ボート

2021年09月06日

東京パラリンピック閉幕しました。今回のボランティアはたいへん貴重な体験となりました。

東京パラリンピック閉幕しました。今回のボランティアはたいへん貴重な体験となりました。オリパラで16日間小森はボートの海の森水上競技場にウォーターチームの一員で入りましたが海外トップ選手のサポートができたのは人生で初めてのことでした。

写真はボートレースのスタートでボートホルダーをしている小森です。


20210825_092204

下の写真は水上監視でライフセーバーのレスキューボート(IRB)にから撮影したものです。レスキューボートにはライフセーバー2名とボートのボランティア1名の3名体制で水上からの安全監視をしました。

IMG_20210827_071212


下の写真はシングルスカル(1人乗り)のゴール付近の競技風景です。参加各国の国旗が向こう側に見えてます。

line_36498278088563


下の写真は海の森水上競技場の夕焼けで東京ゲートブリッジが見えてます。直接距離で2000mの競技場でボートの後にカヌーのレースも行われました。


line_36496892247730


海外、国内の選手が最高のパフォーマンスを発揮できるよう「おもてなし」の精神で活動しましたが、選手の皆さんにも貢献できたのではないかと思います。

今後もこのようなボランティアの機会があれば参加したいと思います。

小森コンサルティングオフィス at 09:13コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年08月29日

パラリンピックのボランティアでボート海の森水上競技場に入ってます。昨日は丸川珠代(五輪担当大臣)が来られました

おはようございます。小森は今回の東京オリンピック、パラリンピックのボート海の森水上競技場に15日間ボランティアではいってます。

line_271969874735569

今日8月29日がパラリンピックボートの決勝です。9:30〜10:30がB決勝、10:50〜11:50がA決勝で日本は2種目ともB決勝に進出します。

IMG_20210828_083824

(添付写真)小学生が提供してくれた多くのアサガオは毎朝選手を海の森水上競技場でお迎えします。

IMG_20210828_115027

昨日は丸川珠代(五輪担当大臣)が我々ボランティア激励で海の森水上競技場に来られました。間近でお会いした丸川大臣は明るい笑顔でボランティアとの記念撮影にも応じていただきました。

今回のボランティア参加は小森にとって今までにない貴重な体験となりました。

本日のレースもライブ映像で見ることができます。


 



小森コンサルティングオフィス at 07:02コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年07月22日

オリンピック ボート シングルスカル出場の荒川龍太選手のレースは7月23日です。


オリンピック  ボート  シングルスカル出場の荒川龍太選手のレースは7月23日です。下記のサイトでライブでご覧いただけます。

オリンピック ライブ映像https://www.gorin.jp/live/ROWMSCULL1------------HEAT000600--/

映像のスケジュールはこちらです
https://www.gorin.jp/live/game/ROW/




小森コンサルティングオフィス at 01:31コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年05月04日

戸田マスターズレガッタ(5月3日)に団塊号 玄武クルーとして参戦しました。(埼玉県ボート協会主催)

戸田マスターズレガッタ(5月3日)に団塊号 玄武クルーとして参戦しました。(埼玉県ボート協会主催)

天候にも恵まれ気持ちよく漕げました。

IMG_20210503_171226_660

結果は残念ながらEカテゴリー(50歳代の部)で第3位でした。練習不足、体力不足もあり反省のレースとなりましたが5月末の全日本マスターズレガッタに向けて頑張りたいと思います。

IMGP6371 (2)


エイトは漕手8名、舵手1名の9名でチームを組みますがユニフォーミティが重要です。

整調(漕手の1番前)のリズムに全員が合わせ同じピッチで漕がないとバランスが崩れ目標タイムが出ません。

勝ったクルーはユニフォーミティ、練習量、体力に勝っていたということだと思います。

なにはともあれ、60歳になろうとする年でボート競技に汗を流せるのは幸せなことだと思います。

小森コンサルティングオフィス at 08:56コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年05月01日

コロナ禍でボートの練習は不要不急か?

ボートの練習は不要不急か?

小森はマスターズチームのボート団塊号で毎週日曜に横浜鶴見川漕艇場でエイトの練習をしています。目的は全日本マスターズ(Eカテゴリー)での優勝です。

DSC_0915
写真は瀬田川でのボート団塊号の練習

コロナ禍で「不要不急」という言葉がよく使われます。
ボート練習は不要不急か?は個人で解釈が分かれると思います。ボートは遊びで趣味だという方は不要不急で自粛してもらえばよいと思います。
一方、全日本マスターズレガッタにエントリーする方はアスリートであるといえます。

厳しい練習をして全日本マスターズ優勝という目標を持ち、エントリー料を払って5月末のレースに参加する。
そして週1回(または2回)2時間の定期練習を計画的メニューをもとに実施している。プロではないのでお金はもらっていないがアスリートとしての真面目な活動と言えます。
 
不要不急かどうかは
〔棲里別榲がある、
計画性、期日がある。
真剣に取り組んでいる
という3つのポイントでアスリートとして仕事と同じレベルの活動である。とも言えます。
 
不要不急とは、明確な目的がなく思いつきで遊びに行く、気晴らしに友人と飲みにいく、計画性がなく今日でなくてもいい活動、ということかと思います。

以上、私見ですが、参考にしてください。



小森コンサルティングオフィス at 23:25コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年04月21日

東京都トップアスリート事業「トップアスリート発掘、育成事業(第3期 中学2年生 生徒募集)」

優れた運動能力を有する都内のジュニア選手を、体力テストと競技体験の評価及び面接等の結果から選考し、第
13期生として認定します。認定後は、対象の7つの競技(ボート、ボクシング、レスリング、ウエイトリフティング、
自転車、カヌー(スプリント)、アーチェリー)から選択した競技でトップアスリートを目指します。また、競技分野
のみならず、人間的な成長を促すための様々なプログラムを実施することにより、子供たちの目標になるような人
材を育成します。
優れた運動能力を有する都内のジュニア選手を、体力テストと競技体験の評価及び面接等の結果から選考し、第
13期生として認定します。認定後は、対象の7つの競技(ボート、ボクシング、レスリング、ウエイトリフティング、
自転車、カヌー(スプリント)、アーチェリー)から選択した競技でトップアスリートを目指します。また、競技分野
のみならず、人間的な成長を促すための様々なプログラムを実施することにより、子供たちの目標になるような人
材を育成します。
東京都トップアスリート事業「トップアスリート発掘、育成事業(第3期 中学2年生 生徒募集)」

将来のトップアスリートをめざす中学2年生を募集します。オリンピック、世界選手権を目指しませんか?

優れた運動能力を有する都内のジュニア選手を、体力テストと競技体験の評価及び面接等の結果から選考し、第
13期生として認定します。認定後は、対象の7つの競技(ボート、ボクシング、レスリング、ウエイトリフティング、
自転車、カヌー(スプリント)、アーチェリー)から選択した競技でトップアスリートを目指します。また、競技分野
のみならず、人間的な成長を促すための様々なプログラムを実施することにより、子供たちの目標になるような人
材を育成します。
趣旨:優れた運動能力を有する都内のジュニア選手を、体力テストと競技体験の評価及び面接等の結果から選考し、第13期生として認定します。認定後は、対象の7つの競技(ボート、ボクシング、レスリング、ウエイトリフティング、自転車、カヌー(スプリント)、アーチェリー)から選択した競技でトップアスリートを目指します。また、競技分野のみならず、人間的な成長を促すための様々なプログラムを実施することにより、子供たちの目標になるような人材を育成します。

対象:日本国籍を有し、都内に在住かつ在学する令和3年度中学校2年生に相当する生徒
※ボート又はカヌーを希望する方は、主な練習拠点が東京都東部地区(旧中川)であることを考慮のうえ、お申込みください。

申込方法:下記PDFの申込用紙に必要事項を記入し、郵送でお申込みください。(コピー可)

問い合わせ先:トップアスリート発掘・育成事業事務局
株式会社セレスポ新宿営業所電話︓03-5937-6380(専用)(平日10︓30〜18︓00)

申込用紙(PDF)

 




小森コンサルティングオフィス at 18:27コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年04月13日

早慶レガッタ | The Waseda and Keio Boat Race(隅田川)4月18日オンラインで開催。


第90回 早慶レガッタ | The Waseda and Keio Boat Race(隅田川)4月18日オンラインで開催。



IMG_20210413_092532_390





小森コンサルティングオフィス at 09:42コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年01月18日

ボート仲間の高柳健一氏(MJテクノロジー取締役九州支店長)が建設通信新聞に掲載されました。

おはようございます。

ボート仲間の高柳健一氏(MJテクノロジー取締役九州支店長)が建設通信新聞に掲載されました。
IMG_1345


彼は東大ボート部で主将を務め間組に就職、現在は親日的なミャンマーの技術者をトレーニングして日本に派遣する仕事をしています。

一昨年はヤンゴンで高柳氏と小森のクライアントのミャンマー人経営者と一緒に食事をしました。

高柳氏とはよく一緒に飲みますが明るく、楽しい人柄に元気をもらってます。彼とは大学を超えてボート部出身のビジネス交流会を立ち上げ人脈を広げていく活動をしています。

このように友人が新聞に掲載されるのはいいものですね。

MJテクノロジー



小森コンサルティングオフィス at 22:08コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年12月05日

JBC(ジャパンボートマンクラブ)の「会員の集い」が11月27日に開催しました。


JBC(ジャパンボートマンクラブ)の「会員の集い」を11月27日に開催しました。

JBCでは毎年130名ほどで立食パーティーをしてますが、今年はコロナ禍で初めてのオンラインZoom開催にしました。

JBCはマスターズのボートを楽しむ団体で学生時代にボート部であったメンバーが多く漕ぐ会、懇親会、講演会等を企画しています。

1606517275647


全国から約70名がZoomで参加し、本会場の新宿クルーズクルーズには日本ボート協会の大久保会長、木村理事長、JBC幹部、幹事校の同志社OBの12名が集まりました。

スケジュールは
1)JBCの福田代表の挨拶、
2)日本ボート協会への寄付金贈呈
3)日本ボート協会 大久保会長、木村理事長挨拶、
4)JBC山浦副代表の乾杯でZoom飲み会が始まりました。

IMG_20201130_082808_018
その後、全国ボートマスターズクラブ紹介で北海道から九州の8つのクラブ紹介をZoomでしました。

クラブ紹介の後はブレイクアウトセッションで各8名の小部屋を9グループ用意して自己紹介、懇親会をしてもらいました。最後は佐野JBC幹事長の一本締めで無事にお開きとなりました。

小森はZoomの司会をしましたが、全国のマスターズチームの方がZoomで各エリア紹介をしたことが、たいへん新鮮で高い評価をいただきました。

以下に全国クラブ紹介のプレゼン動画を掲載します。よければご覧ください。

全国クラブ紹介

1)浜寺マスターズクラブ (代表代理 林田尚之)
 https://youtu.be/UFwy4wZzUMQ

2)札幌ボート協会 (会長 中川信治)
 https://youtu.be/PYb2A8Ikpvw

3)九州ローイングマスターズ倶楽部 (代表代理 藤原大典)
 https://youtu.be/zUD5_SxBEEs

4)小野湖ボート協会 (理事 坂本高樹)
 https://youtu.be/ZNKhQwtLA1o

5)関西ボートマン倶楽部 (理事 高橋研志朗)
 https://youtu.be/iXxZ3iAQJ4E

6)島根県ボート協会 (理事長 永井晋作)
 https://youtu.be/tdAMHZGuO-o

7)石川県ボート協会 (理事 谷口文温)
 https://youtu.be/9Hleu5Dio-o

8)ワイルドローバーRC (理事 小関隆一)
 https://youtu.be/D-iErsSVw7o・・



全国のボート仲間と情報交換の機会を持ててよかったです。今後も仲間の輪を広げていきたいと思います。

小森コンサルティングオフィス at 20:27コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月08日

バルセロナ五輪柔道金メダリスト 古賀稔彦氏の講演会を大阪府立八尾高等学校で開催します。

バルセロナ五輪柔道金メダリスト 古賀稔彦氏の講演会を大阪府立八尾高等学校で開催します。

KIMG6011

本講演会は八尾高校体育部OB OG 会40周年記念行事として開催します。

記念講演会

日時  令和2年10月30日(金)14:20~16:20
参加者  八尾高校現役生徒、OB OG 会員、等
定員  800名
場所 八尾高校体育館
申込方法  9月初旬に八尾高校同窓会HP 告知

講演会テーマ 『夢の実現から挑戦することの大切さ』
〜失敗や困難からの大切な学びと金メダル獲得までの道程とは〜
講師  古賀稔彦

注)コロナ対策で体育館入場者数に制限をかける可能性もあります。詳細は9月初旬に八尾高校同窓会HP に掲載します。

KIMG6010

小森は古賀稔彦氏記念講演会のリーダーをやっています。本講演会が生徒にとって楽しく、思いで深い勇気をもらえる講演会にできたらよろしくお願いします。


小森コンサルティングオフィス at 22:50コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月01日

日本ボート協会(Japan Rowing Association)のFace book に同志社大学ボート部150年の歴史が掲載されました。

日本ボート協会(Japan Rowing Association)のFace book に同志社大学ボート部150年の歴史が掲載されました。

IMG_20200529_234642_859


最終ページに小森の名前も掲載されています。どうぞご覧ください。





小森コンサルティングオフィス at 08:07コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年03月02日

2019年のヘッドオブ瀬田(瀬田川を7km漕ぐボートレース)参戦の同志社OB チームWILD ROVER の記事が同志社タイムスに掲載されました。

おはようございます。

2019年のヘッドオブ瀬田(瀬田川を7km漕ぐボートレース)参戦の同志社OB チームWILD ROVER の記事が同志社タイムスに掲載されました。

同志社タイムスは同志社校友会新聞で5万人の読者がいます。

KIMG5596

「ヘッドオブ瀬田」とは毎年行われる瀬田川(琵琶湖の支流)のレースでその年の瀬田の王者をきめようというものです。

同志社大学ボート部OB クルーは3年前から参戦しています。私の年間スケジュールでも恒例の楽しみになっており、レース終了後に飲むビールは格別です。

1573980987092

今年も参戦したいと思います。

同志社校友会


小森コンサルティングオフィス at 07:25コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年12月23日

昨日の日曜は今年の漕ぎ納めを団塊号(マスターズボートチーム)で鶴見川にて行いました。

おはようございます。

昨日の日曜は今年の漕ぎ納めを団塊号(マスターズボートチーム)で鶴見川(横浜市)にて行いました。

P1270248

今年のエイト参加レースは
仝妖長餾(団塊号)
∩監本マスターズ(団塊号)
D日茨戸レガッタ(オール同志社)
こい凌控念レガッタ(団塊号)
ゥ悒奪疋ブ瀬田(オール同志社)
γ古盾レガッタ(団塊号)
РI優棔璽肇泪薀愁(団塊号)
大学OB 対抗レガッタ(横浜鶴見川:団塊号)
でした。

朝日茨戸レガッタと海の森記念レガッタは勝つことができました。

ボートは年をとってもできるスポーツでおすすめです。

横浜市鶴見川漕艇場


小森コンサルティングオフィス at 07:54コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年10月30日

新刊書「アウェイの流儀」〜異なる価値観の楽しみ方〜 林田尚之著 お薦め書籍の紹介です!

新刊書「アウェイの流儀」〜異なる価値観の楽しみ方〜 林田尚之著 を読ませていただきました。
たいへん勉強になるお薦め書籍です!

本書はフランス、上海、日本で勤務経験のある著者が各地での価値観、文化の違いをわかりやすく紹介したものです。日本人が言葉も話せない中、いきなりフランス、中国に赴任するいわゆるアウェイの中で何を経験し、それをどのような心構えで乗り越えたか?実際の体験談が多く語られており、たいへん面白く勉強になります。

hayashida

著者の林田尚之氏は同志社大学卒業、体育会ボート部で主将、株式会社大丸入社、大丸フランス、上海駐在員事務所、上海新世界大丸百貨店新店準備など11年間の海外勤務、2019年独立、株式会社グランビズを設立。インバウンドサービス研修をはじめ、人間力向上を目的とした人材育成コンサルタントとして活動。「インバウンドは平和産業である」が信条。

林田さんは小森の同志社ボート部の先輩です。学生時代はたいへんお世話になりました。

新刊書「アウェイの流儀」〜異なる価値観の楽しみ方〜 林田尚之著 
多くのビジネスパーソンに読んでいただきたいお薦め書籍です!

アマゾンのサイト
林田尚之先生 講演紹介(システムブレーン)
https://www.sbrain.co.jp/keyperson/K-17440.htm 

小森コンサルティングオフィス at 11:14コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年10月01日

同志社創設者、新島襄の渡米を援助したAlpheus Hardy(ワイルドローバー号の船長)の子孫のEdward A Boileauさんからメールをもらいました。

同志社創設者、新島襄の渡米を援助したAlpheus Hardy(ワイルドローバー号の船長)の子孫のEdward A Boileauさんからメールをもらいました。
エドワードさんは先月のボート世界マスターズで小森のチームメンバー(団塊号)に「同志社OB に名刺を渡してくれ。私の祖先は同志社創設者、新島襄と一緒に住んでいた」と声をかけてくれボート仲間からもらった名刺に小森が連絡をしエドワードさんとのメールのやりとりが始まったのです。
来年エドワードさんと同志社ボート部OB で一緒にボートのキャンプをやりたいと思います。

以下エドワードさんからのメールです。
~~~~~~~~~~~~~~~

Dear 小森康充さん
今日は! Hello!
日本語でありがとうございました。  I love the Japanese language. 残念ながら最近。。。使わなかったのでどんどん忘れています。

今日I shall write in English as it is quicker for me, but I would love to use Japanese, when possible!  

I shall reply to your questions:

I'd like to know more information of Joe Nijima & your ancestor.

1)What's your ancestor's name ?  
Alpheus Hardy (my grandmother was a Hardy, the granddaughter of Alpheus Hardy's son, Alpheus Hardy ... My middle name is Alpheus.  Alpheus Hardy, who adopted Nijima was my great great great grandfather).  

Alpheus Hardy's son, also Alpheus Hardy, grew up with Nijima (and Nijima taught him to sail and to juggle... two things he then taught his granddaughter (my grandmother)... and she taught me to both sail and juggle!! :-)... So I have Nijima to thank or these two skills.... 

2)Where (When ) your ancestor lived with Joe Nijima ?  
Joe Nijima lived with them in Boston, I think from 1865 or thereabouts...for about a decade & he went to school with the Hardy children, and spent vacations together... in Bar Harbour, Maine, and near Boston.  Alpheus Hardy's wife treated Nijima as one of her children!  The house where Alpheus Hardy (who was taught to sail and juggle by Nijima) used to summer... I still have for ... sailing, tennis and sculling!!  I shall be there in the middle of October.

3)Why did your ancestor meet Joe Nijima ?  
Nijima came to Boston on one of Alpheus Hardy's boats.  The Wild Rover.  The personal flag for Alpheus Hardy, which flew on the Wild Rover is the symbol I have on my oars!  

I wrote about that on my blog last year: 


The captain of the boat told Alpheus Hardy that Nijima wanted to learn about the West, and wanted to be educated... and the Hardy family, when they met him... were impressed and wanted to help him!!  A desk at my parent's house (in England, we shipped it from Boston about thirty years ago...), where I am now, is the desk that Nijima wrote a letter to Alpheus Hardy on arrival to Boston... to explain why he wanted to leave from Japan and come to the west!  I am typing this email, and shall send it, from the same desk!  My grandmother often spoke about the family link with Nijima and what a wonderful man he had turned out to be... and how her grandfather had flourished with him "in the family"... that is one of the reasons I was interested in Japan (and ended up studying some nihongo!).

The World Masters was great fun!!  

I was a teacher for 16 years, but now I run a sculling course with yoga in France... and will eventually run similar things in the Alpheus Hardy house south of Boston, in the USA, which I now own, but I have to do a lot of work on that house!   

I would love to group to come from Doshisha... and I could help coach (I taught two people who got to the Rio Olympics... and my school rowing program (which I ran for many years) were the first state school rowing program in British history to win "First Eights" at the British National Schools Regatta.  This was my final crew.  I taught them to row well by teaching them to scull in singles, and to do some yoga!).  

If we had some Doshisha masters come with some of the current Doshisha scullers/rowers... that would be fantastic, if we could organise something like that... 
If it went well, I would love to then offer an annual training camp week for Doshisha ... if there is interest... and I do now want to make money out of this... happy to do it!   I will write again nihongo de... it might make sense to eventually do this at the house in the USA, as this is closer to Nijima and the links... and we could perhaps have a course on the life of Nijima in the USA ... and some English language work, and sculling with yoga!!  Active learning!  Would you be able to discuss this with their rowing team and see if there is any interest?  Meanwhile ... we could do a group in France next year, as everything is set up there ... 

But wonderful to hear from you!!   Sending this from the Hardy Nijima desk!
Sincerely,
Edward A. Boileau (Ali)
Instagram: Chez Boileau             


小森コンサルティングオフィス at 23:44コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年09月22日

Business & Rowing 交流会〜人生100年時代の仕事とボートを語る会〜盛況に開催しました。

Business & Rowing 交流会
〜人生100年時代の仕事とボートを語る会〜
9月20日(金)に84名の参加者で盛況に開催できました。ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

当日のレジメと写真をご覧ください。

KIMG4847

第一部の記念講演会は小森が講師。

KIMG4806

内容は1)楽しい人生の5ポイント、2)マネジメントの5ステップ、3)女性活躍のコミュニケーション

KIMG4848

KIMG4849


第二部は懇親会

KIMG4823

KIMG4818

ボート人口は少ないので高校、大学、マスターズチームの枠を越えて交流できればと思います。

今後もボート経験者のビジネス交流会を継続したいと思います。


小森コンサルティングオフィス at 10:12コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年09月17日

鶴見川漕艇場にてオール同志社のOB エイトの乗艇練習を9月14日(土曜)にしました。

鶴見川漕艇場にてオール同志社のOB エイトの乗艇練習を9月14日(土曜)にしました。

DSCN5361(送付用 

関東在住の同志社ボート部OB が集まり月1回の頻度で練習をしています。

DSCN5363(送付用◆

毎週日曜はマスターズボートチームの団塊号でエイトの練習をしていますが、同志社OB チームで参戦するレースもあり定期的に練習をしています。次回は11月16日17日に瀬田川で行われるヘッドオブ瀬田(Head of Seta )という瀬田川を7km漕ぐマラソンレースです。

DSCN5370(送付用)

3年前からマスターズでエイトを漕いでますが、50代になってエイトを漕げるとは思ってなかったので楽しみながらやってます。健康のためにもストレス解消にもスポーツで汗を流すことはいいものですね。

同志社大学ボート部


小森コンサルティングオフィス at 00:18コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年09月09日

祝!同志社大学 全国大学選手権(インカレ)男子舵手付きフォア優勝!

祝!同志社大学 全国大学選手権(インカレ)男子舵手付きフォア優勝!

令和元年9月8日(日) 戸田オリンピックボートコースで行われたインカレの男子舵手付きフォア(舵手1人と漕手4人)のレースで参加40大学の激戦を同志社大学が決勝を制し見事優勝した。

写真表彰式で黒のユニフォーム、金メダルの5人が同志社大学である。

インカレ

予選は参加クルー40大学の激戦であるが準決勝から決勝に残ったのは4大学。

インカレ2

2000mレース結果は 
1位 同志社大学  6分34秒24
2位 立教大学   6分35秒93
3位 早稲田大学  6分36秒96
4位 大阪府立大学 6分39秒03

決勝は4艇競り合いの迫力あるよいレースであった。

ボートのよいところは高校経験者が少なく大学からボートをはじめても全国大会に出場でき、決勝進出、全国制覇も狙えることにある。また種目もシングルスカル(1人)、ダブルスカル(2人)、フォア(舵手あり、なし、漕手4人)、エイト(舵手1人、漕手8人)等多くがあり、各々で表彰が行われる。

マスターズの大会もあり、私のように50歳を過ぎてからも楽しく健康のために漕ぐこともできる。
ボートに多くの方が親しんでもらえれば幸いである。

同志社大学ボート部
https://durc.jp/


小森コンサルティングオフィス at 10:12コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年08月19日

Business&Rowing 交流会開催!!人生100年時代のボートと仕事を語る会。参加者募集中です。

Business&Rowing 交流会開催!!


人生100年時代のボートと仕事を語る会。


学校や職業を超えて、これからの充実した仕事人生とボートライフの実現を目指してボート競技経験者の交流会を開催します。


特に若手の参加を歓迎します。

是非、奮ってご参加下さい。              


開催目的:ボート経験者のビジネスネットワーク拡大・社会人ボート競技者拡大など


開催日:令和元年9月20日(金) 

受付18時〜 開催18時30分〜21時30分


場所 :クルーズクルーズ新宿 

※新宿駅東口徒歩5分新宿区新宿3-5-4レインボービレッジ8F  TEL03-5485-3900

会費 :6000円/人(領収書発行可)


参加条件: ゥ棔璽閥サ桟亳骸圈兵臾魁審判・学連スタッフ経験者含む)

  ◆ジ什濬業中の方(会社/団体勤務・自営業者)、就業予定の方

     .会場内で仕事や競技経歴等の情報公開が可能な方

      ※原則 銑の全ての条件に合致する方


次第 :

1.記念講演 18時半〜19時半

ボートを楽しみ、ビジネスで成功するマネジメント5ステップ

小森コンサルティングオフィス代表 小森康充氏(同志社大OB)

    

2.懇親会 19時半〜21時半  

乾杯:高柳健一氏(パルテ会 東大OB)

      

各首都圏クラブチーム活動紹介、他


開催発起人:小森康充(団塊号、同志社大OB)、高柳健一(パルテ会、東大OB)、寺田喜宣(パルテ会、東北大OB)、池上勝也(団塊号、中大OB)                      

申込書:下記記入の上、8月末までにメール添付かFAX送信で池上宛お送り下さい。


当日は多くの方と名刺交換をしてもらいたいと思います。


メール katsuya.ikegami2@gmail.com  FAX 03-5879-2259

お名前

ご職業、会社名

仕事の分野、内容

メールアドレス







出身校・卒業年度

現在のボート活動

その他 自由記入欄

連絡先(電話/携帯)







申込み用紙のアドレスです


小森コンサルティングオフィス at 00:59コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年07月06日

これからの充実した仕事人生とボートライフの実現を目指してボート競技経験者の交流会を開催します。

Business&Rowing 交流会開催!!


人生100年時代のボートと仕事を語る会。


学校や職業を超えて、これからの充実した仕事人生とボートライフの実現を目指してボート競技経験者の交流会を開催します。


特に若手の参加を歓迎します。

是非、奮ってご参加下さい。              


開催目的:ボート経験者のビジネスネットワーク拡大・社会人ボート競技者拡大など


開催日:令和元年9月20日(金) 

受付18時〜 開催18時30分〜21時30分


場所 :クルーズクルーズ新宿 

※新宿駅東口徒歩5分新宿区新宿3-5-4レインボービレッジ8F  TEL03-5485-3900

会費 :6000円/人(領収書発行可)


参加条件: ゥ棔璽閥サ桟亳骸圈兵臾魁審判・学連スタッフ経験者含む)

  ◆ジ什濬業中の方(会社/団体勤務・自営業者)、就業予定の方

     .会場内で仕事や競技経歴等の情報公開が可能な方

      ※原則 銑の全ての条件に合致する方


次第 :

1.記念講演 18時半〜19時半

ボートを楽しみ、ビジネスで成功するマネジメント5ステップ

小森コンサルティングオフィス代表 小森康充氏(同志社大OB)

    

2.懇親会 19時半〜21時半  

乾杯:高柳健一氏(パルテ会 東大OB)

      

各首都圏クラブチーム活動紹介、他


開催発起人:小森康充(団塊号、同志社大OB)、高柳健一(パルテ会、東大OB)、寺田喜宣(パルテ会、東北大OB)、池上勝也(団塊号、中大OB)                      

申込書:下記記入の上、8月末までにメール添付かFAX送信で池上宛お送り下さい。


メール katsuya.ikegami2@gmail.com  FAX 03-5879-2259

お名前

ご職業

仕事の分野、内容

メールアドレス







出身校・卒業年度

現在のボート活動

その他 自由記入欄

連絡先(電話/携帯)







申込み用紙のアドレスです


小森コンサルティングオフィス at 05:38コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ