2008年11月15日

部下のやる気を上げるには(その2) 5

相手のやる気を上げるには、どうすれば良いですか?

この質問にいくつかの答えがある。

1つは、「競争心」Competitionに訴えかけるという方法である。

人には誰しも「勝ちたい」という気持ちが多かれ少なかれある。
「私は、負けたくて仕方がない。」という人には出会ったことがない。

最も簡単な方法は、「ライバルを作る」ということである。

「あの人には負けないぞ。」「あいつには勝ってやる」という気持ち、それが競争心である。

競争心を燃やした時、人は信じられないような努力をすることがある。

北京オリンピックで北島選手が2連覇を達成した。彼にはハンセン選手というライバルがいた。 もしかするとハンセン選手がいなければ、今の北島選手はないかもしれない。

すばらしいライバルを見つけ切磋琢磨すること。これは大事である。

現在大阪産業創造館にて戦略実行塾(マネジメントスキル)の講師をさせていただいている。
その中でこの部下のモティベーションをあげるポイントに「競争心」ライバルを作る、重要性を講義させていただいた。

そうするとある経営者の方が、部下のライバルに適格な人をリクルートで採用されたそうである。
「今後は、この2人が競い合い、会社を盛り上げてもらおうと思います。」

すばらしいリクルーティング手法であると関心した。

今日の一言
競争心に火をつけよう。あなたのライバルは誰ですか?

感謝!


小森コンサルティングオフィス at 20:28コメント(0)トラックバック(0)モティベーションアップのポイント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ