キャリアデザイン

2009年11月12日

アイセックのイベントでコーディネーターをしました! 5

11月10日、特定非営利活動法人アイセックジャパンの「キャリアデザインセミナー2009」でパネルディスカッションのコーディネーターをしました。

京都大学の教室で就職活動中の学生さんが、76名参加されました。

アイセックのHP
http://www.aiesec.jp/cdss/cdss_w.html

パネリストは、旭化成株式会社、丸紅株式会社、日本電産株式会社より海外勤務経験のある方が各会社より選任され、参加されました。

内容は、

海外でのビジネスおいて成功例と失敗例

グローバルなキャリアで成功する資質とは何か

学生時代のすごし方へのアドバイス

であった。

ポイントは、海外でのビジネスにおける成功するビジネスマンのポイントは、

1)相手を理解しようとする思いやりの気持ち

2)知性と教養、特に日本に知識を身につけること

3)外国人と一緒に食事をして、相手より楽しいと思ってもらうこと

4)王道を行くこと

5)良い友達をたくさん作ること

一言で言うと「魅力的な人」である。

特に印象に残ったのは、英語の勉強よりも「日本のことを良く知る」ことが大事。

外国人は、自国に対して誇りを持っており、そのことを相手に伝えることができる。

ところが日本人は、意外と日本の文化、政治、歴史を知識と教養で身につけ、それを外国人に語ることができない人が多い。

例えば外国人より「靖国神社の問題は、どのようなもので、あなたの意見はどのように思うか?」
と聞かれ、的確に説明できるであろうか?

以外と難しいものである。

海外のビジネス社会で、外国人から「この日本人は、一緒に話をして楽しい」と思われるためには、情報を与えることが重要である。

情報とは、仕事上の話のみならず、幅広い知性と教養である。

グローバルで通用するビジネスマンになるには、相手から信頼されることが大事。

基本は人と人である。

参加された学生さんが、将来グローバルで活躍され、すばらしいリーダーシップを発揮されることを期待したい。

すばらしいパネルディスカッションに感謝である。






アイセックアイセック


小森コンサルティングオフィス at 03:54コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ