信頼関係を構築する4つのポイント

2019年05月13日

「人を動かす3つのポイント」年上の部下との信頼関係構築方法と指示の出し方とは?

「人を動かす3つのポイント」年上の部下との信頼関係構築方法と指示の出し方とは?

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は年上の部下とのコミュニケーションのポイントを紹介します。研修でよく「年上の部下が私の指示を聞いてくれないのです。どうすればよいのでしょうか?」という質問をいただきます。

私は外資系企業で20年間過ごしましたので年上の部下も何度も経験しました。また最近は再雇用制度もあり年上の部下を持つ若いマネジャーは増えているようです。

では「人を動かす3つのポイント」を紹介します。

1)相手を味方と考える
「年上の部下はいやだ。どうせ年下上司の私の指示は聞いてもらえないだろう。」と考えてしまうことがあります。これが間違いです。年上の部下を歓迎し必ず良好な人間関係が構築できると考えることが重要です。

2)与える
「Give&Takeの法則」では人間関係はまず相手に喜ぶことをしてあげて(Give)、その後に指示を聞いてもらう(Take)が基本です。年上の部下が喜ぶ行動を上司がとることです。例えばプレゼントをあげる。相手の話を聞く。褒める。貴重な情報を提供する。等です。

3)相手に期待する行動を具体的に伝える
年下の部下には遠慮なく指示できることが年上の上司には遠慮して具体的な指示ができないことがあるのではないでしょうか?これが間違いです。年上であろうが、年下であろうが上司として具体的な指示を部下にしなければなりません。

以上が相手を動かす3つのポイントです。

今日から実践してみてください。

小森コンサルティングオフィス at 00:12コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2019年02月04日

信頼関係構築の4つのポイントとは?紀伊国屋書店梅田本店の講演会動画を紹介します。

ビジネスリーダーの皆さんへ

皆さんがビジネスを成功に導くには得意先、チームメンバーとの信頼関係構築が最も重要であることは言うまでもありません。

では効果的に相手と信頼関係を構築するにはどうすればよいのでしょう。

「スベらない商談力」研修のメインテーマ信頼関係構築の4つのポイントを紹介します。

紀伊国屋書店梅田本店主催で昨年実施した講演会動画をご覧ください。

信頼関係構築の4つのポイント(講演動画)
https://youtu.be/roFD3jNvYiM 

講演動画に出てくるストーリーマップ、営業研修のテキスト書籍「スベらない商談力」です。

今日から実践してください。

KIMG0205






小森コンサルティングオフィス at 18:21コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2019年01月30日

昨日は「スベらない段取りの技術」「スベらない商談の技術」営業研修をダブルヘッダーで実施しました。(SMBCコンサルティング東京主催)最も効果的な営業手法とは?

昨日は「スベらない段取りの技術」「スベらない商談の技術」営業研修をダブルヘッダーで実施しました。(SMBCコンサルティング東京主催)最も効果的な営業手法とは?

若手営業から営業マネジャー、人材開発の担当マネジャーと幅広い方々の参加をいただきました。

毎回「スベらない商談力」研修ではストーリーマップと書籍を使い実践的、参加型で楽しく研修を実施しています。

KIMG2526

営業には手法があります。その手法を研修でしっかりと学んでもらい、スキルを身に付けてもらうことで効果的に契約率はアップします。その基本ポイントは得意先との信頼関係構築です。

信頼関係が根本にないといくら商品説明をしてもうまくいきません。

ではどうすれば効果的に得意先と信頼関係を構築できるのでしょう?講演動画を紹介しますのでご覧ください。

「スベらない商談力」信頼関係構築のポイント 講演動画
 https://youtu.be/roFD3jNvYiM







小森コンサルティングオフィス at 14:39コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年12月15日

本日は『リーダーシップ』研修と『マネジメント』研修をダブルヘッダーで開催しました。(SMBC コンサルティング東京主催)

本日は『リーダーシップ』研修と『マネジメント』研修をダブルヘッダーで開催しました。(SMBC コンサルティング東京主催)

KIMG0931

ストーリーマップ(研修内容を面白い漫画で表した記憶効果に優れた画期的研修手法)を使い楽しく学んでもらいました。

リーダーシップはトレーニングできる、ことを基にリーダーシップスキルの理解と習得を参加型研修で実践的に実施しました。

参加者の皆さんの積極的受講態度のお陰で効果的な研修にできたと思います。
 
同じリーダーシップ研修講義の様子を動画にしました。よければご覧願います。

リーダーシップ研修のポイント(動画)

よろしくお願いします。


小森コンサルティングオフィス at 00:02コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年11月19日

「営業組織力構築の5つのポイント」紀伊国屋書店梅田本店の講演会(10月11日)動画紹介。

「営業組織力構築の5つのポイント」

2018年10月11日に紀伊国屋書店梅田本店主催で講演会を開催しました。

テーマは「営業組織力構築の5つのポイント」で定員100名満席をいただきました。

20181011_0013

講演アジェンダは、
1)P&Gで学んだ企業文化の重要ポイント
2)人材育成のトレーニングのサイクル
3)サーバントリーダー育成
4)マネジメントステップの構築
5)信頼関係のコミュニケーション

20181011_0210

講演会の様子を動画にしましたので紹介します。

「営業組織力構築の5つのポイント」動画紹介
.ープニング P&Gで学んだ企業文化の重要ポイント
https://youtu.be/XOloJNlnXfI

▲機璽丱鵐肇蝓璽澄式蘋
https://youtu.be/cnTYy-DLa1k

OJT人材育成のトレーニングのサイクル
https://youtu.be/rC5Jra_CgJw

ぅ泪優献瓮鵐箸裡気弔離櫂ぅ鵐
https://youtu.be/cx0cnMK-EMI

ゥ好戮蕕覆ぞγ摸蓮⊃頼関係構築の4つのポイント
https://youtu.be/roFD3jNvYiM

α蠎蠅凌瓦料襪魍く6つの話法(ロールプレイ)
https://youtu.be/Bxiuxe5tNtQ

Пη召蛤固召縫▲廛蹇璽舛垢訃γ摸蓮淵蹇璽襯廛譽ぁ
https://youtu.be/u6XQUSWj4oQ

┣搬欧硫駭辰僕屈はいらない、やさしい相槌で聴くだけ(ロールプレイ)
https://youtu.be/QDJEz9p3C7w

クロージング
https://youtu.be/YWrEGJUidrM

以上御社研修の参考にしていただければ幸いです。

動画内容の研修をクライアント企業にて年間100回〜150回実施しています。

研修、コンサルティングのご相談はお気軽にご連絡ください。




小森コンサルティングオフィス at 19:55コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年11月02日

部下との信頼関係構築の8つのポイント、ビジネスリーダーの皆さんへ

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は部下との信頼関係構築のポイントについて紹介します。

自己評価いただきアクションにつなげてください。 

20181011_0237


部下との信頼関係構築の8ポイント

 

1) 部下個人のことをよく知る

チームへのメンバーの積極的参加と部下同士のコミュニケーションを奨励する


すべての個人同士の信頼関係が構築できれば、チームビルディングが強化される

 

2) 言動に一貫性を持つ

一貫性のない言動で部下を驚かせない


方針を変更する場合は正直に変更の理由を理論的に部下に説明する

 

3) 部下を信用する


部下から評判を得ようとしないよう努める。部下からの評価を受け入れる

 

4) 他の部下の前でコーチングをしない


プライベートなワンオンワンコーチングはたいへん価値あるものとなる

 

5) 部下の役割と期待値を具体的に伝える

明確な役割がなければ、ほとんどの部下の行動は信用なきものに見えるものである

 

6) 常にオープンで誠実である

上司が部下に自信ある態度を取ることが部下との信頼関係構築につながる

 

7) ビジネスの状況が良くない時でも上司はチームに忠実である

会議の発言と個人的な会話でも一貫性のある言動を取る

 

8) 上司は部下がヘルプを求めてきたら、すぐに話を聞いて行動を起こすこと

小さなヘルプがすぐに大きな問題になることが予想される

  
  すぐに行動しなければ上司は信用をなくすであろう

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上 今日からアクションしてください。



           

 



小森コンサルティングオフィス at 06:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年02月15日

『リーダー3年目からの教科書』(かんき出版)が文教堂書店浜松町本店の週間ビジネス書籍ランキング第6位になりました。

『リーダー3年目からの教科書』(かんき出版)が文教堂書店浜松町本店の週間ビジネス書籍ランキング第6位になりました。
  
2月4日〜10日のランキングです。

文教堂書店浜松町本店ビジネス書ランキング

文教堂浜松町本店では年間を通して小森コーナーで4冊同時にディスプレイしてもらっています。

 KIMG0627

今後も多くのビジネスリーダーに読んでもらえれば幸いです。



小森コンサルティングオフィス at 23:35コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年10月08日

信頼関係構築の10のポイント、ビジネスリーダーの皆さんへ

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は「信頼関係構築の10のポイント」を紹介します。

ビジネスリーダーにとってチームメンバーとの信頼関係は最も重要なものです。

では信頼関係を構築するポイントは何でしょう?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
信頼関係構築の10のポイント

1) メンバーの個人的情報を把握する
グループ活動はチームビルディングに効果的で個人コミュニケーションは信頼関係構築に有効である

2) 一貫性
あなたを驚かす人との信頼関係構築は困難である。
チームの方針を変更する場合は、オープンマインドで論理的な説明をすることが重要である。

3) 現状を正しく把握しているか確認すること(正確性)

4) 他人の前で部下のコーチングをしないこと

5) 上長は部下にできるだけ「与える」ことが必要である
決して評価を取ろうとしてはならない。

6) 部下の役割と期待値は明確に伝えることが重要である
明確な役割がなければ、すべての行動は信頼関係の欠けたものになるであろう

7) 常にオープンで誠実であること
あなたの誠実さと自信がメンバーとの信頼関係構築をもたらす

8)ミーティングと個人カウンセリングで意見に一貫性を持たせること

9)上長は部下のヘルプサインを見逃さず話を聞くこと、そして素早く対処法を実施すること
  部下の小さなヘルプサインに気付かなければ、それが大きな問題としてあらわれ信頼を失うことになる

10)上長が成功することに個人的な興味を持ち部下はそれをサポートすること

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上です。今日から実践してください。


小森コンサルティングオフィス at 06:30コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年08月02日

上司と部下の信頼関係構築の10ポイント、強いビジネスチームワークを実現するために

上司と部下の信頼関係構築の10ポイント

ビジネスパーソンの皆さんへ

ビジネスの成果を達成する強い組織を作るには上司と部下の信頼関係が重要です。
では信頼関係構築のための実践ポイントとは何でしょう。

10のポイントを紹介します。

1) 上司と部下がお互いの個人的情報を把握すること

グループ活動はチームビルディングに効果的で個人コミュニケーションは信頼関係構築に有効である

信頼関係とは個人個人が構築するものです。よって相手の情報(性格、趣味、好きなスポーツ、家族構成、将来の夢等)を把握できていなければなかなか信頼関係構築に至りません。

2) 一貫性のある言動をする

あなたを驚かす人との信頼関係構築は困難である。

ビジネスには方針変更、戦略の変更はつきものです。チームの方針を変更する場合は、オープンマインドで論理的な説明をして相手に納得してもらうことが重要です。

3) 現状を正しく把握しているか確認すること(正確性)

ビジネス(業界、当社、エリア、得意先等)の現状を正確に上司、部下双方が把握していることが重要です。
この把握ができてないことはお互いのコミュニケーションが不足していることになります。

4) 他人の前で部下のコーチングをしないこと

部下とのコーチングは他人が聞いてない個室ですることです。コーチングの内容を他人に聞こえていることは部下の心の窓を閉じることになります。

5) 上長は部下にできるだけよい評価を与える(仕事の成果を出す)ことが必要である
決して上司が自分の評価を取ろうとしてはならない。

信頼関係はFor You(あなたのために)というマインドセットが必要です。自分の出世のために部下をうまく使おうとすると信頼関係はできません。

6) 部下の役割と期待値は明確に伝えることが重要である
明確な役割がなければ、すべての行動は信頼関係の欠けたものになるであろう

具測達一の目標設定の原則で上司は部下に明確な仕事上の期待値を伝えることが重要です。

7) 常にオープンで誠実であること
あなたの誠実さと自信がメンバーとの信頼関係構築をもたらす

8)ミーティングと個人カウンセリングで意見に一貫性を持たせること

全体の場での発言と個人的な場での発言に一貫性がないのはよくありません。一貫性のある態度は信頼関係構築に重要なポイントです。

9)上司は部下のヘルプサインを見逃さず話を聞くこと、そして素早く課題解決のをアクションを実施すること
  部下の小さなヘルプサインに気付かなければ、それが大きな問題としてあらわれ信頼を失うことになる

10)上司(部下)が成功することに部下(上司)は個人的な興味を持ち、その成功をサポートすること

以上信頼関係を構築する10ポイント、今日から実践してください。





小森コンサルティングオフィス at 18:14コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年06月18日

良好な人間関係を構築するには、相手の「心の窓」を開き、その開かれた「心の窓」の状態をできるだけ長く維持すること

良好な人間関係を構築するには、相手の「心の窓」を開き、その開かれた「心の窓」の状態をできるだけ長く維持すること

「スベらない商談力」研修で紹介していますが、すべてのコミュニケーションは信頼関係が基本となります。

では良好な人間関係を構築するにはどうすればよいのでしょう?

人には「心の窓」があります。想像してください。好きな人と一緒にいると「心の窓」は開きます。

嫌いな人と一緒にいないといけないと「心の窓」は閉じます。では相手と良好なコミュニケーションを実現する3つのポイントを紹介します。

「良好なコミュニケーションの3つのポイント」

1)言葉はそれを発する人に最も強く作用する。

2)最後のかっこいい言葉は、相手にあげる。

3)人は自分の話を良く聴いてくれ、自分を理解してくれた人に心の窓を開く。

相手の心の窓を開く最も簡単な方法は、「相手の話を一生懸命聞く」ことです。

人は自分が話せば話すほど心の窓が開く傾向にあります。

そして相手の話をよく聞くと、相手が誰なのか?何を考えているのか?の情報を多く把握できます。

すなわち相手のことをよく理解できるのです。

「良好なコミュニケーションの3つのポイント」

今日から実践してみてください。







小森コンサルティングオフィス at 00:30コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年04月13日

4月12日市原市役所(千葉県)にて「新規採用職員指導者・先輩指導員研修」を開催した。

4月12日市原市役所(千葉県)にて「新規採用職員指導者・先輩指導員研修」を開催した。

この研修は4年連続開催であるが、新規採用職員の指導者と新採を担当する先輩に「部下育成OJT 」のスキルを習得してもらうものである。

image


午前と午後合計で参加者は70名。

image


内容は”下との信頼関係の構築のポイント

効果的OJT の6つの原則

トレーニングサイクルの4つのステップ

ど下のやる気を引き上げる3つのポイント

ジ果的な男女間コミュニケーション

講義に加えワークショップも多く取り入れ参加型で多くの実践スキルを紹介した。

ポイントは書籍「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)の内容であるが、参加者の積極的な参加態度のお陰で効果的な研修にできたことに感謝したい。

市原市役所
https://www.city.ichihara.chiba.jp/smph/index.html


小森コンサルティングオフィス at 23:54コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年03月02日

「部下との信頼関係構築の8つのポイント」ビジネスリーダーの皆さんへ

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は部下との信頼関係構築の8つのポイントを紹介します。

これは古巣のP&G時代に学んだものですが、見るとすべて基本的なことですが、
「あなたはすべての部下にできていますか?」と質問されるとできてない部分もあるのではないでしょうか?

これが重要なポイントです。

人材育成は、|里辰討い襤意識すればできる→K萋できている

この3ステップです。の毎日すべての部下にできている。このレベルまで行動していただきたいと思います。

では以下ご覧ください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

部下との信頼関係構築の8ポイント

1) 部下個人のことをよく知る

チームへのメンバーの積極的参加と部下同士のコミュニケーションを奨励する
すべての個人同士の信頼関係が構築できれば、チームビルディングが強化される

2) 言動に一貫性を持つ

一貫性のない言動では、部下を驚かせない
方針を変更する場合は正直に変更の理由を理論的に部下に説明する

3) できるだけ部下を信用する

部下から良い評判を得ようとしないよう努める。部下からの評価を受け入れる

4) 他の部下の前でコーチングをしない

プライベートなワンオンワンのコーチングはたいへん価値あるものとなる

5) 部下の役割と期待値を具体的に伝える

明確な役割がなければ、ほとんどの部下の行動は信用なきものに見えるものである

6) 常にオープンで誠実である

上司が部下に自信ある態度を取ることが部下との信頼関係構築につながる

7) ビジネスの状況が良くない時でも上司はチームに忠実である

会議の発言と個人的な会話でも一貫性のある言動を取る

8) 上司は部下がヘルプを求めてきたら、すぐに話を聞いて行動を起こすこと

小さなヘルプを怠るとすぐに大きな問題になることが予想される
すぐに行動しなければ上司は信用をなくすであろう
           
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上です。今日から実践してください。



小森コンサルティングオフィス at 12:13コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年01月11日

相手の心の窓を開くポイントの1つは「相手を宝物と思うこと」 スベらない商談力より

相手の心の窓を開くポイントの1つは
「相手を宝物と思うこと」
(スベらない商談力より)

相手と効果的に信頼関係を構築する1つのポイントは、相手に好感を持つことです。

相手に好感を持ち、相手を宝物と思うことが、信頼関係の構築の重要ポイントです。

では、相手を宝物(大切な人)と思うにはどうすればよいのでしょう?
image

ポイントは3つあります。

〜蠎蠅猟構蠅縫侫ーカスすること。

人それぞれ長所と短所があります。短所にフォーカスすると心の窓が閉じて相手に好感を持てなくなります。逆に長所にフォーカスすると心の窓が開き、相手に好感を持ちやすくなります。

⊂来、必ず仲良くなれると信じること

今日は相手とケンカをしてしまったとしましょう。「雨降って地固まる」と言います。このケンカを良い機会に必ず仲良くなれると信じることが大事です。

自分で自分のことを宝物と思うこと

相手を宝物と思うポイントは自分自身にあります。
「私は将来必ず成功する。」
「将来、素晴らしいリーダーになれる。」
と自分で自分のことを信じましょう。

自分自身を宝物と思うことができれば、相手を宝物と思いやすくなります。

以上、信頼関係構築のポイントは「相手を宝物と思うこと」

今日から実践してみてください。



小森コンサルティングオフィス at 21:35コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年12月06日

部下との信頼関係は個人コーチング(ワンオンワン)が基本である。

部下との信頼関係は個人コーチング(ワンオンワン)が基本である。

マネジャーの皆さんへ

皆さんは部下との信頼関係ができてますか?

強い組織力を構築するにはチームメンバー個人同士の信頼関係ができていなくてはいけません。

てはマネジャーが部下との信頼関係を構築するポイントとは何でしょう?

一つは部下を個人的に深く知ることです。

そして部下個人のキャリア、性格、スキル、気持ち、家庭環境等を考慮したアドバイスをすることです。

チームの目標と戦略、役割分担、伝達事項等はチーム会議で伝えればよいでしょう。

しかしその後のマネジャーと部下の個人コーチングはたいへん重要です。

何故ならその個人コーチングが部下との信頼関係構築のチャンスだからです。

「マネジャーは私のこと(部下)を理解してくれている」

「マネジャーは私に期待してくれている」

「マネジャーは私の長所短所を把握した上でアドバイスしてくれる」

部下がマネジャーに対してこのような気持ちをもつことが重要です。

この積み重ねが信頼関係構築に結びつくのです。

部下との信頼関係は個人コーチング(ワンオンワン)が基本である。

今日から実践してください。

小森コンサルティングオフィス at 21:46コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月22日

信頼関係構築のポイントは挨拶から、第一印象の挨拶を笑顔で礼儀正しくしましょう。

信頼関係構築のポイントは挨拶から、第一印象の挨拶を笑顔で礼儀正しくしましょう。

企業研修でいつも「挨拶の重要性」をお話しします。

対象は「家族」「社内」「得意先」すべてです。

よく「得意先はしっかりと挨拶しますが、社内はあまりしませんね。家族も挨拶してません。」という方がいます。

「親しき仲にも礼儀あり」といいます。家族からしっかりと挨拶をしましょう。

正直誠実な態度が信頼関係構築に最も重要ですが、「すべての方に笑顔で挨拶する」ことが大事です。

「家族」「社内」「得意先」すべての方に今日から笑顔で気持ち良く挨拶しましょう。

image


何故なら第一印象の挨拶でその人との会話の印象が決まってしまいます。

また挨拶は自分自身のためにするのです。笑顔で大きな声で挨拶するともちろん相手が気持ち良いのですが、自分自身が気持ちよくなるのです。

「よし今から頑張って仕事するぞ。」

「今日も1日楽しい日になるぞ。」

と気合が入ります。挨拶は相手も気持ち良くなるし自分自身にプラスの効果があるのです。

信頼関係構築のポイントは挨拶から、第一印象の挨拶を笑顔で礼儀正しくしましょう。

今日から実践してください。





小森コンサルティングオフィス at 12:00コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月06日

「部下との信頼関係構築の8つのポイント」、ビジネスリーダーの皆さんへ

「部下との信頼関係構築の8つのポイント」

ビジネスリーダーの皆さんへ

皆さんは部下との信頼関係はできていますか?

そもそも信頼関係ができているかどうかはどのように判断すればよいのでしょう?

今日は部下との信頼関係を構築する8つのポイントを紹介しましょう。

以下のポイントができているかどうか?5段階評価をしてみてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「部下との信頼関係構築の8つのポイント」

1) 部下個人のことをよく知る

チームへのメンバーの積極的参加と部下同士のコミュニケーションを奨励する
すべての個人同士の信頼関係が構築できれば、チームビルディングが強化される

2) 言動に一貫性を持つ

一貫性のない言動で部下を驚かせない
方針を変更する場合は正直に変更の理由を理論的に部下に説明する

3) できるだけ部下を信用する

部下から評判を得ようとしないよう努める。部下からの評価を受け入れる

4) 他の部下の前でコーチングをしない

プライベートなワンオンワンのコーチングはたいへん価値あるものとなる

5) 部下の役割と期待値を具体的に伝える

明確な役割がなければ、ほとんどの部下の行動は信用なきものに見えるものである

6) 常にオープンで誠実である

上司が部下に自信ある態度を取ることが部下との信頼関係構築につながる

7) ビジネスの状況が良くない時でも上司はチームに忠実である

会議の発言と個人的な会話でも一貫性のある言動を取る

8) 上司は部下がヘルプを求めてきたら、すぐに話を聞いて行動を起こすこと

小さなヘルプを怠るとすぐに大きな問題になることが予想される
  すぐに行動しなければ上司は信用をなくすであろう
           
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上の8つです。信頼関係はリーダーのあなたの行動です。

今日から実践してください。




小森コンサルティングオフィス at 17:14コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年03月09日

「お客様は宝物である」その気持ちが相手との信頼関係構築のポイントです。「スベらない商談力」より

「お客様は宝物である」

このマインドセットが、お客様との信頼関係構築の扉を開きます。

お客様を宝物と思えば、「お客様の話を聞こう」という気持ちになります。

お客様を宝物と思えば、「お客様の望んでいるものを提供したい」という気持ちになります。

お客様を宝物と思えば、「お客様が大事にされているものを自分も大事である」という気持ちになります。

661e363e986d063ee8be.jpg


上記の漫画は、「スベらない商談力」研修のストーリーマップの一部です。

「相手を宝物であると思う」の信頼関係構築のポイントの1つを描いています。

(似顔絵白黒部門 世界チャンピオンのケンイチさん作)

地球儀のような球をだっこして「いい子、いい子」と愛情込めてナフキンで拭いている様子です。

ケンイチさんは「相手を宝物であると思う」をこう描いてくれました。

お客様を宝物であると思う気持ちから、お客様の心の窓は開いてきます。

気難しいお客様ほど宝物。

クレームを言われるお客様も宝物。

買ってくれないお客様も宝物。

お客様のみならず、家族、友人、会社メンバー、自分の周りにいる方すべてが宝物。

この気持ちになった時に自分の心構え、行動は変わってきます。

今日から実践してください。






小森コンサルティングオフィス at 11:33コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年02月17日

「信頼関係は朝の挨拶から。今日から相手の名前を呼んで挨拶しましょう。」

管理職の皆さんへ

部下との信頼関係は朝の挨拶が重要です。

特に「部下の名前」を読んで挨拶すると効果的です。

150115_小森康充氏_181


「おはよう。」⇒「山本さん、おはよう。」と部下の名前を呼ぶのです。

そのことで、「課長は、私に対して挨拶してくれた。」という個人的な感情が出てきます。

そのことでアイコンタクト(目を合わせること)もできます。

目を合わせることで相手の顔色、顔の表情を確認できその日の体調、仕事へのやる気も把握できます。

コミュニケーションはアイコンタクト(相手を見ること)が重要です。

相手の顔も見ずにPCを打ち下を見たまま、口だけで「おはようございます」と言ったのでは、感情のこもった挨拶にはなりません。

「相手の顔を見て、名前を呼んで挨拶しましょう。」

今日から実践してください。部下とのコミュニケーション、信頼関係がスムーズにいくと思います。



小森コンサルティングオフィス at 10:00コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年01月08日

「小さな約束こそ、守りましょう。」スベらない商談力より、信頼関係構築のために

信頼関係の構築のために。

「小さな約束こそ、守りましょう。」

image


「スベらない商談力」研修の信頼関係の構築のポイントで紹介する内容です。

信頼関係を構築するには、正直、誠実な態度で相手に接することが大事です。

では、正直、誠実な人だと思ってもらうためには、どうすれば良いのでしょう?

1つのポイントは「小さな約束こそ守る」ことです。

皆さんは、日々、得意先、社内メンバー、家族とのコミュニケーションで小さな約束をすべて守ってますか?

例えば、部下に「今日中にメールを送るね」といって、忘れてしまう。

得意先との商談で質問が出て「今は答えを持ってませんので、上司と相談して今週末までにお電話しますね。」と言って忘れてしまう。

以上のようなことに身に覚えはないですか?

私は若いビジネスマン時代によくやって、失敗していました。

この小さな約束をしっかり守る。実行することが重要です。

そのためには、約束したことは、その場でメモをする習慣が大事だと思います。

常にメモを確認して、約束したことを必ず実行すること。

これが信頼関係の構築のポイントです。

「小さな約束こそ守る」今日から実践してくたさい。





小森コンサルティングオフィス at 20:01コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年11月01日

信頼関係は「自分の責任(自責)です。」「他人の責任(他責)にはしないでください。」

信頼関係は「自分の責任(自責)です。」「他人の責任(他責)にはしないでください。」

「スベらない商談力研修」の「信頼関係の構築」のパートでいつも紹介するポイントです。

例えば、あなたは営業課長です。部下の営業と人間関係がうまくいかない場合を想像してください。

よく考えてしまうのは、「課長の私と部下のA君がうまくいかないのは、部下が悪いんだ。」という考えです。

これを「他責」(A君の責任にすること)といいます。課長の自分の行動を棚に上げて、部下が悪いと決めつけることです。

これではいつまでたっても信頼関係はできないと思います。

何故なら相手のA君の言動はコントロールできないからです。

できるのは課長の自分自身のA君に対する言動、これは今日から変えることができます。

それに部下のA君が心の窓を閉じている理由は、課長のあなたの言動にある可能性が高いからです。

では自分の部下に対する言動のどのようなポイントを分析すればよいのでしょう?

研修で紹介する信頼関係の4つのポイントとは、

”下に対して正直、誠実な態度で接しているか?

部下の話を良く聞いているか?

I下との定期的な会話の回数を多くとっているか?

ど下を将来有望な宝物と思っているか?

以上の4つのポイントで5段階自己評価をしてみてください。

この態度をオール5を目指して変えていくことで、部下との信頼関係が改善します。

信頼関係は「自責(自分の責任)」このマインドセットを持って行動してください。

スベらない商談力
小森康充
かんき出版
2015-01-16







小森コンサルティングオフィス at 22:14コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ