オンライン研修

2020年11月07日

オンライン「スベらない商談力」研修の動画撮影のリハーサルを行いました。

オンライン「スベらない商談力」研修の動画撮影のリハーサルを行いました。
撮影専門の個室に入り、1人でカメラに向かって動画撮影をやります。

オンライン研修

 TVのアナウンサーになった気分ですが、カメラの向こうには参加者の皆さんがいることを想像しながら撮影することになります。

オンライン研修 ストーリーマップ

ストーリーマップを資料共有しながら、信頼関係構築のポイントを紹介します。
動画研修のメリットは一度に多くの参加者に見てもらえることです。北海道から九州までの多くの受講者が各自都合の良い時間に視聴できることもメリットになります。
また研修会場まで足を運ばないことで、移動時間、交通費の削減というメリットもあります。

今までは当たり前のように会場に集合していた研修も、コロナ禍からオンライン研修でやろうという方針に企業も変わってきています。

今回のクライアントの要望は、動画とワークショップの組み合わせ研修です。動画視聴を2回受講者に見てもらい、3回目で小森の集合研修をします。3回連続研修ではじめて2回は動画視聴、最後の3回目が集合研修でワークショップ、ロールプレイを中心になるというイメージです。

オンラインでも準備次第で集合研修と変わらない効果を出すことは可能です。
これからはオンライン研修の時代になると思います。

スベらない商談力
小森 康充
かんき出版
2009-03-17







小森コンサルティングオフィス at 23:07コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年11月02日

「コロナ禍はチャンス 売上を2倍にする3ポイント」〜オンライン スベらない商談力〜記事の紹介(システムブレーン)


おはようございます。
小森の執筆記事が講演紹介のシステムブレーンのHPで紹介されました。


「コロナ禍はチャンス 売上を2倍にする3ポイント」
オンライン スベらない商談力


コロナは売上拡大のチャンスである。オンラインツールを有効に使いこなすことができると売上拡大は充分可能である。そのことのポイントを紹介するのが、下記の記事である。多くのビジネスリーダーに読んでもらいたい。





小森コンサルティングオフィス at 22:37コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月07日

オンライン研修のZOOM使用でセキュリティの脆弱性を心配されるクライアントがあります。よくある質問と答えを紹介します。

オンライン研修のZOOMでセキュリティの脆弱性を心配されるクライアントがあります。質問と答えを紹介します。

(質問)セキュリティの脆弱性問題でZOOMは危ないと言われてますがどうですか?

(答え)結論からいうとZOOMのセキュリティは問題ありません。

セキュリティで問題のあったのは過去の話でZOOM会議のアドレスが関係ない人にもれてしまい、その人が会議に参加して会議が混乱したというものです。これを防ぐのが「待合室機能」です。ZOOMアドレスをクリックするとすぐに会議室に入れるのではなく「待合室」に入ります。そこでホストが名前を確認してこの人は招待した人だ、と確認の上、承認ボタンを押すと会議に入れます。知らない人が待合室に来れば承認ボタンを押さなければよいのですまたホストは会議室に外部者が入っているのを見つけると強制退去させることもできます。

最近はZOOMもチームス(マイクロソフト)もセキュリティはかなり強化されています。ITシステムは日進月歩です。人によってはチームスが安心だという人もいますが、ZOOMもチームスもかなり高いセキュリティレベルでの話であるということです。もちろんITのことなので100%安全とはいえません。ただそれはチームスでもグーグルミーツでもその他のシステムすべてに言えることです。現在は特別にZOOMがあぶないということではありません。

あと研修講師の立場から言いますと、研修は企業秘密の資料を扱うものではありません。万が一外部侵入者がZOOM研修に入ったとしても研修パワポが盗まれるくらいで企業、講師には何の実害もないのです。その意味では研修はZOOMを使ったほうがやりやすいです。

ただ企業の役員ミーティング、プロジェクトミーティングはチームスを使うということでなんら問題はありません。

会議はチームス、研修はZOOMの使い分けはオススメです。

企業はチームスを有料契約し、研修は研修講師がZOOMホストでやればZOOMの企業負担はないわけです。


小森コンサルティングオフィス at 13:16コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年06月18日

昨日の「コロナ禍に負けない真の営業とは」〜オンライン スベらない商談力〜セミナー 80名の申し込みで盛況に終了できました。

昨日の「コロナ禍に負けない真の営業とは」〜オンライン スベらない商談力〜セミナー
80名の申し込みで盛況に終了できました。(主催:株式会社ぺルソン)

ぺルソン1

セミナーは2時間で講義に加えブレイクアウトセッションのワークショップ(4人〜6人)、ロールプレイ(2人、3人)も盛り込み、投票アンケートも2回入れた参加型、実践的に行いました。

ZOOMオンライン研修でもワークショップが小部屋に分かれ5人、6人でできることを参加者の皆さんが体験できたことは貴重な経験であったようです。

内容は1)スベらない商談力、2)目標設定の重要性、3)自己重要感の高め方、4)マグネットセールスになるポイント、5)オンラインZOOMを活用した営業手法、を紹介しました。

参加者の満足度はたいへん高いもので、以下の感想をいただきました。

セミナー参加者の感想
・ZOOMに触れる事が今回初めてであった。率直に新鮮なセミナーであった。ZOOMを取
り入れる事で得られるメリットを知る事ができた事。
・効果的訪問計画はすぐに実践しようと思った。
・沈黙の大切さ。focusもやってみたいと思います。大変参考になりました。ありがとうございました。
・クロージングの大切さが分かった。営業をオンライン化して生産性を上げていく必要性を感じた。
・ZOOMでの積極的な商談の仕掛け","トップセールスの極意"
・全く知らない人といきなりのグループワークは新鮮でためになりました。
・相手が心の窓を開く6つの応答
・例証の多さが深い理解につながったと思います。
・商談で効果的な6つのキーワードが実践しやすく、勉強になりました。
・クロージングの方法が参考になりました。決めてもらうためにするアクションを早速試
してみたいと思います。
・商談時間ではなく回数が重要、ここに若手の活きる道がある
・商品説明について 特徴より利点をという話","契約への結び付け方について
・商談の際のクロージングについての話は印象に残りました。自分はしっかりとクロージングが行えておらず、今後意識したいと感じました。
・入社1-3年目という若い営業パーソンにとって、有意義な内容でありました。特にオンラインという形でこれだけできるという実体験ができたのもよかったといえます。
・具体的な方法を教えていただけて、実践に移しやすいと思いました。特に、話法の順番
・右脳と左脳を交互に使った話方が印象に残っています。商談スキルなど、また小森先生の講義の機会があれば受講したいと思います。
・自分から沈黙をやぶらないという点が驚きでした。
・営業のポイント、現在の環境変化の中での対応等を要点や優先順位をつけ分かりやすくプレゼンしていただき、自らを整理することが出来ました。今後、資料を反芻することで、体内化に繋げたいと考えます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今後も「コロナ禍に負けない真の営業とは」オンライン スベらない商談力研修を多くの企業で開催したいと思います。










小森コンサルティングオフィス at 23:38コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年06月02日

【オンライン】コロナ禍に負けない、真の営業とは!スベらない商談力研修の紹介

【オンライン】コロナ禍に負けない、真の営業とは!スベらない商談力研修の紹介!

不況の時こそ売上拡大できる強い営業になる!
  

リモートワークが進み、従来のように顧客とリアルに会うことが困難な現状では、オンライン営業を効果的に実施しなくてはなりません。
オンライン営業成功のポイントは4つです。
 1.目的思考
 2.信頼関係構築力
 3.自己重要感
 4.オンラインツールを使いこなすこと
オンライン営業の手法を身に付けるとリアル営業以上に売上は拡大できます。本講座ではこの実践ポイントを紹介します。
  

●顧客との目的思考の共有化のポイントを学ぶ
●顧客を惹きつける強い営業になる5ステップを学ぶ
●オンラインを活用した商談手法を学ぶ
●顧客の心の窓を開くコミュニケーションスキルを身につける
  
理論的にも正しいことを説明し(Speak to Head)、笑顔が素晴らしく、親切で信頼できる(Speak to Heart)、となると顧客の心の窓が開き、満足度がアップする。優秀なリーダーは、このポイントを心得ており、常に正しい正確な情報を提供すること、その伝え方に好印象を持ってもらうこと。この2つがワークすると相手の心の窓が開き、影響力がアップする。ストーリーマップという信頼関係構築研修のポイントを1枚のイラストで表したシートを活用。学習した内容の記憶効果、復習効果に優れ、楽しく学べるという利点がある。
%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97
(ストーリーマップ)

  

30名
  

2時間講演、1日〜2日研修、3回〜10回のインタバル研修などの日数で対応可能
  

1.目的思考の重要性
 具測達一の目標設定の原則、効果的アプローチ計画の立て方
2.マグネットセールスになる
 顧客を磁石のように引き付ける営業になるポイントとは
3.オンラインツールZOOMを活用した商談手法、電話、メールとの使い分け
4.スベらない商談力
 購買の大原則、信頼関係構築スキル、顧客の心の窓を開く6つの話法
5.自己重要感
 大きな売上目標を自ら設定しそれにチャレンジする


研修会社:かんき出版 教育事業部

 

小森コンサルティングオフィス at 22:07コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月08日

Good News! 初めての「スベらない商談力」ZOOM研修が決定しました。これからはオンライン研修の時代です。

Good News! 初めての「スベらない商談力」ZOOM研修が決定しました。

コロナウイルスの影響で4月から5月まですべての企業研修が延期になっていました。そこでZOOM研修をエージェント経由で提案していたところ6月開催の「スベらない商談力」研修でクライアント企業が「リアル研修ができなければZOOM研修でやる。延期ばかりしていると人材育成に遅れが出る」と言ってくれたのです。やりました!オンライン研修の幕開けです。

ZOOMは皆さんご存知と思いますがプロ有料契約(月2000円)で時間無制限、ブレイクアウトセッションでワークショップもできます。

オンライン研修成功のポイントはリアル研修の臨場感、参加者と講師のインタラクティブコミュニケーションをどのように盛り上げるかです。

そこでZOOMと併用して使おうとしているのはSparkupというツールです。参加者からの声をリアルタイムでまとめ全員で共有できるのがメリットです。アイスブレイキングで盛り上げる効果もあります。昨日Sparkup社とZOOMミーティングをしたのですが、イメージとして参加者はPCでZOOMに入りスマホでSparkupに入ります。

講師の用意したアンケート質問(3択〜5択)の答えをスマホでするとリアルに全体数字がPC画面にグラフ化されます。これだけだとZOOMでもできますが、参加者の文章の感想文もキーワードからリアルにアンケート化できPC画面に出すことができます。これが参加者のエンゲージメントを高める有効なツールになる理由です。

研修アンケートも今までは研修終了後にアンケート用紙を書いてもらい、それを主催者が集めて集計し数日後にフィードバックすることが多いでしょう。時間も手間暇もかかります。その作業がなくなり参加者、主催者、講師は研修の中でアンケート結果をグラフ化した数字で知ることができるのです。これが生産性アップにつながります。

また研修資料(PDF)も参加者はスマホからダウンロードでき、資料をメールで送る必要もなく紙の資料をコピー配布する必要もなくなります。私も勉強中ですが研修にはたいへん有効なツールであると思います。

これからの講演会、研修はオンライン化が急速に進むでしょう。私も初めはオンラインでは研修効果は限られると思っていましたが、今はAI、WEBの時代です。オンライン研修はリアル研修ではできないことができるメリットもあります。ポイントはZOOMだけに頼らず様々なツールを同時活用することです。

小森コンサルティングオフィスはスピード感を持ってオンライン研修を実施していきます。いつまでも研修を延期をして被害を受けるのは参加者です。新人研修も営業研修も受けられずモティベーションは落ち業績もダウンするでしょう。コロナでダウンするのではありません。研修主催者がオンライン研修の決断力がないから人材育成に遅れが出るのです。今からオンライン研修を始めましょう。小森コンサルティングオフィスは研修エージェントとともにオンライン研修をサポートします。

小森が勉強中のオンライン研修に効果的なツールです。

Sparkup(スパークアップ)
https://sparkup.app/ja/ 

G-suite
https://gsuite.google.com/

脳科学とIT 技術を組み合わせた最先端のラーニングシステム
http://axonify-jp.com/

オンライン研修(ワークショップ)
https://remo.co/

slack
https://slack.com/intl/ja-jp/



小森コンサルティングオフィス at 12:13コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年04月28日

オンライン会議のZOOMを利用した企業研修は可能です。ZOOMのメリット、デメリットを紹介します。

ビジネスリーダーの皆さんへ

オンライン会議のZOOMを利用した企業研修は可能です。ZOOM研修のポイントとリアル研修に比べたメリット、デメリットを紹介します。

1)研修の3つの形態
.螢▲觚修:従来の研修ルームでの集合研修です。講師と参加者は時間と場所を共有します
▲薀ぅ峺修:オンラインのZOOMを使った研修です。オンライン上ですので講師と参加者は時間は共有しますが場所は共有しません
ビデオ研修:DVD、Youtubeを見ながら個人で都合のよい時に学ぶ研修です。リアルでなく時間も場所も共有しません。
今回のZOOM研修は△砲覆蟾峪奸∋臆端圓PCを通じて繋がります。よって時間は共有しますので質問、ワークショップはできます。

2)ZOOMのコツ
・入室の時間は余裕をもつ
20人〜30人がWEB上で入室しホスト役が入室許可のボタンを押すので時間がかかります。
15分〜10分前の入室が理想です
・カメラの逆光に注意
背景が明るいと顔が暗く映ることがあります。準備段階で自分の顔色、顔の位置をチェックしましょう
・笑顔、表情 、うなずき 、手ぶりを大きくつかう
小さい画面でお互いを見ますので、笑顔、表情、ジェスチャーはオーバーにしたほうがよいです
・名前を呼ぶ
多くの参加者がいますので名前を呼ばないと誰が答えていいのか迷うことがあります

3)ZOOMの機能紹介
・チャット
講師の話を聴きながらチャットで質問を文字で打つことができます
・反応
拍手ボタン、OKボタンがあり、画面にサインが出ますので自分の反応の意思表示ができます
・投票
アンケート機能です。その場で3択質問を講師がして画面上で参加者がボタンを押し、その場で集計、グラフ化ができます
・画面共有
動画、パワポの資料を画面で共有できます。PCで目の前で見れますので研修ルームの後ろの席より明確に見えます
・ブレイクアウトセッション(ワークショップ)
例えば20名の研修で5名x4グループでワークショップをしたいとき、4グループの小部屋に分かれることができます。そこでディスカッションしてまた講師の20名の部屋にもどることが可能です。この機能でワークショップも問題なくできます。
・ホワイトボード機能
画面上のホワイトボードを使い全員で記入できます。例えばワークショップでメンバーが発表用のホワイトボードに意見をまとめそれを保存、全体でそのホワイトボードを使って発表できます

4)ZOOM研修のメリット、デメリット
ZOOM研修のメリットは、

‐貊蠅寮約がない
各自がオフィス、自宅から入れるので電車を使って研修会場に来る必要がない
通勤コスト(時間、交通費)の制約がない
研修会場に通う時間、交通費が必要ない
資料をタイムリーに共有できる
全員がPC(スマホ)の前にいるのでパワポ等の資料をタイムリーに画面に出し共有できる
ぅ▲鵐院璽筏’
その場でアンケート集計できグラフ化できる

ZOOM研修のデメリットは
[彎豐兇ない
講師の情熱、参加者の盛り上がりの空気感が読みずらい
∋談ができない
リアル会場であれば隣同士で軽い雑談ができるがZOOMであれば他のメンバーに声が聞こえてしまう
D校間の研修はできない
PCを見ているので2時間以上の研修は視力の疲れ等もあり困難である。短時間で終えた方が効果的
リアルの1日研修(6時間)をZOOMでやる場合は2時間X3日に分けた方がよい。時間と場所の制約がないので3日に分けても問題ない。
ぜりの雑音が入る可能性がある
オフィスであれば隣のメンバーの電話の声、自宅であれば家族の生活音等
小部屋を用意したほうがよい、ヘッドセットをすることで回りの音は遮断できる
PC,通信環境で入れなくなる危険性がある
PC,通信環境を準備確認する。バックアップのスマホを用意しておく

以上、私も最近は毎日ZOOM会議をしていますが慣れたら違和感なくでき、研修ワークショップのデモもやりましたが問題なくできました。

今後は研修を延期、中止にするのではなくZOOM研修を活用してタイムリーにスキルを学び、ビジネスの成果につなげることが重要であると思います。

ZoomのURL
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

 

小森コンサルティングオフィス at 16:21コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ