2008年12月18日

やる気を継続するには 5

ドイツのある学者の言葉である。

「人は、1時間で56%のやる気が失われる。」

やる気を継続してピークパフォーマンスに持っていくには、繰り返しの意識付けが重要である。

人は生まれてから20歳になるまで、14万8000回のネガティブなことを言われているそうである。

そしてポジティブな言葉、「お前はできるよ」「すばらしいね」「きっと成功するよ」等は、1400回である。

すなわちネガティブな言葉の100分の1しかポジティブな言葉を言われていないそうである。

この数字はうなずける。世の中の親、教師、先輩、上司、友人は反省すべきであろう。私も含めて。。。。

ということは、自分で自分を励ましていかないと潜在意識には、ネガティブな言葉が多く入れられていくことになる。

ではどうするか?

人は日々、常に心の中で、質問をしている。

良質でポジティブな質問をすることが重要である。

「今日、このすばらしい日を、私はどのようにしてすごそうか?」

「この問題を解決して成功するには、どのようにすればよいのだろう?」

「私は、〜のすばらしい才能がある。今日の1日でこの才能をどのように活用しようか?」

「今回直面している壁は、ギフトである。このギフトをどのようにして乗り越え勝利を得ようか?」

すばらしい質問に感謝である!

小森コンサルティングオフィス at 23:10コメント(0)トラックバック(0)モティベーションアップのポイント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ