お客様は宝物

2020年04月22日

「スベらない商談力」(かんき出版)より「買ってくれないお客様は将来の宝物」

営業リーダーの皆さんへ

営業にとって最も重要なことは何でしょう。いくつかのポイントがあると思いますが、今日はその中の1つ「スベらない商談力」(かんき出版)より「買ってくれないお客様は将来の宝物」を紹介しましょう。

営業は常に「成功のイメージ」を描くことが重要です。

今日、冷たくあしらわれて買っていただけなかったお客様がいたとします。
このお客様をあなたはどう考えるでしょうか?

。ケ月後、3ケ月後、1年後、必ず素晴らしいお客様になっていただける

△匹Δ伺磴辰討れない。ケチだし、性格も悪そうだ

,塙佑┐襪△塙佑┐襪。ここが将来の成約率が上がるかどうかの大きな分かれ目です。

ランキングPOP

将来、契約を取り付けるのは、間違いなく,痢嵒ずすばらしいお客様になってくれる」
と考える営業です。

すばらしいお客様とイメージできるかどうか。お客様を「宝物」と思うことができるかどうかで、将来の結果は見事に違ってきます。

大事なポイントは過去ではなく将来にフォーカスすること。ポジティブなイメージを持つことです。

そのことで笑顔で2回目に訪問できるのです。楽しい気持ちで電話もできます。

「すべてのお客様は宝物」実践してみてください。


スベらない商談力
小森 康充
かんき出版
2009-03-17

 

小森コンサルティングオフィス at 22:53コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年03月09日

「お客様は宝物である」その気持ちが相手との信頼関係構築のポイントです。「スベらない商談力」より

「お客様は宝物である」

このマインドセットが、お客様との信頼関係構築の扉を開きます。

お客様を宝物と思えば、「お客様の話を聞こう」という気持ちになります。

お客様を宝物と思えば、「お客様の望んでいるものを提供したい」という気持ちになります。

お客様を宝物と思えば、「お客様が大事にされているものを自分も大事である」という気持ちになります。

661e363e986d063ee8be.jpg


上記の漫画は、「スベらない商談力」研修のストーリーマップの一部です。

「相手を宝物であると思う」の信頼関係構築のポイントの1つを描いています。

(似顔絵白黒部門 世界チャンピオンのケンイチさん作)

地球儀のような球をだっこして「いい子、いい子」と愛情込めてナフキンで拭いている様子です。

ケンイチさんは「相手を宝物であると思う」をこう描いてくれました。

お客様を宝物であると思う気持ちから、お客様の心の窓は開いてきます。

気難しいお客様ほど宝物。

クレームを言われるお客様も宝物。

買ってくれないお客様も宝物。

お客様のみならず、家族、友人、会社メンバー、自分の周りにいる方すべてが宝物。

この気持ちになった時に自分の心構え、行動は変わってきます。

今日から実践してください。






小森コンサルティングオフィス at 11:33コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ