2008年11月16日

部下のやる気を上げるには(その3) 5

部下のやる気を上げるポイントを紹介している。

1つのポイントは、「チームワーク」に訴えかける。という方法である。
誰しも何かの組織、チームに所属したい。

1人でいるのは寂しいものである。
よってチームの1員となり、その中で何かの役割をもらえると嬉しい。

「私は、このチームの1員である。この役割を担っているんだ。」
という意識は、やる気を喚起することにつながる。

よって部下のモティベーションをアップするには、チームへの所属意識、役割を担わせてあげること。
その役割を達成できてチームに貢献できていることを認めてあげること。
これが大事である。

「所属意識を持ちたい。」「自分も何かに貢献したい。」ということは人間の自然な感情である。

この意識をチームワーク、役割分担としてうまくアピールすれば、モティベーションアップのポイントとなる。

例えば、ある人を野球チームに誘うとき、「うちの野球チームに入らないか?」と誘うより「今うちの野球チームで5番でファーストを守ってくれる人を探しているんだ。よければ入ってくれないか?」と誘うほうが、モティベーションが上がるものである。

具体的な役割分担(5番でファースト)といわれたほうがイメージがわくのである。
自分がファーストを守っているイメージを想像するかもしれない。

今日の一言
「チームワークと役割分担、このポイントがモティベーションアップの1つのポイントである。」

感謝!

小森コンサルティングオフィス at 09:18コメント(0)トラックバック(0)モティベーションアップのポイント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ