2008年11月26日

アイセックのイベントでコーディネーター 5

11月23日のアイセックのイベント(大阪大学)にて基調講演に続きパネルディスカッションのコーディネーターをさせていただいた。

パネリストは20代前半の若さで自らActionをお越し社会活動をしている以下の3名である。

1)松田雄高さん
世界学生環境サミット全体会議長
2008年6月開催の世界学生環境サミットin京都の実行委員長
世界11ケ国14の大学から学生を集め、学生の意見を洞爺湖サミットに反映させることに挑戦した。将来の夢は、政治家

2)滝田唯さん
アーティスト
路上を中心にアーティストとして活動。アーティストで得た売り上げの一部を「地球温暖化STOP」に寄付している。HArtsのメンバーとしてイベント、展示も行っている。
将来の夢は、有名なアーティスト

3)川島彰充さん
青年海外協力隊OB
エジプトのカイロにてスラム街で子供達に授業やイベントを実施、パントマイム等のパフォーマンスも実施して子供達の人気者になった。将来の夢は、エジプトに学校建設。

パネルディスカッションは、この3名に活動内容、きっかけ、感じたこと、将来の夢等を熱く語っていただいた。参加者の100名の学生の皆さんは、同じ年代ですでに「Action!」をお越し社会貢献活動をされている3名のコメントに熱心に耳を傾けていた。

参加者の皆さんの「ベストプラクティス」(すばらしい実践例)となりうる3名の生の声を聴けて、このイベント参加者の中より、将来のリーダーが輩出されることを期待している。

ポイントは、準備ができてなくてもアクションすること。
自分にも何かができる、と信じること。
日ごろからの人脈を大事にすること。
好きなことをすること。
悩みながら成長していく。
地球環境が壊れていくことは、避けなければならない。
自分のできることを考えればよい。
考えないこと。
友人の誘いに乗ること。 等の意見があった。

イベントスケジュールは、その後、海外インターンシップの紹介(星野さん:大阪大学外国語学部)があり、パネリストの皆さんのブース型交流会(質問会)でも盛り上がった。

そして、参加者全員が夢「Action」を葉っぱの形の紙に記入。
それをまとめて紙に貼り、全員の葉っぱが、大きな1つの木にまとまった。

最後の締めは、Action企画責任者の武地さん(大阪大学)と参加者全員で一緒に「3,2,1 Action!」と大合唱して、大成功のイベントであった。

すばらしいイベントに感謝である。


小森コンサルティングオフィス at 17:24コメント(2)トラックバック(0)セミナー、講演会   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by リブウェル   2008年11月29日 01:01
きっと大盛り上がりだったでしょうね!

若くて熱い方に刺激をたくさんいただけそうです。
2. Posted by Kevin(小森)   2008年11月30日 07:56
5 リブウエルさん
ありがとうございます。
学生さんのフレッシュな反応はすばらしいですね。
感謝!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ