ジェームスハンター著

2012年06月04日

「サーバントリーダー」 〜権力ではない権威を求めよ〜 ジェームスハンター著(おすすめ書籍)

サーバント・リーダー 「権力」ではない。「権威」を求めよ
サーバント・リーダー 「権力」ではない。「権威」を求めよ
クチコミを見る


おすすめ書籍の紹介です。

「サーバントリーダー」 〜権力ではない権威を求めよ〜 ジェームスハンター著 を読んでいる。

たいへん面白い。 「俺に着いて来い」というトップダウンリーダーではなく、部下に影響力を与えるサーバントリーダーのポイントが、修道院で過ごす物語形式で描かれている。

1日目 リーダーが見落としているもの
2日目 殻を破り、逆転の発想を
3日目 「奉仕」と「犠牲」とリーダーシップ
4日目 「行為」としての愛について
5日目 メンバーが成長できる環境とは
6日目 どう行動するかを選びとるとき
7日目 リーダーに対する真の報酬

私がチェックしたポイントは、

1)リーダーシップとは、共通の利益になると見なされた目標に向かって熱心に働くよう、人々に影響を与える技能

2)私たちは世界をそのまま見るのではなく、私たち自身を反映して見る

3)リーダーになりたいものは、まず奉仕者でなければならない。導きたければ、奉仕しなければならない。
(イエスキリスト)

4)選手や仲間を必ずしも好きになる必要はないが、リーダーとしては彼らを愛さなければならない。愛は忠義、愛はチームワーク、愛は個人の威厳を尊重する。これはどんな組織にとっても強みだ。(ヴィンス、ロンバルディ:アメリカンフットボール コーチ)

5)愛とは行為である。隣人は気難しい人で、好きになれないかもしれないが、それでも親切に接することはできる。

6)メンバーを愛し、彼らの為に努力することを選択すれば、必然的にわたしたちは、忍耐、優しさ、謙虚、敬意、無私、許し、正直、献身を求められます。

7)いいセラピストは、患者のために健全な環境を作る人です。そのために敬意や信用、受容、献身に基づく愛情のある関係を築く。心休まる安全な環境ができれば、患者は自ら治療していけるのです。

8)我々が何を考え信じるかは、結局はほとんど意味がない。唯一意味があるのは、何をするかだ。(ジョンラスキン)

9)90歳以上の人、100人を対象にした社会学の調査結果。質問「もう一度人生をやりなおすとしたら、自らの行動をどう変えたいですか?」上位3つの答えは、「もっと危険をおかす」「もっと考える」「もっと後世に残ることをする」

10)結婚のいいところのひとつは、自己中心的な考え方を脱して成長する機会を得られること。

「サーバントリーダー」 ジェームスハンター著 お奨めの書籍です。




小森コンサルティングオフィス at 22:37コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ