潜在意識

2015年04月04日

目標を明確に決定して紙に書きましょう。書いた目標は、実現可能性がアップします。

ビジネスマンの皆さんへ

皆さんは、仕事上の目標、プライベートの目標を持たれていることでしょう。

今日は目標達成の一つのポイントを紹介します。

たいへん簡単なことです。

「目標(願望)を明確に決定して紙に書くこと」

これだけです。

書いた目標は、実現可能性がアップします。

頭の中で、こうなればいいな。と思ってもすぐに消えてしまいます。

「書く」という行為は、頭の中の空想をこの世の3次元空間に表すことです。

私が過去紙に書いて実現したことをいくつか紹介します。

ヽ飴餬牢覿箸離妊レクター職になりたい。

転職して年収を◯◯にしたい。

B膤悗龍擬になりたい。

ぅ咼献優構颪鮟佝任靴燭ぁ

ジ修講師で独立して年間200回講演したい。

以上は、私が独立して研修講師になる数年前に日記に書いたことです。

その時は、やり方もわからず、ただ単なる願望として書いていただけです。

しかし数年後、すべては実現しました。

目標(願望)の書き方は、日記のような書き方で他人に見せないほうが良いと思います。

他人に見せるとネガティヴな意見を言われれ可能性が高いからです。

できるできないは関係なく、目標(願望)を持つからには、それが達成できることに対してワクワク感が感じられます。

自分で日記に好きな願望を書き、それが達成されたときの感情を感じ、自分でニタニタする。これは楽しいことです。
ストレス解消にもなります。

できるかできないかは別にして、楽しかったらいいではありませんか?

その結果、実現可能性もアップするのでしたらより楽しいことです。

「目標(願望)を明確に決定し紙に書くこと」今日から実践してみてください。




小森コンサルティングオフィス at 21:30コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年02月25日

「ハーバードの人生を変える授業」タル・ベン・シャハー著 多くのビジネスマンに読んでいただきたいオススメの書籍です。




「ハーバードの人生を変える授業」タル・ベン・シャハー著 (文庫)を読んでいる。

著者のタル・ベン・シャハー氏は、ハーバード大学で哲学、心理学を学び組織行動学で博士号を取得。ハーバードで受け持った授業では一学期で1400名の学生が殺到した。ポジティブ心理学の第一人者。

本書はポジティブなマインドセットが人生にいかに重要かということを、わかりやすく解説している。

私が勉強になったポイントは
―慣をつくるには、確固たる価値観に基づいて、決められた行動を、特定の時間に行うことが必要である。

⊃瓦ら人の役に立とうとすれば結果として自分自身のためにもなるということは、人生における最も美しい報酬のかたちである。(ラルフ・ウォルド・エマーソン)

自分が自分自身のことをどう考えるかを決めるのは、他の人をどう考えるかを決めるのと同じ方法、つまり「観察」による

な事をはじめるには、話をやめ、行動を開始することだ(ウォルド・ディズニー)

ゼ分の言ったことを実行するのは自己信頼感を支える本質的な柱のひとつだ(ナザニエル・ブランデン)

Δ匹鵑平佑砲盖こり得る最高の運命、最高に素晴らしい幸運は、情熱的にやりたいと思うことをして報酬がもらえることだ

Ч福の3つの要因
遺伝的に決まっている幸福に対する感性、幸福に関連する環境的要因、幸福に関連した活動

┐笋覽い最高になるのは、成功する可能性が五分五分の場合である(リチャード・ハックマン)

人は出来事そのものに対して反応するというより、その出来事への自分の解釈に反応する(認知療法の基本前提)

最高の出来事が起こるのではない、起こった出来事を最高のものにするのだ

「ハーバードの人生を変える授業」タル・ベン・シャハー著 多くのビジネスマンに読んでいただきたいオススメの書籍です。

小森コンサルティングオフィス at 22:16コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「潜在意識をとことん使いこなす」ジェームズ・ジェンセン著 サンマーク出版 オススメ書籍の紹介





「潜在意識をとことん使いこなす」ジェームズ・ジェンセン著 サンマーク出版 を読んでいる。

本書は「心のもちようを改めることにより、人生のありようを変えることができる」という事実をわかりやすく説明している。

私が学びとしてチェックしたポイントは

,垢戮討寮功や失敗の根底にあるものは自尊心である

∧儔修魑こす3つのポイントは、「願うこと」「期待すること」「想像すること」

私達の心の声がイメージや映像を作り出し、それらは心の中の潜在意識に蓄積されて、将来の私達の行動に影響を与える

ぅ▲侫.瓠璽轡腑鵑箸蓮∋実や信念を言葉にしたもの。本当は「真実」でないことも、私達がそう受け止めることによって「真実」となる

ダ在意識に思考を印象づけるのにもっとも適しているのは眠る前だ

自尊心の高い人の4つの特性
私には「できる」と信じる
自分は大切、他人も大切
自分を自分以上に大きく見せる必要はない
誰かのせいにしない

大事なことは、自分が望む結果を想像し、それが現実であるかのように感じること

┐曚箸鵑匹凌佑量簑蠹世蓮¬椶妨えない力の手をかりていないことだ


「潜在意識をとことん使いこなす」ジェームズ・ジェンセン著 サンマーク出版
たいへん面白いオススメの書籍です



小森コンサルティングオフィス at 19:21コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年10月23日

トップセールスを維持する動機(モティベーション)のポイントの一つは、「人に言うこと」

営業職の皆さんへ

皆さんは、日々 売上目標の達成に向けて頑張って営業活動されていることと思います。

では日々高いモティベーションで営業活動するポイントは何でしょう?

トップセールスを維持する動機(モティベーション)のポイントの一つは、「明確な目標を設定し、それを人に言うこと」です。

例えば、今月は、1000万円の売上を達成しよう。という目標を設定したら、上司、同僚、家族、顧客、等に
「私は今月、1000万円の売上を達成します。」と言うことです。

言ってしまえば、やるしかありません。
また周りの見方が変わります。

また目標は、具測達一の原則で具体的数字、固有名詞で期限付きで設定しましょう。

「今月は、MVPを取るぞ」
「今期は、売上No1になって社長賞をとるぞ」
「今年は、担当得意先A社でシェア60%を獲得しトップメーカーになるぞ」
等のチャレンジングな目標を設定し、周りの人に言いましょう。

不思議と達成に向けた何かが動き出します。

実践してください。

小森コンサルティングオフィス at 20:15コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年05月05日

「UN Think アンシンク」エリック・ウォール著 講談社 、眠れる創造力を生かす、考えない働き方、おすすめ書籍の紹介



「アンシンク 眠れる創造力を生かす、考えない働き方」
エリック・ウォール著 講談社 を読んでいる。

たいへん勉強になる。
著書のエリック・ウォール氏は、画家、企業講演家、ビジネスの論理性とアートの創造性を組み合わせた「とらわれない、考えない働き方」を提唱。
クライアントに、AT&T、ディズニー、マイクロソフト、エクソンモービル等が、名を連ねる。

本書は、我々人間はすばらしい能力を持っていることを再認識させてくれるものである。

「世界は私達の想像を描くキャンバスに他ならない。(ヘンリー・ディヴィド・ソロー)」

著者は、人間は、すばらしい能力を持って生まれてきたのに、両親、学校、会社等からの日々の経験の中で、自分の才能に蓋をしてしまうことをポイントにしている。

私が参考になったポイントは、

1)創造力は誰もが持っている。人間の本質といってめ過言ではない。
全員がこの能力を取り戻すことで、本来の自分が持つ実力を発揮していくことができるのです。

2)やりたいことは、今すぐやる。

3)点数など付けずに遊びなさい。不安な気持ちをほぐすには遊びが必要だ。遊ぶことで人は若返り、元気になる。子供は遊ぶから幸せなのだ。大人が不幸なのは、遊ばないからである

4)未来とは、今とはかなり違った心を持つ、かなりタイプの異なる人のものである。

5)やる前に許可を求めず、やった後で許しを求める

6)挑発的になることで、あなたは変化を起こすアーティストになれるだけではなく、自分の人生の旅に冒険を増やすことができる。

7)大切なのは、事前にどのようなシナリオがあったとしても、自分が肌で感じたことに絶えず敏感に反応すること

8)顧客、同僚、子どもが、ほんとうに伝えていることは何かを、敏感に察する能力はとても重要です

9)考えてから動くのではなく、行動した後に考えるようにしなさい

10)理想の自分とは?
自分の思いとは何か?自分の信念とは?理想とする人物は誰かを胸に問いかけてください

「UN Think アンシンク」エリック・ウォール著 講談社 たいへん面白い おすすめの書籍です




小森コンサルティングオフィス at 09:30コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年03月04日

「いい言葉は人生を変える」佐藤富雄著(ベスト新書) ~成功する人には口ぐせがある~ おすすめ書籍の紹介

e1d00432.jpg
「いい言葉は人生を変える」佐藤富雄著(ベスト新書)を読んでいる。

~成功する人には口ぐせがある~ 

たいへん面白い。おすすめ書籍である。

この本は、言葉の影響力の大きさを紹介しているもので、日々の口ぐせを積極的なものに変えることで、驚くほど人生が好転することを紹介している。

読むだけでワクワクする楽しい本である。

著者の佐藤富雄さんは、北海道生まれ、東京農業大学、早稲田大学卒業、農学博士、ルーマニア名誉領事、大脳、自律神経系と人間の行動、言葉の関連性を研究し、独自の「口ぐせ理論」を確率。

全国各地で講演も多く、「口ぐせ理論実践塾」は絶大な人気を誇る。
著書に「願えばかなう思い込みの魔力」「恋にうつつを抜かしなさい」(ワニ文庫)、「ありがとう は魔法の言葉」(宝島社)等がある。

本書の内容:
第一章:言葉を変えるとすべてが変わる

第二章:人生を変えるいい言葉のコツ

第三章:自然に成功する脳を作る

第四章:無意識にチャンスをつかむ

第五章:勝ち組遺伝子の力で成功する

第六章:実践 毎日使いたい開運の言葉
ーーーーーーーーーーーーーーーー
私が印象に残ったポイントは、

1:言葉が神経回路をつくっていく

2:腹立たしかったのは、相手のせいではなく自分が言い放った言葉のせいである

3:人を誉めれば3つの見返りがある

4:私たち日本人は元来、言葉を操る達人である

5:絶好のタイミングで最高の出会いがやってくる

6:誰もが勝ち組遺伝子を持っている

7:毎日使いたい開運の言葉

「仕事ができる」

「ありがとう。神に感謝します」

「才能に恵まれた優れ者」

「順調、順調」

「愛もお金も鷲掴み」

「おはよう! 今日もいい日になるぞ」

「子供は、我が家の宝物」

「体調は良好」

「人生はこれから黄金期」

「いい言葉は人生を変える」佐藤富雄著(ベスト新書)
~成功する人には口ぐせがある~ 

すべてのビジネスマンに読んでいただきたい おすすめの書籍です。

小森康充



小森コンサルティングオフィス at 23:18コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年10月12日

「心のブレーキを消す技術」佐々木豊文著(三笠書房)おすすめ書籍のご紹介



「心のブレーキを消す技術」
佐々木豊文著 (三笠書房) 
《行動力を全開にする、潜在意識の活かしかた》 を読んでいる。

たいへん参考になる面白い書籍である。

著者の佐々木豊文氏は、東京工業大学卒、工学博士、「速読脳開発プログラム」を確率し教室を開講。NHKの他マスコミでも取り上げられ、学術講演や企業研修も実施されている。

著書にベストセラー「1冊10分で読める速読術」「頭の回転が早くなるすごい!法」(三笠書房)がある。

この本は、心のセルフコントロール法を紹介されていて、米国生まれの潜在能力開発法「シルバ・メソッド」が基本になっている。

やるべきことは、わかっているが行動に移せない。

小さなことで、いつもクヨクヨしてしまう

自信がない、気が弱く損ばかりしている

このような悩みを持たれている方には、たいへん参考になると思う。

またセルフコントロールの手法としては、すべてのストレスをかかえるビジネスマンに読んでいただきたいと思う。

第一章 なぜ、心にブレーキがかかるのか? その秘密は潜在意識にあった。

第二章 あなたはもっと思い道りに行動できる。 潜在能力を引き出すテクニック

第三章 前向きな性格をつくる、10の方法、マイナス思考をいかに消し去るか

第四章 身体を整え、心を強くする生活術 食事、運動から、呼吸法まで

私のチェックポイントは、

1:常に、明るく、健康的で、前向きな言葉を使う

2:「ありがとう」の感謝の言葉を多く使う

3:ただの移動時間も、気持ちの持ち方ひとつで、自分を磨く時間に変えることができる

4:心配とは行動の不足から起こることである

5:ビジネス成功の秘訣は、成功するまでやることだ。(松下幸之助)

6:「いま」に集中すること。過去と未来は考えない

7:たくさん笑うと心も身体も元気になる

8:ときには、傍若無人になっていい

9:潜在意識の力を引き出すには、具体的なイメージが必要

10:予期とは、頭の中ですでに夢が実現していること

「心のブレーキを消す技術」
佐々木豊文著 (三笠書房) 
《行動力を全開にする、潜在意識の活かしかた》

すべてのビジネスマンに読んでいただきたい、おすすめの書籍です。

小森コンサルティングオフィス at 15:38コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年08月12日

脳の2つの性質 5




脳化学者の中井先生に教えてもらった。

脳には2つの性質がある。

1)「安定性」

これは、今ある状態、習慣、を変えたくない。
新しいことを受け入れたくない。という性質である。

例えばあなたが、友人に、まったく今までしたことがないスポーツを急に「やろうよ。」と誘うと友人は、どう言うであろう。
おそらく「したくない。」という顔をするのではなかろうか?

初めてのこと、今まで経験したことのないことは、したくない。
なぜなら、脳には「安定性」という性質があるからである。

2)「可塑性」

これは、少しずつなら変化があってもいいよ。
という性質である。

1の「安定性」の性質があると、人は、まったく変化を好まないか?というとそうでもない。

2の「可塑性」というのがあるので、「少しずつ、少しずつ」であれば人は、変化を受け入れる性質がある。

まったくしたことのないスポーツがある。
いきなり友人に「そのスポーツをやろう。」と誘うと、しり込みするだろう。

でも少しずつ誘うと可能性が出てくる。

「1日目、そのスポーツのビデオを見てみよう。」

「2日目、そのスポーツをした人の話を聞いてみよう。」

「3日目、そのスポーツの試合を見に行こう。」

「4日目、少し、そのスポーツを体験で軽くやってみよう。」

というように少しずつ慣れていく。

そうすれば、脳には「可塑性」という性質があるので、そのスポーツを受け入れやすくなるわけである。

このように、何か変化を起こす時、新しいことにチャレンジするとき、何度も何度もチャレンジする、また脳の中でのイメージを何度も、何度も思い描く。

そうすることが重要である。

脳の2つの性質に感謝である!

Nakai_Kevin

小森コンサルティングオフィス at 00:47コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年07月01日

潜在意識とは? 5

先日のワンデーサクセスカレッジでの情報である。

1983年 ヨットの最高峰のレース アメリカズカップで大番狂わせが起こった。

130年間無敗であったアメリカが、オーストラリアに負けたのである。

当時アメリカに勝つことは、不可能といわれていたころであった。

何故 オーストラリアは、アメリカに勝ったか?

一つの面白いエピソードがある。

当時のオーストラリアチームのキャプテンは、次のレースの2年前にアメリカが無敗であり、アメリカに勝つチームは出てこないであろう。というマスコミのコメントを耳にした。

彼は、アメリカに勝ったシーンをオーストラリアチームメンバーに徹底的にイメージさせた。

わざわざアメリカに僅差で勝ったシーンを、アナウンサーに録音させ、チームメンバー全員に毎日2回聞くように指示した。

それを2年間継続した。

2年後のアメリカズカップ、 アナウンサーの実況中継のとうり、オーストラリアは、アメリカに勝ったのである。

オーストラリアチームは、レースが始まる前から、脳の中には、アメリカに勝てる、すでに勝っているシーンがインプットされていた。

すでに心の中、潜在意識の中で買っていたのである。

理論的に、どちらが強い、とかを超越した潜在意識が働いたのであろう。

強力なパワーを発揮する潜在意識をいかに活用できるか?

これが今後の課題である。

感謝! 感謝!

小森コンサルティングオフィス at 00:49コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ