人を育てるには

2023年09月20日

効果的なビジネス文章を書く6つのポイント

効果的なビジネス文章を書く6つのポイント

ヾ雰虧昔討文斥佞能颪
依頼する ⇒ 頼む
援助する ⇒ 助ける
好転する ⇒ 良くなる
除外する ⇒ 除く
雇用する ⇒ 雇う
改正する ⇒ 改める
延長する ⇒ 延ばす

理由の如何を問わず ⇒ 理由がどうあっても
部長会議に於ける発言 ⇒ 部長会議での発言
大阪に於いて ⇒ 大阪で
喜ぶべき結果 ⇒ 喜ばしい結果
東京、名古屋及び大阪に於いて ⇒ 東京、名古屋、大阪で

短文で簡潔に書く 「KISS(キッス)の法則」 ”Keep It Short & Simple”

できるだけ能動態で書き受動態は避ける
行動を起こす人や物よりも、行動を受け取る人や物のほうがより重要な場合、または行動を起こす人が不明であったり、それほど重要でない場合は受動態で書き、それ以外は能動態で書く

ど要に応じて関係する人物を登場させる
関係する人物について触れることにより、思いやりのある、読み手にとって心地よい文章が書けることがある。但し人物を登場させる場合は、その文章を読む人が、それが誰であるかがわかるように、その人物の所属部署名をつけること

ゲ駭辰任修瞭睛討鯏舛┐訃豺腓鯀杼しながら書く
「もしこの話を友達に会って話すとしたら自分はどう話すだろうか?」と考えてみる。
自分がよく知っている人にリラックスした雰囲気で話すとしたらどう話すだろうか?と考えてみて出てきた答えがよい文章の書き方になるといえる。

Α峙承転結」ではなく「結承転提」型で書く
結論⇒結論に対する理由や背景⇒経過など補足説明的な事柄⇒ネクストステップの提言

以上、今日から実践してください。

EffectPlus_20190331_215034







小森コンサルティングオフィス at 22:20コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年09月16日

チームを動かすための管理職塾2023を開催します。


「チームを動かすための管理職塾2023」リアル+zoomを10月から3月まで6回連続で開催します。リーダーシップ、部下育成、マネジメントの3つのスキルを習得できます。どうぞ参加ください。

詳細、申込サイト
https://www.sbic-wj.co.jp/sp/allseminar/?seq=3983




小森コンサルティングオフィス at 12:01コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年06月28日

研修のスキルチェックシート評価基準(5段階評価)を紹介します

ビジネスリーダーの皆さんへ

研修は実践と繰り返しが重要です。例えば「スベらない商談力」研修で話法を学んでも3ケ月間、復習も実践もしなければ、学んだスキルを忘れてしまいます。

そこで研修受講者、自らが自己評価して上長と相談することがポイントです。

研修で学んだスキルを実践して成果につなげるまでの評価について紹介します。

評価は5段階でするのがよいと思います。

スキルチェックシート評価基準(5段階評価)

5:常に実践できて大きな成果に結びついている。人に教えられるレベルである 4:実践できており成果も出始めている 3:実践しているが成果には結びついていない 2:スキルは理解しているが実践できていない 1:スキルの内容が理解できていない 1,2が知識レベル(頭で考えている)、3,4がスキル化、実践レベル(商談、会議で使えている)、5が習慣化レベル(無意識でいつもできている)、です。 研修は受講しただけでは3ケ月で学んだ内容を忘れてしまいます。自ら復習、実践、自己評価して上長に見てもらい、オール4,オール5を目指しましょう。




小森コンサルティングオフィス at 18:30コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年04月21日

「メンター研修」とは?

「メンター研修」とは?

ビジネスリーダーの皆さんへ
4月は新入社員が職場に来る季節ですね。会社によっては新人の指導者役の「メンター」をつけることもあると思います。では先輩社員の「メンター」とは何でしょう?紹介します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「メンター研修」

目的:信頼関係構築を基本に新人の早期育成と離職率の改善を達成する

 .瓮鵐拭爾箸録型佑了愼海叛鎖戚未離汽檗璽箸鬚垢襪發里廼供淵屮螢奪検砲量魍笋鮹瓦
会社とのブリッジ、商品とのブリッジ、上司先輩とのブリッジ

▲瓮鵐拭爾裡海弔量魍
1)チアリーダーである。裁判官ではない。新人の成功を信じて期待の眼差しを持つ

2)新人が会社と仕事に早期に慣れるよう指導し自主性を尊重する

3)話を聞きフィードバックする。新人を受け入れる態度が大事

メンターに必要なスキル
1)サーバントリーダー(奉仕型リーダー)

2)新人の見本となる(率先垂範、見本を見せて指導する)

3)OJT&フィードバックのスキル(新人に命令するのではなく気付かせる)

サーバントリーダーのスキルとは?
\騎寮(理論、データ、事実)
一貫性(言動一致、継続性)
5容(失敗を許す、怒らない)
こ放性(明るい、楽しい)

ぅ肇譟璽縫鵐阿裡瓦弔離汽ぅル
1)説明(今から教えることについて説明する。明確かつ具体的に説明し理解度を確認する。
2)見本を見せる(説明した通りにすべてのプロセスをやって見せ、部下に習得させたいことをその通りに上司がやって見せる。
3)部下にやらせる(説明し、見本で示した通りに全プロセスをやらせる)
4)話し合い(よくできた点を褒める、質問し部下に考えさせる)

以上、参考にしてください。


リーダー3年目からの教科書
小森 康充
かんき出版
2013-10-23










小森コンサルティングオフィス at 00:13コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年02月20日

「決断力」の研修ベストプラクティス「自分の軸を持つ」を紹介したい。

「決断力」の研修ベストプラクティス「自分の軸を持つ」を紹介したい。

よく「決断力」というのは研修でトレーニングできるのですか?と聞かれるが「決断力はトレーニングできます」と答えています。

何故なら決断力向上には4つのステップがあり、6つの原則があるからです。それを学べば誰でも「決断力」を向上できます。4つのステップとは
〃菽任垢襯┘螢△両霾鵑鯊燭集める ⇒
⊆分の軸を持つ ⇒
7菽任靴親睛討鬟瓮鵐弌爾謀礎する ⇒
ぅ▲ション(実行して結果を出す)

DSC03141
 
ベストプラクティスの実践例

決断力「自分の軸を持つ」の部下指導実践例

部長の私から見て部下の課長と課員の「決断力」が弱いことを発見した。両名とも同じように考えて仕事をしており「自分で考えること」が弱いことを発見した。つまり「自分の軸を持つ」のポイントを強化する必要があると感じた。

例えば課員には「得意先から〜を言われたのですが、どうしたらいいですか?」と答えを聞くのではなく「私は〜と得意先に返答しようと思いますがそれでよいでしょうか?」と自分の考えをまとめて課長にコミュニケーションするように、また課長には「それでいいと思うよ」というようなあいまいな返答を部下にするのではなく、得意先の要望、その理由をより明確にしたうえで論理的なアドバイスをするように指導した。

課員には「課長にたよらず自分の考えを事前にまとめ自分の軸を持ってコミュニケーションすること」をチームの方針とすることを伝えた。

決断力」の研修で学んだ「自分の軸を持つ」ことを通じて、自主的なチームになってくれることを期待したい。

〜〜〜〜〜〜

決断力のスキルをチームのメンバーが身に着けると組織は必ず強くなります。

今日から実践してください。





小森コンサルティングオフィス at 07:30コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年02月19日

「OJT部下育成」研修のベストプラクティス(実践成功事例)を紹介したい。

管理職研修のベストプラクティス(実践成功事例)「OJTのサイクル」を紹介したい。

ベストプラクティスとは実践成功事例のことで研修で学んだスキルを職場で実践して成果の出たものを次回の研修で発表し参加者同士で共有する。そのことで参加者全員がベストプラクティスから学ぶことができ研修の効果が格段にアップするものである。

DSC03032


 〜OJTの「上司が見本を見せる」実践例〜

締め切りがせまっている仕事が進まずある部下が困っているようであった。上司の私が「わからないところはどこや?」と聞くと「ここがわかりません」と言ったので「そこがわからんのなら私がやる」と30分でその仕事を作成してPCで見本を見せた。
そのことで部下は「完成品の見本を見る」ことができ「ありがとうございます」と上司の私に感謝の気持ちを持ったようである。今までは上司の私が「見本を見せる」ということをあまり部下にしなかった。今回は研修で学んだOJTのサイクル「\睫摺見本→やらせる→は辰傾腓ぁ廚良下に「見本を見せる」ことの重要性が理解できた

〜〜〜〜〜〜
このケースは前回の研修で「OJTのサイクル」を紹介して上長が早速、「見本を見せる」を実践して部下に感謝された事例である。よく上司は口頭で仕事の指示をして「見本を見せる」ことをしないケースもあるのではなかろうか?口頭での説明のあとに、それをどのように手足を動かしてやるのか?見本を見せることが重要である。

それが上司と部下との良好なコミュニケーションから信頼関係構築につながるのである。

「上司が部下に見本を見せる」本日から実践してほしい。

リーダー3年目からの教科書
小森 康充
かんき出版
2013-10-23



小森コンサルティングオフィス at 22:09コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2023年01月07日

「あの部下、なんでできないんだ」と嘆く上司の方へ。「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)の動画紹介。

「あの部下、なんでできないんだ」と嘆く上司の方へ。「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)の動画紹介。

部下の育成、マネジメントにはスキルがあります。多くの上司は我流でやってうまくいかず悩んでいる方のいると思います。この動画は悩める上司のヒントになる内容を紹介しています。

どうぞ動画をご覧ください。

「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)のチラヨミ動画
https://biz-play.com/seminar/1316

 

企業研修の問い合わせはこちらまで



小森コンサルティングオフィス at 06:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年11月14日

「チームを動かすための管理職塾」(第2回目研修:大阪中小企業投資育成株式会社主催)を11月10日に開催しました

「チームを動かすための管理職塾」(第2回目研修:大阪中小企業投資育成株式会社主催)を11月10日に開催しました。会場は中ノ島ダイビルの会議室です。

トーイク2
 
リアル参加とオンライン参加両方併用でするハイブリッド型研修で28名の管理職の皆さんの参加がありました。

KIMG3083

「リーダーシップはトレーニングできる」を合言葉に紹介しています。

トップダウンリーダーとサーバントリーダーのスキルのポイントを紹介して、次回研修での実践成功例の紹介を期待しています。


リーダー3年目からの教科書
小森 康充
かんき出版
2013-10-23






小森コンサルティングオフィス at 23:21コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年10月26日

『 リーダー3年目からの教科書』の紹介動画が公開されました!

『 リーダー3年目からの教科書  』の紹介動画が公開されました!

ビジネスに役立つ動画配信サービス

bizplayさん(@bizplay_inv(リンク))で

『 リーダー3年目からの教科書  』の紹介動画が公開されました!

https://biz-play.com/seminar/1316?utm_source=author&utm_medium=pr

IMG_20221008_004419_736

無料で会員登録して頂くと動画全編視聴できます。

#チラヨミ


小森コンサルティングオフィス at 22:28コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年07月03日

トレーニングの4つのサイクルを動画で紹介します。

リーダーの1つの重要な仕事はメンバーを育成(トレーニング)することです。

では効果的にトレーニングするにはどうすればよいのでしょう?

トレーニングの4つのサイクルを動画で紹介します。

トレーニングのサイクル(ユーチューブの動画)
https://youtu.be/rC5Jra_CgJw

リーダー3年目からの教科書
小森 康充
かんき出版
2013-10-23




 

小森コンサルティングオフィス at 15:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年05月06日

「チームを動かすための管理職塾2022」(第11期)大阪中小企業投資育成株式会社主催を開催します。22年10月〜23年3月(6回連続インタバル研修)参加者募集中です。

「チームを動かすための管理職塾2022」(第11期)大阪中小企業投資育成株式会社主催を開催します。22年10月〜23年3月(6回連続インタバル研修)参加者募集中です。

「チームを動かすための管理職塾2022」(リアル+ZOOMのハイブリッド型研修)
https://www.sbic-wj.co.jp/school/?seq=3619


リーダーの役割は、.蝓璽澄璽轡奪廚糧揮▲瓮鵐弌爾琉蘋チームのマネジメントです。
メンバーとの「信頼関係」はなくてはならないものであり、そのためには「ブレない姿勢」「コミュニケーション能力」は非常に重要です。

企業の多くは、プレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。
しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。
むしろ昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も見られます。

これは自分と他人が「違う」ことがわかっていない、過去にお手本となるきちんと基本教育を受けた上司に出会わなかったことが原因だと言われます。

当セミナーでは、リーダーとしての基本を押さえ、受講者同士の情報交換を中心とした気付きと学びにより、ビジネスリーダーを育成します。

IMG_20210709_144009

多くのビジネスリーダーの参加を期待しています。

IMG_20210116_201018_789


 

小森コンサルティングオフィス at 14:09コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年02月17日

2月10日「チームを動かすための管理職塾」第10期(大阪中小企業投資育成株式会社)を開催した。

2月10日「チームを動かすための管理職塾」第10期(大阪中小企業投資育成株式会社)を開催した。今回のテーマは「部下育成OJT」の実践例(ベストプラクティス)発表!
そして講義は「マネジメントの5ステップ」、この塾は6回連続のインタバル研修で、毎回、前回の研修で習得したスキルを職場で実践し、その成功事例を発表してもらっている。

1つの実践例を紹介しよう。
「Need to Have(必ず今日しなければならない仕事)と  Nice to Have(明日以降にしてもよい仕事)」を分ける実践例。

実践例
「Need to Have と Nice to Have」実践例 長期の生産計画目標を達成するのが課長の私の目標であるが、そのためには短期の生産 目標を達成しなければいけないことを研修で学んだ。そこで、生産効率をアップするため 部下に、今月その製品を作ることは「Need to Have?(今月必ずその製品を作らないといけ ない?)それとも Nice to Have?(その製品を作るのは3カ月後でもいいのでは?)」の質問を 部下にした。そのことで優先順位を考える力が付いた部下は、優先順位に応じた生産計画を 行うようになり、生産効率がアップした。 仕事の優先順位(プライオリティ)を部下に質問して考えさせる重要性を理解できた。 

以上、皆さんも今日から実践してほしい。

大阪中小企業投資育成株式会社
https://www.sbic-wj.co.jp/allseminar/?date=1643641200&fee=0&place=0&theme=0

リーダー3年目からの教科書
小森 康充
かんき出版
2013-10-23




小森コンサルティングオフィス at 23:48コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年01月30日

「チームを動かすための管理職塾」第4回を大阪中小企業投資育成株式会社主催で、リアル会場とオンラインZOOMを同時並行で行うハイブリッド型研修で実施しました。

1月13日「チームを動かすための管理職塾」第4回を大阪中小企業投資育成株式会社主催で開催しました。リアル会場とオンラインZOOMを同時並行で行うハイブリッド型研修で実施しました。

オンラインもZOOMのブレイクアウトセッションを活用し、ワークショップ、コーチングも盛り込み、リアルと同等の効果を発揮しています。

IMG_20201106_163650_071

今回のテーマは「部下育成OJT」研修で部下にトレーニングのスキルを効果的に伝授する「トレーニングのOJT4つのサイクル」をポイントにしました。1つの参加者の実践例を紹介します。

トレーニングの4つのサイクル実践例

新人のOJTでトレーニングの4つのサイクルを実践した。 いつもは新人と上司が一緒にお客さんの所に行き、一緒に製品の組み立てを行ってい た。今回は自社倉庫で上司が\睫世靴蕩有▲戰奪匹鯀箸瀘てる見本を見せた。そしてそれ を解体して、⇒新人に組み立てさせ、⇒は辰傾腓い如屬匹Δ世辰拭」と感想を聞いた。
そうすると新人のためだけに上司は時間を使っているので、新人の満足度が高く、仕事を早 く覚えたようである。 これが会社の生産性アップに結び付く。
OJTトレーニングの4つのサイクル「\睫摺見本→ やらせる→は辰傾腓ぁ廚離汽ぅルの重要性を理解できた。 

人がものを学ばのは(垢い導悗屐↓見て学ぶ、やってみて学ぶ、の3つがあります。
その3つを丁寧に順番にやることがトレーニングです。上記成功例は、客先ではなく、わざわざ自社の倉庫で製品組み立てを上司と部下でマンツーマンで行ったことがポイントです。

皆さんも実践してください。

大阪
 
「リーダー塾」のテキスト書籍「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)

リーダー3年目からの教科書
小森 康充
かんき出版
2013-10-23



小森コンサルティングオフィス at 15:35コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年01月26日

アジア各国のビジネスリーダーにオンライン「部下育成OJT」研修を実施しました。(AOTS主催)

アジア各国のビジネスリーダーにオンライン「部下育成OJT」研修を実施しました。(AOTS:一般財団法人海外産業人材育成協会主催)

この研修は政府のODAでアジアのビジネスリーダーを育てるために企画されたもので小森の研修は3回目になります。今回はインドネシア、タイ、ベトナム、シリア、バングラデシュ等から各国のビジネスリーダー50名以上の申込みがありました。

オンラインZoomでワークショップのブレイクアウトセッションも実施して盛り上がりました。

IMG_20220126_215918

部下育成OJT研修のストーリーマップも英語です。
内容は人材育成のポイント、トレーニングの4つのサイクル、トレーニングの6の原則を紹介しました。

参加者からの質問ではP&Gのビジネススキルに皆さん興味を持たれているようで、売上アップ、課題解決の手法、イシューは何か?等のポイントを実践事例を用いて解説しました。

今後もアジア諸国のビジネスリーダー育成に貢献していきたいと思います。

AOTS(一般財団法人海外産業育成協会)
https://www.aots.jp/



小森コンサルティングオフィス at 22:13コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年12月09日

「チームを動かすための管理職塾」第10期(大阪中小企業投資育成株式会社主催)の3回目研修を12月2日に開催しました。

「チームを動かすための管理職塾」第10期(大阪中小企業投資育成株式会社主催)の3回目研修を12月2日に開催しました。今回のテーマは「部下育成OJT研修」、リーダーにとって部下の育成は最も重要なポイントです。人材育成のポイント、効果的なOJTトレーニングのサイクルを紹介しました。

投資育成5



本研修はリアル研修とオンラインZOOM参加の両方を同時にやるハイブリッド型研修です。

コーチングもZOOMでマンツーマンで行いました。

投資育成1

本研修は10月〜3月の連続6回コースのリーダー塾です。

来年も盛り上げていきたいと思います。








小森コンサルティングオフィス at 22:57コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年11月05日

効果的トレーニングの4つのサイクルとは?動画で説明します。

トレーニングの4つのサイクルとは?

人がものを学ぶには3つの方々があります。
(垢い導悗屐↓見て学ぶ、やってみて学ぶ

この3つのポイントはそれぞれに長所があります。
ということはこれを組み合わせたサイクルが最も効果的に人材育成できるといえます。

そこで
効果的なOJTトレーニングのサイクルを紹介します。

\睫(聞いて学ぶ)➡見本を見せる(見て学ぶ)➡やらせる(やってみて学ぶ)➡は辰傾腓(部下に考えさせる)

このサイクルを愚直に何回も回すこと。
これが最も効果的なトレーニングのサイクルです。

詳しくは動画をご覧ください。




小森コンサルティングオフィス at 01:03コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年10月06日

効果的OJT部下育成研修のご紹介


効果的OJT部下育成研修の紹介。

営業組織力強化のための4つのサイクルを紹介します。

どうぞサンプル動画をご覧ください。





小森コンサルティングオフィス at 22:49コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年09月01日

勝てる営業人材を育成「小森康充の長期営業トレーニング」を紹介!

小森コンサルティングオフィス at 21:11コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年08月23日

トレーニングの4つのサイクルとは?\睫澄↓見本、やらせる、は辰傾腓ぁ

トレーニングの4つのサイクルとは?
\睫➡見本➡やらせる➡は辰傾腓

人がものを学ぶのは3つのポイントがあります。聞いて学ぶ、見て学ぶ、やってみて学ぶ、です。

最も効果的なトレーニングのサイクルはこの3つを組み合わせたものになります。紀伊国屋書店梅田本店の講演会のユーチューブ動画をどうぞご覧ください。

トレーニングの4つのサイクル
https://youtu.be/rC5Jra_CgJw






小森コンサルティングオフィス at 14:52コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年07月23日

営業が行動変革する5つのステップ

ビジネスリーダーの皆さんへ
今日は「営業が行動変革する5つのステップ」を紹介します。
皆さんのチームの営業は行動変革できてますか?リーダーがパワーをかけないと人は楽なほうに流れます。今日は部下の営業が行動変革するポイントを紹介します。
営業が行動変革する5つのステップ


ー己重要感:自分はトップ営業だと信じる

¬槁己儚廖В嫁椶稜箴緻槁犬鬚笋襪鳩茲瓩

9堝以儚廖В嫁椶稜箴紊鮹成する行動を起こす

せ弭擁儚廖目標と行動の一致を思考する

デ箴紕嫁榁成:結果達成でやる気と自信が大きくアップ

IMG_20210109_221909_001



 →コーチングの中で営業個々がどのレベルか?イ砲覆襪砲廊 い里匹譴できていて、どれが足りないか?コーチングで話を聞きながらチェックします。

上位20%のトップ営業は本能的にかなりできていると思いますが中位60%の営業はアドバイスして自信をつけて導く必要があります。この心の導火線は個々営業で違います。

よって集合研修では参加者全員がのレベルにはなかなかならないのが現状です。ここで個人コーチングで個々の導火線に火をつけます。

営業が行動変革する5つのステップ、今日から実践してください。


小森コンサルティングオフィス at 06:59コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

カテゴリー
月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ