2008年12月25日

効果的な話し方(3) 5

06cac7d5.JPG効果的な話し方の3つ目のポイント、それは、

「目的と到達点を明確にすること」

今から私は、何の目的で話をするのか?そして我々は何を話が終わったあとの到達点にするのか?を明確にすることは重要である。

話の冒頭に
「今日の話の目的は、3つあります。1つは〜、2つ目は〜、3つ目は〜です。この3つのポイントについて理解いただければ、私の話の目的は達成です。そしてこの話は、皆様方にとって、〜〜のメリットがあります。興味を持ってお聞きいただければ幸いです。」

というとたいへん理解しやすく、話を聞こうという興味もわいてくる。
そうではなく、いきなり人が何かを話し始めると、不安になるものである。

ここで1つのテクニックを紹介する。目的を明確にする際に、1回の話でポイントは3つに絞ることである。

「話のポイントは、3つです。」
これはP&Gのプレジデントが良く言ったフレーズであった。
何故3つなのか?ダークヤーガーというP&Gジャパンの社長がいた。
彼は「人間が興味を持って話を聞いて、その場で覚えられるのは3つまでである。」と言った。

それから私の「3つです。」人生が始まった。
講演、企業研修、スピーチ等の際に、「私の話のポイントは3つです。」
ではじめる。
たいへんわかりやすい、と評判である。

効果的な話し方の3つ目、それは「話の目的と到達点を明確に示してあげること」 これができれば、話の冒頭の第一印象は、バッチリである。

実践いただきたい。 感謝!


小森コンサルティングオフィス at 10:15コメント(0)トラックバック(0)プレゼンテーション   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ