成功

2021年04月16日

ToTo初代社長の大倉和親氏の含蓄ある言葉「良品の供給、需要家の満足」です。

ToTo初代社長の大倉和親氏の含蓄ある言葉「良品の供給、需要家の満足」です。

「 良品の供給、需要家の満足が掴(つか)むべき実体です。此の実体を握り得れば利益・報酬として影が映ります。利益という影を追う人が世の中には多いもので、一生実体を捕らえられずして終わります。(大倉和親)」

経営者、営業部長は「売上、利益」という数字を追い求めてしまいがちです。もちろんゴールの目標数字は大事ですが、その前に会社の目的、理念が従業員に伝わってないといけません。「お客様の笑顔のため」「よりよい社会のために」仕事をしているということを従業員が理解することです。笑顔になるお客様が増えると結果として売上、利益はついてくるものです。

大倉氏は「利益」を「影」という言葉で表されています。「影」を求めてもダメだというたいへんわかりやすい例えだと思います。

まさにToToが成功したポイントであると思います。



小森コンサルティングオフィス at 10:18コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年04月13日

「プレゼンのポイントは3つにまとめる」。説得力を増す効果的プレゼンテーションのために。

プレゼンのポイントは3つにまとめる。説得力を増す効果的プレゼンテーションのために。

研修で「プレゼンのポイントは3つにまとめる」と紹介している。
その3つの理由を説明しよう。

1)聞き手のモティベーションがアップする。
「今から3つの戦略について説明します」というと聞き手は「3つなら聞いてもいいか」と思うことが多い。しかし「今から18の話をします」というとその場で聞く気をなくしてしまう。

2)人がメモを取らずに新しいことを覚えられるのは3つまで
プレゼンの後、聞き手があなたの話をいくつ覚えているだろうか?
人が1度に新しいことを覚えられるのは3つまでと言われている。一度に10のことを話して1つも覚えてもらえないよりも3つに絞ってその3つを覚えてもらったほうがいいだろう。

3)3つに絞ると話し手が話しやすい
私は研修講師をしているが18の話をしようとなるとメモを見ないと覚えられない。しかし3つであればメモを見なくても覚えて自分の言葉で話すことができる。そのことで説得力が増すのである。


20181011_0210

研修でよくでる質問は「話さないといけないことが6個あるときはどうするのですか?」

良い質問ですね。アドバイスは3つ。

1)優先順位をつけて上位3つを話す
「話し手が6個必要と思っているが本当にそうだろうか?」優先順位をつけて重要な3つを今日話して優先順位の低い3つは削除すると良いだろう。また次回の会議で話さなかった3つを紹介し日を分けて2回で6つ紹介する方法もある。

KIMG2931

2)6つのポイントを3つにまとめる
その6つの内容をグループ化すると1,2はコミュニケーションの問題だ、3,4はタイムマネジメントの問題、5,6はオンライン化の内容、というように6つをグループ化して3つにまとめる。

3)パワポ資料は3つに絞って、プレゼンで残りの3つをサポートする
資料はシンプルに3つのポイントで作成する。そしてプレゼンの口頭で残りの3つの話をする。

以上プレゼンの「ポイントは3つにまとめる」今日から実践してほしい。




小森コンサルティングオフィス at 18:10コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年04月01日

古賀稔彦氏の等身大パネル(八尾高校古賀稔彦氏講演会実行委員会作成)がヤフー記事に紹介されました。


古賀稔彦氏の等身大パネル(八尾高校古賀稔彦氏講演会実行委員会作成)がヤフー記事に紹介されました。

この等身大パネルは2020年10月に大阪府立八尾高校体育部OBOG会40周年記念講演会で古賀稔彦氏をお呼びした時に実行委員会の我々が作成したものです。


このパネルは古賀稔彦氏の等身大で身長と同じです。その後、1月間八尾高校に展示した後、古賀さんにプレゼントしようと送付先を古賀さんに確認したところ、古賀さんは川崎の道場ではなく、滋賀県の住所をご指定されました。

私はそこが国の有形文化財の柔道場「湖東錬成館」だと知ったのは古賀さんがご逝去された後のマスコミ記事でした。

今後も湖東錬成館にて多くの方に古賀稔彦氏のパネルを見ていただければ幸いです。







小森コンサルティングオフィス at 08:57コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年03月25日

古賀稔彦氏ご逝去の報にたいへん驚いています。2020年10月八尾高校で講演会をしてもらいました。

昨日の古賀稔彦氏(バルセロナオリンピック柔道金メダリスト)ご逝去の報にたいへん驚いています。

平成の三四郎と言われた古賀稔彦氏は2020年10月30日に母校の大阪府立八尾高校体育部OBOG会40周年記念講演会にお越しいただきました。

IMG_20210324_141343_029
八尾高校の生徒約600名に「夢の実現  挑戦することの大切さ」というテーマで迫力ある素晴らしい講演をしてくださいました。


体育部OBOG会記念講演207


小森は実行委員会リーダーとして古賀さんを新大阪駅までお迎えにあがりタクシーで八尾高校までご一緒しましたが、自然体で優しいお人柄にたいへん好感を持ちました。

体育部OBOG会記念講演202

プレゼント色紙も講演前の控室で24枚も書いてくださり、講演会では多くの生徒に色紙を手渡しでプレゼントしてくださいました。

DSC_0112~4

古賀稔彦氏直筆の色紙をもらった生徒は一生の宝物になったことでしょう。

古賀稔彦氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


小森コンサルティングオフィス at 01:19コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年03月05日

決断力向上の秘訣「『OGSM』で目標と戦略を伝達」ミラサポの小森康充の記事の紹介

決断力向上の秘訣「『OGSM』で目標と戦略を伝達」

ビジネスリーダーの役割はチームを成功に導くことであり、そのためには正しい決断の基に目標達成のための戦略を実行できなければならない。

そのポイントは、「本当に決断すべき事柄に焦点をあてること」である。リーダーがよくやる失敗として「上司が決断すべきことを自分が先に決断してしまった」「決断すべきポイントが間違っていた」「会議ばかりやっていて結局何も決まらなかった」というものがある。このような失敗をしないためにリーダーはチームの目標と戦略、役割分担を明確に決定しメンバーに伝える必要がある。その伝達手法が「OGSM」である。

Oは目的、Gはゴール、Sは戦略、Mは測定方法のこと。目的はチーム目標を言葉で表したもので、ゴールはその目標を数字で表したものである。戦略はゴール達成の方針のことで、測定方法は戦略の途中経過の方法である。この手法でチームメンバーに目標と戦略を伝えると目標達成の可能性も高くなる。
ゴールを数値で表しにくい場合も、具体的な数値がないと正確な評価ができないため、数値で表す努力をする。例えば、人事などの場合は同じ人に社内アンケートを数回取り、平均的な数値を編み出す等、工夫する。

以下の「決断力向上の秘訣」ミラサポをご覧ください。







小森コンサルティングオフィス at 11:44コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年03月02日

講演紹介のシステムブレーン「人気講師ランキング ベスト50」で小森康充が第8位にランクインしました。


講演紹介システムブレーンの「人気講師ランキング ベスト50」で小森康充が第8位にランクインしました。

2020年度の講演、研修実績です。コロナ禍でもオンライン研修を積極的に提案いただいたことがポイントと思います。

これからもリアル研修に加えオンライン研修を拡大していきたいと思います。

下記のランキングをご覧ください。



小森コンサルティングオフィス at 21:40コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年03月01日

「スマホ脳」アンデシュ・ハンセン(新潮新書)を読んでいる。おすすめ書籍の紹介。

「スマホ脳」アンデシュ・ハンセン(新潮新書)を読んでいる。おすすめ書籍の紹介。
〜スティーブ・ジョブズはわが子になぜiPadを触らせなかったのか?〜

平均で1日4時間、若者の2割は7時間も使うスマホ。しかしIT業界のトップはわが子にデジタルデバイスを与えないという。なぜか?睡眠障害、うつ、記憶力や集中力、学力の低下、依存、最新研修が明らかにするのはスマホの便利さにおぼれていくうちに、あなたの脳が確実に蝕まれていく現実である。


スマホ脳(新潮新書)
アンデシュ・ハンセン
新潮社
2020-11-18

 
私が本書でチェックしたポイントは、

1)比較は喜びを奪う。(セオドア・ルーズベルト)
2)社交的な人のほうが長く健康に生きられる
3)SNSを熱心に利用している人たちの方が孤独を感じている
4)「現実に」人と会うほど幸福感が増していた
5)フェイスブックが人生の満足度を下げる
6)SNS上で拡散された10万件以上のニュースを調査したところフェイクニュースのほうが多く拡散されていた
7)スマホ追放で成績がアップする

本書でスマホが人生に悪影響を与えることを紹介しているが現実的にスマホなしでいくことは困難である。よって理想の1日の時間の使い方の3つのポイントは、
.好泪曚錬音間以内、
⊃臾欧錬校間以上、
1親阿錬瓜間以上、
この3つを守ると問題はないそうである。

「スマホ脳」アンデシュ・ハンセン(新潮新書)、すべてのビジネスパーソンに読んでもらいたいおすすめの書籍である。


スマホ脳(新潮新書)
アンデシュ・ハンセン
新潮社
2020-11-18





小森コンサルティングオフィス at 22:12コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年02月25日

「結果達成の営業力強化研修」小森康充のプロモーション動画

「結果達成の営業力強化研修」  小森康充のプロモーション動画の紹介です。

どうぞご覧ください。




小森コンサルティングオフィス at 16:09コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年01月29日

イギリスで450年の歴史のあるHarrow校が来年安比高原に日本初の本格的インターナショナルスクールを開校します。

ケンブリッジ大学、オックスフォード大学等、世界の有名大学へご子息の入学をお考えの皆さまへ

 イギリスで450年の歴史のあるHarrow校が安比高原(岩手県)に日本初の本格的インターナショナルスクールを2022年8月に開校します。

日本誘致の親善大使を務める加藤由佳さんは小森の大阪、八尾高校水泳部の同期です。
階級社会のイギリスでは上流階級しか入れないHarrow校が日本に開校します。岩手県の素晴らしい自然の中で全寮制で過ごす生活は将来のグローバルリーダーを育成するに最適な環境といえるでしょう。

少年期に悪影響を与えるSNS,TV,を排除する環境は都会で両親と暮らしている中では困難な部分もあります。世界のHarrow校はオックスフォード、ケンブリッジ等の世界トップクラスの大学に多数の生徒を輩出しています。日本トップの東京大学の世界ランキングは残念ながら36位です。

つきましては、明日、1月30日(土)15時〜16時でオンライン説明イベントが開催されます。
ご興味のある方はどうぞ申し込みください。


Harrow校から世界へ 

https://www.harrowappi.jp/event/?utm_source=Google&utm_medium=CPC&utm_campaign=Brand%20-%20Eng&gclid=Cj0KCQiAmL-ABhDFARIsAKywVaeaPWr_1e8lBSHQEDTQNSlNMTXUBPYyo9UacBkorG0UPhmS1p5Lnw8aApE5EALw_wcB

 
ハロー校開校の記事
https://istimes.net/articles/1296


大学の世界ランキング
https://globaledu.jp/THEworlduniversityrankings2021.html





小森コンサルティングオフィス at 14:39コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年01月22日

研修の実践例紹介「具測達一」の目標設定

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は研修の実践例の紹介をします。

「具測達一」目標設定実践例

目標設定の大原則「具測達一」とは目標は「具体的」「測定可能」「達成可能」「一貫性」のポイントで設定すると達成の可能性も高まり実践的な目標になるということである。

以下は研修受講者がこの「具測達一の原則」を実践した事例である。

受講者の発表:
今までは来期の生産個数決定に経験値「今期は1万個だから来期も1万個でいいか」でなんとなくの経験値で決めていた。
研修で具測達一(具体的、測定可能、達成可能、一貫性)の目標設定の原則を学んだので、今回は過去3年間の製品別、得意先別の出荷数の分析をした。

そうすると得意先別に出荷製品にかなりの偏りがあることがわかり売上拡大のビジネスチャンスが発見できた。

これからの数字の分析は具体的、測定可能、売上拡大に結びつく生産計画を設定していこうと思う。この分析と途中経過を測定することで営業企画の生産性向上に結びつくと期待している。
〜〜〜
以上ですが、目標は具体的な数字、期限、固有名詞を入れることです。誰がいつまでに何をどうするのか?

という具体的な目標設定をすること、そのためには昨年は何を何個売ったのか?得意先別、商品別、営業別の分析をすることです。そのことで売上拡大のビジネスチャンスが見えてきます。

目標設定の原則「具測達一」、今日から使ってください。


リーダー3年目からの教科書
小森 康充
かんき出版
2013-10-23



小森コンサルティングオフィス at 18:19コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年11月29日

八尾高校同級生の岩本眞二さんが今月のPRESIDENTに掲載されました。

八尾高校同級生の岩本眞二さんが今月のPRESIDENT(36ページ)に掲載された。

DSC_0152~2


岩本眞二さん(MRKホールディングス代表取締役社長)は大阪府立八尾高校ではハンドボール部に所属、2年3年で小森の同級生であった。先日は久しぶりに東京で食事をしたが、アグレッシブではっきりと意見をいう性格は高校時代と変わってなかった。自分が立ち上げた会社が買収された話は食事の席でも聞かせてもらい彼の「もうダメだ、と思った時が仕事の始まり」という言葉はビジネスのキーポイントである。

DSC_0120~2


是非書店のPRESIDENTで彼の記事を見て欲しい。




小森コンサルティングオフィス at 01:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年11月05日

古賀稔彦さん(バルセロナオリンピック柔道金メダリスト)の講演会の記事が八尾高校同窓会HPにアップされました。


大阪府立八尾高校 体育部OBOG会40周年記念講演会の様子が八尾高校同窓会HPにアップされました。

講師は古賀稔彦さん(バルセロナオリンピック柔道金メダリスト)です。

どうぞご覧ください。



小森コンサルティングオフィス at 08:30コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年11月04日

バルセロナオリンピック柔道金メダリストの古賀稔彦さんを母校の大阪府立八尾高校にお呼びしました。

10月30日(金)大阪府立八尾高校にて体育部OBOG会創立40周年記念行事として、生徒560名対象にバルセロナオリンピック柔道金メダリストの古賀稔彦さんを講師に講演会を開催しました。

体育部OBOG会記念講演212

テーマは「夢の実現-挑戦することの大切さ」で初めに古賀さんのオリンピック映像のDVDを見て、古賀さんの講演会に入りました。

体育部OBOG会記念講演207

生徒が壇上に上がり講演のサポートもし、また発言した生徒がサイン色紙を古賀さんからプレゼントされ大喜びでした。

体育部OBOG会記念講演202

オリンピック金メダリストの講演を直接聞く機会を若い高校生の時にする経験は生徒の皆さんにとって貴重なものになったと思います。

体育部OBOG会記念講演164

小森は実行委員会として古賀さんの送迎でタクシーをご一緒しましたが、古賀さんの親しみやすく、優しい印象に好感を持ちました。

古賀稔彦さんの講演会はオススメです。








小森コンサルティングオフィス at 09:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年09月17日

「リアル,オンライン どんな状況でも成果を出せる真の営業とは」講演紹介のノビテクマガジンに小森の記事が掲載されました。

「リアル,オンライン どんな状況でも成果を出せる真の営業とは」講演紹介のノビテクマガジンに小森の記事が掲載されました。

営業職の方はどうぞお読みください。




小森コンサルティングオフィス at 08:37コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月31日

「心を強くする 世界1のメンタル 50のルール」(サーシャ・バイン著)多くのビジネスパーソンに読んでいただきたいオススメの書籍である。

「心を強くする 世界1のメンタル 50のルール」(サーシャ・バイン著)を読んでいる。

著者のサーシャ・バイン氏は世界1のテニスプレイヤー大坂なおみ選手を育てたコーチである。

私のチェックポイントは

1)大きな野心がなければ戦えない。小さな目標がなければ勝てない

2)土壇場で力を発揮するには、リスクをとれることと積極的であること

3)日記は自分自身を主人公にした映画を撮ること

4)「自分はできる」と何度も繰り返せば、脳もそれを信じるようになる

5)自分の中にはスーパーヒーローがいる

6)あなたくらい僕の人生で大切な人はいない

「心を強くする 世界1のメンタル 50のルール」(サーシャ・バイン著)多くのビジネスパーソンに読んでいただきたいオススメの書籍である。

心を強くする「世界一のメンタル」50のルール
サーシャ・バイン
飛鳥新社
2019-07-11

 

小森コンサルティングオフィス at 06:49コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月06日

「人生最大の危機」小森康充の執筆記事が講演依頼.com のアクセスランキングで第4位になりました。

「人生最大の危機」小森康充の執筆記事が講演依頼.com のアクセスランキングで第4位になりました。

添付ページを下にスクロールするとご覧いただけます。



小森コンサルティングオフィス at 02:57コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年04月28日

「人生最大の危機」とは?講演依頼.comの人生コンテンツ一覧コラムにて小森康充の執筆記事が紹介されました。どうぞご覧ください。

ビジネスリーダーの皆さんへ

皆さんの「人生最大の危機」とは何でしょう?今回講演、研修紹介でお世話になっているビジネスパートナーの講演依頼.com(ぺルソン)さんから「人生最大の危機」についてコラム執筆の依頼を受けました。

小森が経験した危機とは、どのような危機で、どう乗り越えて、そこから何を学んだか、そして人生最大の危機に直面している方へのアドバイスは?という内容です。

面白い内容ですので、どうぞご覧ください。

「人生最大の危機」↓
 

小森康充のビジネスパートナー 講演依頼.com











小森コンサルティングオフィス at 14:30コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年04月15日

「ハーバード流 幸せになる技術」(悠木そのま著:PHPビジネス新書)おススメ書籍の紹介

「ハーバード流 幸せになる技術」(悠木そのま著:PHPビジネス新書)を読んでいる。

本書は世界で最も「成功」と「幸せ」について考えてきた大学、ハーバードの関係者の発言を実践的に編集し数多くの「幸せになる技術」を紹介するものである。

私がチェックしたポイントは
/佑蓮屐察擦垢譴亶せになれる」という「幸せの神話」に縛られている
(ソニア・リュボミアスキー:カリフォルニア大学教授、ハーバード大学出身)
△笋蠅燭い里浪饉匏弍弔任呂覆、世界をより好いものに変えることだ(マーク・ザッカーバーグ)
9せは成功に先行する
い海裡毅闇間、米国の1人あたりの所得は大きく増加しているのに、幸福度の水準は変わっていない
ゥ皀里鯒磴Δ茲蠏亳海鯒磴Δ曚Δ幸せになれる
ε型Δ鮓つけるには徹底的な自己分析が欠かせない
Г泙瑳分が人生で何をしたいのかを知り、次にその要求に素直になる勇気を持つことが必要
┸誉犬量榲を知る3つの質問
1)どうすれば、自らのキャリアに幸せを見出せるのか?
2)どうすれば、配偶者や家族との関係を幸せを揺るぎない源泉にできるのか?
3)どうすれば、犯罪者にならずにいられるのか?
君が音楽家になりたいと思った時から、君は音楽家なのだ
(レナード・バーンスタイン:ハーバード大学出身の指揮者)
多くの人が、自らの情熱の何たるかを知らずにいる
(ロバート・S・カプラン:ハーバードビジネススクール教授)
長く続く成功の4つの要因、1)幸福感(悦楽間、満足感)、2)達成感(活動領域での成功)、3)存在意義の実感(身近な人にポジティブな影響を与えているという実感)、4)継承(誰かの成功をサポート)
感謝するとポジティブな人生を味わうようになる
自分のためにお金を使った時と、他人のためにお金を使った時では、後者の方が幸福感はより高まる

「ハーバード流 幸せになる技術」(悠木そのま著:PHPビジネス新書)たいへん勉強になるおススメの書籍である。


 

小森コンサルティングオフィス at 12:50コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年04月08日

「Think CIVILITY(シンク シビリティ)「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である」(クリスティーン・ポラス著:東洋経済)を読んでます。たいへん勉強になるお薦めの書籍です。

「Think CIVILITY(シンク シビリティ)「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である」(クリスティーン・ポラス著:東洋経済)を読んでいる。たいへん勉強になるお薦めの書籍である。

著者のクリスティーン・ポラス氏はジョージタウン大学准教授、グーグル、ピクサー、国際連合、世界銀行、国際通貨基金、等にて講演、コンサルティング活動を行う。その仕事は、CNN,BBC,NBC,「タイム」「ウォール・ストリート・ジャーナル」「ワシントンポスト」など、世界の1500を超えるラジオ、テレビで取り上げられている。

本書は礼節の大切さをわかりやすく解説している。礼節は人間関係の基礎になる。他人に対する態度に敬意があれば、それは自分自身を前進させることになる。キャリアにも良い影響をもたらし、人生を良い方向に導くことになる。

私がチェックしたポイントは
ー分の周囲にいる人たちに、敬意をもって品位ある態度で接していれば、その人たちは成長していく。反対に、同じ人たちに敬意のないひどい態度で接していれば、皆、だめになっていく
(リチャード・ブランソン)
⇔蘋瓩△訛崚戮箸蓮⇔磴┐弌⊃佑亡脅佞垢襦⊃佑力辰鬚茲聞く、わからないことは謙虚に人に尋ねる、他人の良さを認める、成果をわかちあう、笑顔を絶やさないといった態度である。こうした態度は業績の向上に役立つ
Cかと3m以内に近づいたら目を合わせ微笑みかける、1.5m以内に近づいたら「こんにちは」と声をかける
っもが世界を変えようと考えるが、自分自身を変えようと考える人はいない(レフ・トルストイ)
ヂ崚戮魏善するには自分を大切にすることが重要である。睡眠は1日7〜8時間とる
Ε蝓璽澄璽轡奪廚箸蓮△茲衫匹なるため、人々の潜在能力を解き放つことである。
(ビル・ブラッドリー)
Г茲衫薺契気靴なるには、周囲の人に気を配ること、他人の立場でものを考えること、笑顔でいる時間を増やすこと、相手の名前を覚えること。
┥總愽瑤自分たちの幸福に関心を向けてくれていると感じれば社員はやる気を出す
「話す:聞く=1:2」がベスト
すべての人に礼儀正しく、多くの人に愛想よくせよ。親しくする人は少数でいい。友となるのはひとりでいい。ただ、誰の敵にもなってはならない。(ベンジャミン・フランクリン)

「Think CIVILITY(シンク シビリティ)「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である」(クリスティーン・ポラス著:東洋経済)多くのビジネスリーダーに読んでもらいたい。


 

小森コンサルティングオフィス at 13:25コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年04月03日

「Think Clearly」最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法(ロルフ・ドベリ著)サンマーク出版、お薦め書籍の紹介。

「Think Clearly」最新の学術研修から導いた、よりよい人生を送るための思考法(ロルフ・ドベリ著)サンマーク出版、お薦め書籍の紹介です。

本書を読んでいるがたいへん面白い。人生全般に多くの学びがある書籍である。
著者のロルフ・ドベリ氏は作家、実業家、スイスのザンクトガレン大学卒業、スイス航空会社の子会社でCEOを歴任後、ビジネス書籍の要約を提供する世界最大規模のオンラインライブラリー「getAbstract」を設立。35歳から執筆活動をはじめ、ドイツ、スイスなどの新聞、雑誌にてコラムを連載。著書は世界29ケ国で翻訳。累計売上部数は250万部をこえる。小説家、パイロットでもある。スイス、ベルン在住。

私がチェックしたポイントは

1)考えるより行動しよう
文章を書くための最大の秘訣:何を書くかというアイデアは「考えている時」ではなく「書いている最中」に浮かぶということ。

2)人生において自分が何を求めているかを知るには、何かを始めてみるのが一番だ。

3)あなたに何かを頼もうとする人たちはみんな、あなたから時間や自由な意思を奪おうとしているようなものだ(古代ローマの哲学者セネカ)

4)私たちは「モノ」が与えてくれる幸せの効果を過大評価し「経験」が与えてくれる幸せの効果を過小評価している

5)ひとつでも素晴らしい能力があれば、欠点がいくつあろうと帳消しになる

6)長い時間をかけて一貫して何かに取り組んだ方が、大きな成功が得られる

7)人生の困難は「解決する」より「避ける」ほうが早い

8)世界で起きている出来事は、あなたの責任ではない

9)よい本を選んで二度読む

10)職業上の成功を手にするにも社会の豊かさを実現するにも「専門性」は欠かせない

11)成功とは最高の自分になるために全力を尽くしたあとに得られる、心の平和のことだ
(ジョン・ウッデン:アメリカバスケットボールの名コーチ)

「Think Clearly」最新の学術研修から導いた、よりよい人生を送るための思考法(ロルフ・ドベリ著)
多くのビジネスリーダーに読んでいただきたいお薦めの書籍である。







小森コンサルティングオフィス at 01:04コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ