オンライン会議(ZOOM)

2020年06月12日

講演テーマ 「コロナ禍に負けない、真の営業とは〜オンラインでのスベらない商談力〜」一般参加者募集中

講演テーマ 「コロナ禍に負けない、真の営業とは オンラインでのスベらない商談力〜」


一般参加者募集中です

               

目的:不況の時こそ売上拡大できる強い営業になる

従来のように顧客とリアルに会うことが困難な現状、オンライン営業を効果的に実施しなくてはなりません。


オンライン営業成功のポイントは3つです。〔榲思考、⊃頼関係構築力、自己重要感、そしてオンラインのZOOMを使いこなすこと。


オンライン営業の手法を身に付けるとリアル営業以上に売上は拡大できます。本講座ではこの実践ポイントを紹介します。


「コロナ禍に負けない真の営業とは」オンラインスベらない商談力セミナー


対象: 営業部課長、営業リーダー、営業

研修: 2時間講演

講義に加えロールプレイ、ワークショップ、アンケート、Q&Aを取り入れ参加型、実践的に行います。


スケジュール

1) 目的思考の重要性 

具測達一の目標設定の原則、効果的アプローチ計画の立て方


2) マグネットセールスになる

 顧客を磁石のように引き付ける営業になるポイントとは


  1.  オンラインツールZOOMを活用した商談手法、電話、メール、との使い分け


  2.  スベらない商談力  購買の大原則、信頼関係構築スキル、顧客の心の窓を開く6つの話法


  3.  自己重要感       大きな売上目標を自ら設定しそれにチャレンジする


多くの営業の参加を期待しています。

「コロナ禍に負けない真の営業とは」
オンラインスベらない商談力セミナー





小森コンサルティングオフィス at 22:19コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年06月02日

【オンライン】コロナ禍に負けない、真の営業とは!スベらない商談力研修の紹介

【オンライン】コロナ禍に負けない、真の営業とは!スベらない商談力研修の紹介!

不況の時こそ売上拡大できる強い営業になる!
  

リモートワークが進み、従来のように顧客とリアルに会うことが困難な現状では、オンライン営業を効果的に実施しなくてはなりません。
オンライン営業成功のポイントは4つです。
 1.目的思考
 2.信頼関係構築力
 3.自己重要感
 4.オンラインツールを使いこなすこと
オンライン営業の手法を身に付けるとリアル営業以上に売上は拡大できます。本講座ではこの実践ポイントを紹介します。
  

●顧客との目的思考の共有化のポイントを学ぶ
●顧客を惹きつける強い営業になる5ステップを学ぶ
●オンラインを活用した商談手法を学ぶ
●顧客の心の窓を開くコミュニケーションスキルを身につける
  
理論的にも正しいことを説明し(Speak to Head)、笑顔が素晴らしく、親切で信頼できる(Speak to Heart)、となると顧客の心の窓が開き、満足度がアップする。優秀なリーダーは、このポイントを心得ており、常に正しい正確な情報を提供すること、その伝え方に好印象を持ってもらうこと。この2つがワークすると相手の心の窓が開き、影響力がアップする。ストーリーマップという信頼関係構築研修のポイントを1枚のイラストで表したシートを活用。学習した内容の記憶効果、復習効果に優れ、楽しく学べるという利点がある。
%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97
(ストーリーマップ)

  

30名
  

2時間講演、1日〜2日研修、3回〜10回のインタバル研修などの日数で対応可能
  

1.目的思考の重要性
 具測達一の目標設定の原則、効果的アプローチ計画の立て方
2.マグネットセールスになる
 顧客を磁石のように引き付ける営業になるポイントとは
3.オンラインツールZOOMを活用した商談手法、電話、メールとの使い分け
4.スベらない商談力
 購買の大原則、信頼関係構築スキル、顧客の心の窓を開く6つの話法
5.自己重要感
 大きな売上目標を自ら設定しそれにチャレンジする


研修会社:かんき出版 教育事業部

 

小森コンサルティングオフィス at 22:07コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月27日

初めてのオンラインZOOM研修「スベらない商談力」を株式会社ノビテクさんで開催しました。

初めてのオンラインZOOM研修「スベらない商談力」を株式会社ノビテクさんで開催しました。(5月25日)準備で映像の映り具合、背景の色、照明の強度を調整し資料の確認をしました。

ZOOM2

集合研修と同じ内容をオンラインZOOMで紹介しましたが違和感なく講義ができました。
ストーリーマップ(研修内容を面白い漫画で表したもの、記憶効果にすぐれ楽しく学べる)を使い実践的に行いました。また相手の心の窓を開く話法のロールプレイも2人ペアーのブレイクアウトセッションに分かれて実施したところ、たいへん盛り上がりました。

KIMG2526

また質問も多く出て小森の実践スキルを紹介しました。ZOOM研修のメリットは、質問がチャットでその場でアウトプットできること。集合研修よりチャットのほうが質問しやすいというメリットがあります。参加者の満足度は高かったようで、参加者の声は「明日から使える実践的な内容を学べました。」「楽しく学べました。沈黙の話法を実践したいです」「優先順位の設定方法の質問に答えてもらい貴重なスキルを教えてもらいました」等の前向きなコメントをいただきました。

「スベらない商談力」ZOOM研修は集合研修と同じ満足度が達成できることがわかりました。

今後はオンライン「スベらない商談力」ZOOM研修をどんどん拡大していきたいと思います。

講演、研修のご依頼は株式会社ノビテク
https://www.nobetech.co.jp/ 

小森コンサルティングオフィス at 23:50コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年04月28日

オンライン会議のZOOMを利用した企業研修は可能です。ZOOMのメリット、デメリットを紹介します。

ビジネスリーダーの皆さんへ

オンライン会議のZOOMを利用した企業研修は可能です。ZOOM研修のポイントとリアル研修に比べたメリット、デメリットを紹介します。

1)研修の3つの形態
.螢▲觚修:従来の研修ルームでの集合研修です。講師と参加者は時間と場所を共有します
▲薀ぅ峺修:オンラインのZOOMを使った研修です。オンライン上ですので講師と参加者は時間は共有しますが場所は共有しません
ビデオ研修:DVD、Youtubeを見ながら個人で都合のよい時に学ぶ研修です。リアルでなく時間も場所も共有しません。
今回のZOOM研修は△砲覆蟾峪奸∋臆端圓PCを通じて繋がります。よって時間は共有しますので質問、ワークショップはできます。

2)ZOOMのコツ
・入室の時間は余裕をもつ
20人〜30人がWEB上で入室しホスト役が入室許可のボタンを押すので時間がかかります。
15分〜10分前の入室が理想です
・カメラの逆光に注意
背景が明るいと顔が暗く映ることがあります。準備段階で自分の顔色、顔の位置をチェックしましょう
・笑顔、表情 、うなずき 、手ぶりを大きくつかう
小さい画面でお互いを見ますので、笑顔、表情、ジェスチャーはオーバーにしたほうがよいです
・名前を呼ぶ
多くの参加者がいますので名前を呼ばないと誰が答えていいのか迷うことがあります

3)ZOOMの機能紹介
・チャット
講師の話を聴きながらチャットで質問を文字で打つことができます
・反応
拍手ボタン、OKボタンがあり、画面にサインが出ますので自分の反応の意思表示ができます
・投票
アンケート機能です。その場で3択質問を講師がして画面上で参加者がボタンを押し、その場で集計、グラフ化ができます
・画面共有
動画、パワポの資料を画面で共有できます。PCで目の前で見れますので研修ルームの後ろの席より明確に見えます
・ブレイクアウトセッション(ワークショップ)
例えば20名の研修で5名x4グループでワークショップをしたいとき、4グループの小部屋に分かれることができます。そこでディスカッションしてまた講師の20名の部屋にもどることが可能です。この機能でワークショップも問題なくできます。
・ホワイトボード機能
画面上のホワイトボードを使い全員で記入できます。例えばワークショップでメンバーが発表用のホワイトボードに意見をまとめそれを保存、全体でそのホワイトボードを使って発表できます

4)ZOOM研修のメリット、デメリット
ZOOM研修のメリットは、

‐貊蠅寮約がない
各自がオフィス、自宅から入れるので電車を使って研修会場に来る必要がない
通勤コスト(時間、交通費)の制約がない
研修会場に通う時間、交通費が必要ない
資料をタイムリーに共有できる
全員がPC(スマホ)の前にいるのでパワポ等の資料をタイムリーに画面に出し共有できる
ぅ▲鵐院璽筏’
その場でアンケート集計できグラフ化できる

ZOOM研修のデメリットは
[彎豐兇ない
講師の情熱、参加者の盛り上がりの空気感が読みずらい
∋談ができない
リアル会場であれば隣同士で軽い雑談ができるがZOOMであれば他のメンバーに声が聞こえてしまう
D校間の研修はできない
PCを見ているので2時間以上の研修は視力の疲れ等もあり困難である。短時間で終えた方が効果的
リアルの1日研修(6時間)をZOOMでやる場合は2時間X3日に分けた方がよい。時間と場所の制約がないので3日に分けても問題ない。
ぜりの雑音が入る可能性がある
オフィスであれば隣のメンバーの電話の声、自宅であれば家族の生活音等
小部屋を用意したほうがよい、ヘッドセットをすることで回りの音は遮断できる
PC,通信環境で入れなくなる危険性がある
PC,通信環境を準備確認する。バックアップのスマホを用意しておく

以上、私も最近は毎日ZOOM会議をしていますが慣れたら違和感なくでき、研修ワークショップのデモもやりましたが問題なくできました。

今後は研修を延期、中止にするのではなくZOOM研修を活用してタイムリーにスキルを学び、ビジネスの成果につなげることが重要であると思います。

ZoomのURL
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

 

小森コンサルティングオフィス at 16:21コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ