人を育てるには

2017年06月15日

一般参加可能なオープン研修を開催します。参加者募集中です。(7月〜9月:SMBCコンサルティング東京主催)

一般参加可能なオープン研修を開催します。参加者募集中です。(SMBCコンサルティング東京主催)

ビジネスリーダーの皆さんへ

午前、午後で3時間のビジネスセミナーを以下予定で開催します。どうぞご参加ください。

「管理職リーダーシップ入門」
7月21日午前
https://goo.gl/Kf6BfK

「OJT(職場の部下指導)トレーニング」
7月21日午後
https://goo.gl/HQLbz7

「チームが成果を出し目標達成する5つのステップ」
8月23日午前
https://goo.gl/EV7Idf

「OJT(職場の部下指導)トレーニング」
8月23日午後
https://goo.gl/bNGs0F

「スベらない段取りの技術」
9月14日午前
https://goo.gl/jDu4aa

「スベらない商談の技術」
9月14日午後
https://goo.gl/VBe02I

セミナーは講義に加えてワークショップを多く取り入れた参加型で楽しく実施します。

初めての方もお気軽にご参加ください。


小森コンサルティングオフィス at 20:32コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年05月26日

組織力の強化を実現するために、効果的なトレーニングの3つの成果ポイントとは?

経営者、トレーニング企画担当者へ

「組織力の強化を実現するために」、効果的なトレーニングの3つの成果ポイントとは?

組織力を強化するトレーニングのポイントとは何でしょう?今日はそれを紹介します。

トレーニングの目的と期待する成果

目的:組織力を強化すること
(チームのトレーニングケイパビリティをアップすること)

期待する成果:

トレーニングの知識とスキルの向上

トレーニングスキルの実践(ワークショップ、ケーススタディ、OJT)

チームのケイパビリティの強み、機会、成長のフィードバック

image


上記の「期待する成果」のポイントを説明します。

トレーニングの知識とスキルの向上

これは当然のことですが、トレーニング(研修)の目的は知識とスキルを向上させることです。
知識とスキルの向上なしに売上成果のアップを期待してもなかなか達成しません。

トレーニングスキルの実践(ワークショップ、ケーススタディ、OJT)

研修で学んだスキルを実践で鍛えることが重要です。研修の中で鍛える手法は、ワークショップ、ロールプレイ、ケーススタディ等で仕事の現場を想定してスキルの実践をすることです。

「スベらない商談力」研修では、得意先と営業役に分かれて2人ペアーのロールプレイを多く取り入れます。

チームのケイパビリティの強み、機会、成長のフィードバック

トレーニング(研修)を実施して組織と個人の行動変革がどのようになされたか?商談成功例がどのように実践されたか?のベストプラクティスを共有化することが重要です。

またトレーニングで学んだスキルを効果的に実践できる機会(新規営業開拓等)を持つこと、そしてスキルを活用した結果がどうであったのか?上司と部下でフィードバック(振り返り)する必要があります。

以上の3つのポイントがトレーニング(研修)の「期待する成果のポイント」になります。

今日から実践してみてください。

リーダー3年目からの教科書
小森康充
かんき出版
2015-01-16








小森コンサルティングオフィス at 23:05コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

効果的トレーニングのために、習得の4つのポイントとは?

効果的トレーニングのために

人がものを学ぶ習得の4つのポイントとは何でしょう?今日はそれを紹介します。

「習得の4つのポイントとは?」

フィーリング(感情)から学ぶ(例:映画を見て感動の涙を流す。心で感じる)

これは感情面の心で何かを感じて学ぶことです。
例えば、日ごろ出会わない特別な経験をしたことから感情が動き、そこから何かをから学ぶこと、
「この人はすごい」と思える人との出会いによって学ぶこと。
人間とかかわること、感情に気付くことがポイントです。

見ること、聞くことから学ぶ(観察力、グッドリスナー)

これは判断する前によく観察することです。
そして違った方面から物事を見て、新しい解釈をさがすことが重要です。
深く物事を観察する、グッドリスナーとして深く相手の話を聞いている人は少ないのではないでしょうか?

考えることから学ぶ(FACT,MATH,LOGIC、脳で考える)

これはロジカル(論理的)に考え分析することです、このためには目的思考を明確に持つことが必要で、知的理解をもとに行動する習慣をつけることです。

行動することから学ぶ(営業は実行者である。評論家ではない)

考える前に行動することです。物事を実行することを好み、リスクを楽しむことがポイントになります。
自分が行動することでメンバーに良い影響を与えることができれば、それが楽しく自信につながります。

まとめると多くの方は上記4つの習得のポイントでどれかに偏っていることがあるかと思いますが、上記4つの習得方法をバランスよく実行することが重要です。

今日から実践してください。



小森コンサルティングオフィス at 11:14コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年04月20日

「営業研修はアクションラーニングで定着化する」人材育成は繰り返しが重要です

「営業研修はアクションラーニングで定着化する」

人材育成は繰り返しが重要です。

「OJT部下育成研修」でいつも紹介しますが、

トレーニングの3ステップは、|亮陰▲好ル→習慣化(ハビット)、です。

つまりトレーニングとは、仕事上の|亮韻魍个─△修譴鮖箸い海覆擦覘▲好ルを身に着け、
毎日、すべての仕事でスキルが使いこなせる習慣化までいくことが重要です。

営業研修も1回で終わってしまうのではなく、2回目、3回目のフォロー研修をすることで学んだ知識を覚え、
研修のスキルを実践で使った成功例のベストプラクティスをで発表し、それを習慣化するまでトレーニングを継続することが重要です。

2回目以降のフォロー研修では、1)初回研修の復習、2)実践例発表(ベストプラクティス)、3)上級スキルの紹介、の3ポイントを実施します。

3回目以降も同様です。営業研修はできれば1年を通じたプログラムにすることが理想ですが、最低3回連続研修をオススメしています。

3回やるとほとんどの参加者が知識を覚え、実践スキルをベストプラクティス発表で理解し、自らスキルを実践できるところまでいきます。

つまり研修の成果が実際の成功例として見える化できるのです。

実践営業研修のアクションラーニングに興味のある方は以下のHPをご覧願います。

「営業研修はアクションラーニングで定着化する」システムブレーンHPより
https://www.sbrain.co.jp/cc/corporation/cor-support/cor-support-planning/6687

小森コンサルティングオフィス at 15:52コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年04月13日

4月12日市原市役所(千葉県)にて「新規採用職員指導者・先輩指導員研修」を開催した。

4月12日市原市役所(千葉県)にて「新規採用職員指導者・先輩指導員研修」を開催した。

この研修は4年連続開催であるが、新規採用職員の指導者と新採を担当する先輩に「部下育成OJT 」のスキルを習得してもらうものである。

image


午前と午後合計で参加者は70名。

image


内容は”下との信頼関係の構築のポイント

効果的OJT の6つの原則

トレーニングサイクルの4つのステップ

ど下のやる気を引き上げる3つのポイント

ジ果的な男女間コミュニケーション

講義に加えワークショップも多く取り入れ参加型で多くの実践スキルを紹介した。

ポイントは書籍「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)の内容であるが、参加者の積極的な参加態度のお陰で効果的な研修にできたことに感謝したい。

市原市役所
https://www.city.ichihara.chiba.jp/smph/index.html


小森コンサルティングオフィス at 23:54コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年03月27日

営業研修はアクションラーニングで定着化する。営業研修の成果は出ておりますでしょうか?

営業研修はアクションラーニングで定着化する。

営業研修の成果は出ておりますでしょうか?

多くの企業の営業部門で人材開発に取り組まれていますが、なかなか成果が継続しないというご相談はよく頂きます。

研修を受講することで、モチベーションアップやスキルアップが期待できます。

しかし、それらを継続的に保つことは限界があると言われています。

そこで提案させて頂くのは、「アクションラーニングを用いた継続学習のプログラム」です。

スキルを定着させるアクションラーニング

アクションラーニングは、グループで行います。

グループで課題に対処し、その解決策を立案・実施していく過程で生じる実際の行動とそのリフレクション(振り返り)を通じて、個人、そしてグループ・組織の学習する力を養成する学習法です。

研修の場だけでなく常に課題に取り組むので、学習成果を最大化が期待出来ます。

詳細は以下株式会社システムブレーンさんの記事をご覧願います。

https://www.sbrain.co.jp/cc/corporation/cor-presen-jinzai/cor-presen-jinzai-topic/6687

小森コンサルティングオフィス at 22:26コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年03月04日

「社内講師力トレーニング」(生産性出版)、オススメ書籍の紹介です。

「社内講師力トレーニング」(生産性出版)、オススメ書籍の紹介です。

本書は社内研修講師をする人を対象に「受講者の行動」が変革する研修のスキルを紹介したものですが、
研修講師、コンサルタント、営業パーソンにも参考になる内容です。

KIMG1465


著者は研修講師歴15年の濱野康二三氏、藤本剛士氏、窪田晃和氏の3人で、15年間で1000社、10万人以上に実施してきたプロ講師です。

私が参考になったポイントは

仝修成功の3つのステップ
GRIP→LEAD→ACTとは?
研修の冒頭で受講者の警戒心を解き、参画意欲を高めるのがGRIPというプロセス、その後受講者の興味や集中力を維持するLEADというプロセスに進み、研修内容を現場での実践にすすめるACTというプロセスに進む。

具体的な10のテクニック
1)警戒心を解くあいさつの全体像の伝え方
2)参加意欲を高める研修への巻き込み方
3)運営の工夫で受講者を主人公にする
4)惑わせないでリードし続ける
5)集中を妨げないでリードし続ける
6)理解を深めるレクチャーの組み立て方
7)右脳に効く、イメージの伝え方
8)頭をスッキリ、学習ポイントの整理の仕方
9)記憶を定着させるティーチ&ラーン
10)実践への1歩を踏み出させる方法

受講者の居眠りを防げるポイント
60分〜90分で休憩を入れる、受講者に何かをさせる、ワークショップをする

ざ饌療事例を盛り込む

ゼ講者の行動変革を促すポイント
1)共通目標を持つ
2)相手を理解する
3)首尾一貫で臨む
4)言動一致で臨む

「社内講師力トレーニング」(生産性出版)、多くの講師に方に読んでいただいたいオススメ書籍です。






小森コンサルティングオフィス at 13:12コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年02月24日

「効果的トレーニングプランの立て方」の3つのポイント、営業マネージャー、研修企画担当マネージャーの方へ、

営業マネージャー、研修企画担当マネージャーの方へ

今日は人材育成の「効果的トレーニングプランの立て方」を紹介します。

トレーニングプランの立て方には3つのポイントがあります。

これを実践することで研修に対する参加者のモティベーションもアップし、結果につながる研修になるのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「効果的トレーニングプランの立て方」の3つのポイント

1)ビジネス構築チャンスの発見

2)トレーニング目標の設定

3)トレーニング実施とフォローアップ

以下順番に説明します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1)「ビジネス構築チャンスの発見」

これはいきなり研修企画のタイムテーブルを作成するのではなく、現状のビジネスを分析して、それぞれの部門にどれだけのビジネス構築のチャンスがあるのかを明確にすることです。

たとえば営業本部に100名の営業マンがいるとしましょう。昨年は目標売上100億円に対して、結果80億円の売上結果でした。目標達成率は80%です。この達成しなかった20億円、これがビジネスチャンスです。
人材育成を実施することによって今年は、売上目標100億円を達成する必要があります。

この20億円をアップさせるために営業マンの商談手法、新規開拓達成率、得意先との信頼関係構築のレベルをアップさせるのです。そのために人材育成計画を立案します。
このようにいきなり研修企画メニューを立案するのではなく、ビジネスチャンスの発見を第一に考えることがポイントです。

このステップ「ビジネス構築チャンスの発見」は3つのポイントに分かれます

“見したビジネスチャンスを有効に活用するための営業マンのスキルを明確にする
現状の営業マンのスキルレベルを明確にする
L棲里砲靴娠超肇泪鵑離好ルの中で優先的に伸ばすスキルを決定する

これは現状の営業マンの商談スキルにおいて、どのスキルを向上すれば 売上20億円がプラスで達成できるのかを明確にすることです。
例えば「スベらない商談力」の研修では、営業マンのスキルの中で「信頼関係の構築」「顧客のニーズを聞き取る」「製品のプレゼンテーション」「クロージング(注文を取る)」「反対意見に対処する」等のスキルがあります。
この中でどのスキルが強みで、どのスキルを向上させる必要があるかを明確にすることです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2)トレーニング目標の設定

次にトレーニング目標を設定します。このパートは、3つのポイントに分かれます。

^柄絢けた研修の成果をレビューする
▲肇譟璽縫鵐粟鑪を立案する
トレーニングプラン、タイムテーブル(研修計画)を作成する

向上する目標スキルが明確になったネクストステップは、トレーニング目標の設定です。ここではまず、過去の研修成果をレビューします。過去どのように人材育成の研修、OJTを実施してきたか?それは売上アップ、商談力向上の成果があったか?を明確にします。

それをうけて今回のトレーニングの戦略を立案します。ここではOJTの現場でのトレーニング(上長、社内トレーナーが実施する)とOffJTの外部研修講師によるスクールトレーニングの2つをどのように効果的に実施するかを考えます。

そして実際のトレーニングプラン、研修計画の立案をします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
3)トレーニング実施とフォローアップ

実際に営業マンのトレーニング計画の実施段階です。ここでは3つのポイントを実施します。

 ̄超叛嫻ぜ圈管理職、営業マンにトレーニングプランを説明し、事前準備をさせる
▲肇譟璽縫鵐阿鮗損椶掘▲侫ローアップをする。
C成したビジネス成果、向上した商談スキル等、トレーニングの成果を測定する

トレーニングの研修を効果的に実施するには、事前準備、研修実施、フォローアップの3つが効果的に組み合わされなければいけません。

また実施した研修が、どのようにビジネスの成果に貢献できたのかもレビューも重要です。
そしてレビューポイントは、売上実績、新規開拓件数という実績、そして商談力のスキルの2つをレビューします。
個々の営業マンの実績とスキルが、研修前と研修実施後でどのように変化したのかを明確に測定していくのです。

以上今日から実践してください。

小森コンサルティングオフィス at 05:30コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年02月23日

フィードバックの効果的な8つの実践ポイントとは?営業マネージャーの皆さんへ

フィードバックの効果的な8つの実践ポイントとは?

営業マネージャーの皆さんへ

今日は部下とのフィードバックの実践ポイントを紹介します。

皆さんは日頃、部下とのコミュニケーションしていますよね。

そこで「売上状況はどうか?」「新規開拓は順調か?」等多くの質問があると思います。

では皆さんはどのような聞き方、どのような質問をしてますか?

以下の8つを参考にしてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
フィードバックの効果的な8つの実践ポイント

1) コミュニケーションするのは「結果(売上、目標達成率等)」と「スキル(商談力等)」

相手に理解させるのは「部下が何をしたか」「部下がそれをどのようにやったか」

2) フィードバックを与えるのに必要な2つの基本的ポイント

「部下との信頼関係と公平さ」「相手を尊重する気持ち」

  注意点  フィードバックは部下のためにするもので、上司のためではない
       受け取る側には付加価値を与えているか、上司のストレス解消にしていないか

3) フィードバックを受け取る部下の心構え

 防御的にならないこと、部下自らが説明を求め質問すること、感想を共有すること
 フィードバックをまとめること(解釈)、自分自身でフィードバックを評価すること

4) フィードバックの効果的与え方

部下の行為(行動、言葉)について与える、部下の性格、人柄には触れないこと
上司が見た証拠、数字について話すこと、噂(人から聞いたこと)、憶測で話さない
説明、解説をすること、批判、判断をしないこと

情報を与えてアイデアを一緒に考えること、一方的な情報提供にはならないこと
コーチングで部下から答えを導くこと、上司が答えを述べるのではない

5) フォーカスするのは、部下が変革できるポイントにすること

6) どのくらいのフィードバックが適切かを考慮すること (時間、アイデアの数、)

7) フィードバックは、正確に、明確に、できるだけ具体的に与えること

8) 最後の確認、チェック項目

  部下がフィードバックの内容を理解したかどうかを確認
  自発的にフィードバックのポイントを受け入れたかどうかを確認
  部下が明日からの行動変革を選択、決定できたかどうかを確認

注意点 
前回の評価、過去の成功例で判断しないこと、毎回公平な立場でフィードバックすること

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上です。今日から実践してください。



小森コンサルティングオフィス at 08:35コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年02月16日

人材育成の2つのポイントは、”下のやる気を引き上げる。部下にスキルを伝道する。この2つの相乗効果で部下は育ちます。

OJT人材育成のポイントについて

「OJT部下育成スキル」はどのようにすればよいのでしょう。

「俺の背中を見て学べ」「先輩のやり方を盗め」というのは時代遅れのやり方です。

今回は「人材育成の2つのポイント」について紹介します。

人材育成のポイントは2つあります。

部下の仕事に対するやる気を引き上げること。(モティベーションアップ)、

部下に仕事の技術を伝承すること(スキルのアップ)

この2つが相乗効果となって部下は育っていきます。

この2つのポイントをアップすることを上司は常に心がけてください。

image


「効果的トレーニングサイクル」

では具体的に仕事の技術伝承(スキルを教える)はどのようにすればよいのでしょう?

人がものを学ぶには3つのポイントがあります。

「聞いて学ぶ」「見て学ぶ」「やってみて学ぶ」です。

仕事、スポーツ、趣味、すべてにおいて初心者が上達するにはこの3つのどれかを実践して学んでいるのです。
「効果的トレーニングのサイクル」は、この3つを順番に組み合わせたOJT手法が、人が最も効率的にものを学ぶサイクルであるという考え方をしています。

「効果的トレーニングサイクル」は4つのステップからなります。

「説明」(聞いて学ぶ)
上司が部下に今からやってもらう仕事の説明をします。部下はメモを取りながら聞いて覚えます。質問も受け付けます。何をどのようにするかを覚えてもらうパートです。

「見本」(見て学ぶ)
上司が今説明したとおりの見本を部下に見せます。ここでの注意点は要領をかませないことです。
先ほどの説明と見本が違うと部下は混乱します。説明どうりの良い見本を丁寧に見せることが大事です。説明したことを具体的にどうやるのかを理解させるパートです。

「やらせる」(やりながら学ぶ)
次に部下にやらせます。説明したとうりに、上司の見本をまねて部下にやらせるパートです。
部下がどのようにやるかを上司は見てあげます。
以上で人がものを学ぶ3つのポイントがすべて入ってます。

「話し合い」上司と部下で話をする
最後のパートは話し合いです。ここでは上司は聞き役になって、部下がやってみてどうだったかを部下に話させます。何ができて何ができなかったか?上司は答えがわかっていますが、質問をして部下に考えさせることが重要です。そのことで部下は考える習慣がつき、自分で改善努力をしながら仕事をすることができるようになるのです。

以上が「効果的トレーニングのサイクル」の4つのポイントです。

皆さんの職場OJTに活用いただければ幸いです。

最後に人材育成で有名な連合艦隊司令長官 山本五十六氏の言葉を紹介します。

「やって見せ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」

トレーニングサイクルの4つのポイントを明確に述べられていると思います。



小森コンサルティングオフィス at 05:00コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年12月19日

「効果的トレーニングプランの立て方」の3つのポイントとは?営業本部長、営業企画担当の方へ

今日は人材育成の効果的トレーニングプランの立て方のポイントを紹介します。

人材育成は戦略的に実行したほうが効果が上がります。

どんな研修をしようかと研修内容の選定から入る場合がありますが、そうではなく以下の3つのステップを実行いただければと思います。

「効果的トレーニングプランの立て方」の3つのポイント

1)ビジネス構築チャンスの発見

2)トレーニング目標の設定

3)トレーニング実施とフォローアップ

以下に詳しく説明します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1)「ビジネス構築チャンスの発見」

これはいきなり研修企画のタイムテーブルを作成するのではなく、現状のビジネスを分析して、それぞれの部門にどれだけのビジネス構築のチャンスがあるのかを明確にすることです。

たとえば営業本部に100名の営業マンがいるとしましょう。昨年は目標売上100億円に対して、結果80億円の売上結果でした。目標達成率は80%です。この達成しなかった20億円、これがビジネスチャンスです。
人材育成を実施することによって今年は、売上目標100億円を達成する必要があります。

この20億円をアップさせるために営業マンの商談手法、新規開拓達成率、得意先との信頼関係構築のレベルをアップさせるのです。そのために人材育成計画を立案します。
このようにいきなり研修企画メニューを立案するのではなく、ビジネスチャンスの発見を第一に考えることがポイントです。

このステップ「ビジネス構築チャンスの発見」は3つのポイントに分かれます

“見したビジネスチャンスを有効に活用するための営業マンのスキルを明確にする

現状の営業マンのスキルレベルを明確にする

L棲里砲靴娠超肇泪鵑離好ルの中で優先的に伸ばすスキルを決定する

これは現状の営業マンの商談スキルにおいて、どのスキルを向上すれば 売上20億円がプラスで達成できるのかを明確にすることです。

例えば「スベらない商談力」の研修では、営業マンのスキルの中で「信頼関係の構築」「顧客のニーズを聞き取る」「製品のプレゼンテーション」「クロージング(注文を取る)」「反対意見に対処する」等のスキルがあります。
この中でどのスキルが強みで、どのスキルを向上させる必要があるかを明確にすることです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
image

2)トレーニング目標の設定

次にトレーニング目標を設定します。このパートは、3つのポイントに分かれます。

^柄絢けた研修の成果をレビューする

▲肇譟璽縫鵐粟鑪を立案する

トレーニングプラン、タイムテーブル(研修計画)を作成する

向上する目標スキルが明確になったネクストステップは、トレーニング目標の設定です。ここではまず、過去の研修成果をレビューします。過去どのように人材育成の研修、OJTを実施してきたか?それは売上アップ、商談力向上の成果があったか?を明確にします。

それをうけて今回のトレーニングの戦略を立案します。ここではOJTの現場でのトレーニング(上長、社内トレーナーが実施する)とOffJTの外部研修講師によるスクールトレーニングの2つをどのように効果的に実施するかを考えます。

そして実際のトレーニングプラン、研修計画の立案をします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
3)トレーニング実施とフォローアップ

実際に営業マンのトレーニング計画の実施段階です。ここでは3つのポイントを実施します。

 ̄超叛嫻ぜ圈管理職、営業マンにトレーニングプランを説明し、事前準備をさせる

▲肇譟璽縫鵐阿鮗損椶掘▲侫ローアップをする。

C成したビジネス成果、向上した商談スキル等、トレーニングの成果を測定する

トレーニングの研修を効果的に実施するには、事前準備、研修実施、フォローアップの3つが効果的に組み合わされなければいけません。

また実施した研修が、どのようにビジネスの成果に貢献できたのかもレビューも重要です。
そしてレビューポイントは、売上実績、新規開拓件数という実績、そして商談力のスキルの2つをレビューします。
個々の営業マンの実績とスキルが、研修前と研修実施後でどのように変化したのかを明確に測定していくのです。

私がオススメしているのは3回連続のインタバル研修です。研修はフォローアップが重要ですので1回で終わってしまっては効果は限定的です。1月後に2回目のフォロー研修を、2月後に3回目のフォロー研修をするのです。同じ研修を3回やると内容を記憶できます。

また成功例発表のベストプラクティスを全員で共有することで、研修の効果が明確になり参加者のモティベーションもアップします。

以上が「効果的トレーニングプランの立て方」の3つのポイントです。

今日から実践してみてください。

小森コンサルティングオフィス at 16:16コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月29日

部下育成OJTの「効果的なトレーニングの4つのサイクル」とは?<説明>→<見本>→<やらせる>→<話し合い>である。

部下育成OJTの「効果的なトレーニングの4つのサイクル」とは?

<\睫澄笄<見本>→<やらせる>→<は辰傾腓ぁ笋任△襦

image


連合艦隊司令長官の山本五十六長官の有名な人材育成の言葉に

「やって見せ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」

というのがあります。

まさに人材育成とは上司が見本を見せ、説明して、やらせて、良くできたポイントを褒めてあげないと人は育たないのです。

効果的トレーニングサイクルの

<\睫澄笄<見本>→<やらせる>→<は辰傾腓ぁ

の4つを的確に伝達されています。

上司は部下に対して「これをしなさい」「あれをしなさい」と命令するのではなく、何をどのように何故するのかを<\睫澄笋垢襪里任后

次に具体的にどのように手足を動かしてするのかをしっかりと<見本を見せる>のです。

そして今説明したとうりに、見本を見せたとうりに<やらせる>のです。

最後にやってみてどうだったかを上司はよい質問をして部下に答えさせます。<は辰傾腓ぁ

ここでは改善ポイントの答えを上司がすぐに指摘するのではなく、部下に考えさせて答えを導くところがポイントです。

上司の質問は「今やってみてどうだった?」

「何ができて何ができなかったかな?」

「次は何を改善しようか?」

「私がやった見本と今君がやったことは何が違ったかな?」

これが効果的話し合いの質問です。OJTとは部下自らが考えて頭の中を回転させることです。

このポイントがOJT同行の行動に落とし込まれると部下のやる気がアップし業績向上に結びつくのです。

今日から実践してください。

詳しくは書籍「リーダー3年目からの教科書」に紹介していますのでよければご覧ください。





小森コンサルティングオフィス at 14:51コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月09日

「人がものを学ぶトレーニングの4つのポイントとは?(垢、見る、△笋辰討澆襦↓9佑┐襦↓ぅ侫ーリング」

「人がものを学ぶトレーニングの4つのポイントとは?」

ビジネスリーダーの皆さんへ

皆さんは部下のトレーニング(人材育成)を実践されていることでしょう。

では今日は、人がものを学ぶトレーニングの4つのポイントを紹介しましょう。

それは(垢、見る、△笋辰討澆襦↓9佑┐襦↓ぅ侫ーリング(気持ち)の4つです。

具体的に説明します。

「聞く、見る」ことから学ぶ

判断する前に注意深く観察する、今までとは違う見方をする、観察したものの意味を探す

「やってみる」ことから学ぶ

行動しようとする、行動のリスクを楽しむ、人に影響力を与え行動して結果を出す

「考える」ことから学ぶ

論理的分析からアイデアを出す、システマチックな計画を作成、知性的な理解をする

「フィーリング」から学ぶ

特別な経験、感情に焦点を当てる、チームメンバーと関わる

以上が4つのポイントです。仕事で目標達成するには、メンバーが上記4つのポイントを意識しながら仕事に取り組むと効果的に成果に結びつくと思います。

今日から実践してください。




小森コンサルティングオフィス at 05:30コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年10月26日

人材育成は繰り返しです。研修は3回連続で実施しましょう。

人材育成は繰り返しが重要です。

研修は1回で終わってしまっては意味がありません。

image


私は研修企画は3回以上の連続研修を提案します。

同じ研修内容、同じ参加者で3回を1月〜2月のインタバルで実施するのです。

理由は研修受講して復習しなければ、たいてい3ケ月で内容を忘れてしまうからです。

3回連続で復習するとほとんどの方が覚えます。また理解も深まり実践に結び付きます。

それが仕事の成果、つまりベストプラクティス(成功例)に結び付くのです。

2回目、3回目のフォロー研修の内容は3つあります。
〜芦鵑良習、⊆汰例の発表、上級スキル紹介、

前回の研修内容を何度も愚直に復習することで知識を深めます。

そしてその内容を実践して成功したベストプラクティスを共有化することで、知識をスキルレベルに落とし込みます。

それを繰り返すことで、研修内容を参加者が仕事で実践し行動変革から仕事の目標達成に結び付くのです。

人材育成は繰り返しが重要です。

今日から実践してください。






小森コンサルティングオフィス at 12:59コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年10月25日

今日は神奈川県庁の「部下育成OJT コーチング研修」を実施しています。

今日は神奈川県庁の「部下育成OJT コーチング研修」を実施しています。

本郷台駅スグの研修会場に来ています。

神奈川県での研修は6年連続で開催していますが、今年はOJT 部下育成と信頼関係構築がテーマです。

相手との信頼関係構築にはポイントがあります。

「スベらない商談力」研修では、\議樟深造並崚戞↓▲灰鵐織ト回数、A蠎蠅鯤物と思う、の3つのポイントを紹介していますが、相手を大切に思う気持ちが大事です。

つまり相手を理解しようという気持ちが重要で、そのためには相手の話をよく聞くことが大事です。

コミュニケーションの1つの原則に

「人は自分の話をよく聞いてくれ、自分を理解してくれた人に心の窓を開く、その後で今度は相手の話を聞く心の準備ができる。」

があります。

まず相手を理解すること、これがすべてのコミュニケーションのポイントです。

神奈川県職員研修センター
http://www.ks-sinko.or.jp/index2.html

小森コンサルティングオフィス at 12:17コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年10月01日

10月21日に一般参加可能なリーダー研修をダブルヘッダーで開催します。参加者募集中です。SMBCコンサルティング東京主催。

10月21日に一般参加可能なリーダー研修をダブルヘッダーで開催します。

ビジネスリーダーの皆さん、どうぞご参加ください。SMBCコンサルティング東京主催です。

image

 屮繊璽爐成果を出し、目標達成するための5つのステップ」
10月21日10時〜13時
https://goo.gl/HUkqdh

◆孱錬複圈平場の部下指導)トレーニング」
10月21日14時〜17時
https://goo.gl/nCjjd6

午前中に効果的チームマネジメントの5ステップを紹介します。

チームのマネジメントには手法があります。組織力を最大に発揮するスキルをわかりやすく紹介します。

午後はOJTの部下育成のスキルを紹介します。リーダーは部下を育成しなければいけません。

OJTの2つのポイントは”下の仕事のモティベーションのアップ、∋纏のスキルの伝承です。
その2つのポイントを理論と具体的実践方法でわかりやすく紹介します。

両研修ともにストーリーマップという研修内容を1枚の面白い漫画で表した手法を使います。

image

ストーリーマップはストーリーになっているので興味を持って聞けるのみならず、記憶効果、復習効果にも優れた画期的な研修手法です。

研修は講義に加えワークショップを多く取り入れた参加型で実施します。

初めての方もお気軽にご参加ください。

「チームが成果を出し、目標達成するための5つのステップ」
10月21日10時〜13時
https://goo.gl/HUkqdh

「OJT(職場の部下指導)トレーニング」
10月21日14時〜17時
https://goo.gl/nCjjd6

当日研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。




小森コンサルティングオフィス at 22:36コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年09月02日

営業管理職の仕事は2つあります。1つは売上目標の達成、2つ目は部下の育成です。

「部下育成OJT」研修の紹介です。

営業管理職の仕事は2つあります。1つは売上目標の達成、2つ目は部下の育成です。

部下の育成は長期的な売上目標の達成に結びつきます。

では部下の育成はどのようにすればよいのでしょう?

このストーリーマップで研修をしていますが、OJTの2つのポイントは、
”下の仕事に対するやる気を引き上げること。⊂γ魅好ルをアップさせること。

image


営業の人材育成で重要なことは上司との営業同行です。

上司部下で車に乗って、一緒に得意先を回り商談すること。

上司が部下にアドバイスしないといけないことは、目標設定の重要性です。

営業同行の目的は2つあります。.咼献優江紊量榲 100万円の契約を取る等
▲肇譟璽縫鵐鮎紊量榲 この営業は一方的に話をしてしまうので、先に得意先の話をしっかり聞く等

この2つの目的を上司部下で話し合い同行します。そして同行終了後は、立案したビジネス目的、トレーニング目的が達成できたかどうかを話あうことが重要です。

営業は1人で営業活動することが多いと思います。

上司が意識づけすることは「目的思考の重要性」です。常に目的は何か?その心構えを営業の部下に持たせることです。

上司が部下にする質問は

「目的は何?」

「何故その目的を設定するの?」

「その目標数字の根拠は?」

今日から実践してください。




小森コンサルティングオフィス at 11:13コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年08月23日

マネジメント研修と部下育成OJT 研修をダブルヘッダーで実施しました。SMBC コンサルティング東京主催です。

マネジメント研修と部下育成OJT 研修をダブルヘッダーで実施しました。SMBC コンサルティング東京主催です。

image


この研修は年間を通して実施しているオープン研修です。

ストーリーマップを使いワークショップを多く取り入れた参加型研修で発表もしてもらいました。

image


トレーニングは、|亮陰▲好ル(技)→ハビット(習慣化)です。

学んだ知識を仕事で実践、スキルに落としこんでこんで、それを習慣化することが重要です。

トレーナー(上司)は部下に仕事の知識をしっかり教えて、それをどのように行動して仕事の成果に繋げるか?そしてどうやって習慣化するか?これを常に考えることが重要です。

今日から実践してください。






小森コンサルティングオフィス at 18:13コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年08月12日

「マネジメントの5ステップ」「職場の部下指導」一般参加可能なオープン研修を開催します。SMBCコンサルティング東京主催

一般参加可能なオープン研修を8月23日に実施します。(SMBCコンサルティング東京主催)

チームをマネジメントする必要のあるマネジャーの方、部下育成の必要のあるマネジャーの方、どうぞご参加ください。

研修はストーリーマップという漫画を使いながら実践的、参加型で楽しく行います。

2014-06-23-08-47-40


「チームが成果を出し、目標達成するための5つのステップ」【午前】 8月23日10時〜13時
https://goo.gl/O4amfG

image


OJT(職場の部下指導)トレーニング【午後】 8月23日14時〜17時
https://goo.gl/flry7B

当日研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。

小森コンサルティングオフィス at 13:30コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年07月20日

一般参加可能なオープンセミナーをダブルヘッダーで開催します。マネジメントスキルと部下育成OJTがテーマです。参加者募集中です。

SMBCコンサルティング東京主催のオープンセミナーをダブルヘッダー(午前、午後)で開催します。

チームのマネジメントをしている方、部下指導をしている方が対象です。

 屮繊璽爐成果を出し目標達成する5つのステップ」 8月23日10時〜13時
https://goo.gl/4Wmc3p

内容
効果的な組織マネジメントのための5つのステップとは?

【1】 組織の目標&戦略の決定とメンバーへの伝達

【2】 目標達成のためのチームづくり
     〜強いチームにするためのポイント

【3】 メンバーの目標設定と進歩管理の仕方

【4】 チームが明るく楽しくなる報奨システムづくり
     〜目標を達成したメンバーへご褒美を与えるシステム

【5】 メンバーのコミットメントを獲得
     〜メンバーに決意を促し行動をサポートする

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆孱錬複圈平場の部下指導)トレーニング」 8月23日14時〜17時
https://goo.gl/GTSch2

1.人材育成の2つのポイントは、
  「部下のやる気を引き上げ、部下に仕事のスキルを教えること」

2.トレーニングの3つのポイントは、
   知識→スキル→ハビット(習慣化)

3.効果的トレーニングの4つのサイクルとは?
  「説明」→「見本」→「やらせる」→「話し合い」

4.部下のやる気をチェックする6つのポイント

5.影響力を発揮する4つのヒューマンスキルとは?
  「正確性」「一貫性」「許容」「開放性」

image


研修はストーリーマップを使い実践的、参加型で実施します。

どうぞお気軽にご参加ください。

「チームが成果を出し目標達成する5つのステップ」 8月23日10時〜13時
https://goo.gl/4Wmc3p

「OJT(職場の部下指導)トレーニング」 8月23日14時〜17時
https://goo.gl/GTSch2


小森コンサルティングオフィス at 13:17コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ