2009年03月03日

コミュニケーションの障害 5

人と話をしていて相手が不機嫌になったり、怒り出してしまった経験は誰にでもあると思います。

相手の「心の窓」が閉じてしまった。という表現をします。

ではどのようなときに、相手の「心の窓」が閉じてしまうのでしょう。

コミュニケーションにて気をつけないといけないポイントとは、どのようなものでしょう。

4つを紹介します。

1)固執する姿勢

2)自己主張

3)目的の不明瞭さ

4)時間のプレッシャー

以上の4つをコミュニケーションする際に気をつければ、急に相手が不機嫌になったり、怒り出したりすることは避けられると思います。

セミナーの内容を動画でご紹介しています。

よければご覧ください。

コミュニケーションの4つの障害(約10分)
http://www.viddler.com/explore/komori/videos/1/?secreturl=74727445

感謝!

小森コンサルティングオフィス at 10:14コメント(0)トラックバック(0)4つの障壁   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ