2009年03月22日

相手とのコミュニケーション 5

47b87462.jpg相手は、何故この商品を買おうとするのか?

結論から言うと

1)その商品が欲しいから
2)その商品が必要だから

この2つに集約できる。

ポイントは、「相手が」ということである。
あなたが営業マンとして、営業マンのあなたが売りたい商品を買うのではない。その相手が、欲しい何か、必要としている何かがあるのである。
それに合致したとき、相手はそれを買おうとする。
そうでなければ、買おうとしない。

よって最も効率的な説得の手法は、

1)まず相手の話を聞くこと。相手の欲しいもの、必要とするもの、それに関する情報を収集すること

2)その条件に合致した提案をすること、相手の利点にフォーカスして

この2つのポイントが、シンプルであるが最も効率的な説得の手法である。

感謝!

=============
大阪の紀伊國屋、本町店に昨日行きました。

「スベらない商談力」平積み3面展開していただいてました。
写真ご覧ください。

セミナー案内はこちら→
http://doujou2.kanki-pub.co.jp/seminar/information/com_skill/smn02.php

スベらない商談力
スベらない商談力
クチコミを見る


小森コンサルティングオフィス at 17:32コメント(0)トラックバック(0)購買の大原則   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ