の事例を参考にすることでしないでよい過ちを繰り返さないこと。

解決策を考える時間が節約できることが、重要なポイントである。

決断の仕方(その2)は、「過去の事例を参考にして決断を下す。」
である。 感謝!

小森コンサルティングオフィス at 02:49コメント(0)トラックバック(0)コミットメント(決意)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ