ストレス

2016年03月28日

「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」 エックハルト・トール著(徳間書店)オススメ書籍の紹介



「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」 エックハルト・トール著(徳間書店)を読んでいる。

たいへん面白く勉強になる。著者のエックハルト・トール氏は、ドイツ生まれ、ロンドン大学からケンブリッジ大学研究員、指導教官となる。現在はカウンセラー、世界各地で講演活動をしている。

ビジネスマンの皆さんは日々、人間関係、仕事業績の達成等でストレスの多い状況ではないでしょうか?

本書は、心の持ち方、思考を変えるだけでストレスが削減され、楽しく毎日が送れるポイントを紹介してくれます。

私がチェックしたポイントは、

〇弭佑髻嵋榲の自分」だと思い込むことは、大きな錯覚です。本来使われるはずの道具が、主人を使ってしまうことになります

△錣燭靴燭舛龍譴靴澆里曚箸鵑匹蓮⊆造蓮⊆分でつくっているものです

思考は過去、未来という時間の概念なしには、機能できないのです

いこなうことで達成できる結果よりも、行動そのものに、焦点を当てるようにすること

ァ屬い沺△海僚峇屐廚鯊砂鼎靴燭箸燭鵝不幸と苦悩はすべて消え去り、人生は喜びと安らぎとともに、スムーズに流れはじめます

Ε好肇譽垢蓮◆屬海魁廚砲い襪里法屬修魁廚砲い燭い隼廚Δ海箸筺◆峺什漾廚砲い覆ら「未来」にいたいと思うことで生まれるのです

Ф軌蕕箸蓮教師と生徒の共同作業である

─崢戚曄廚鯤垢ことが、てっとり早く「いまに在る」ようになれるための方法です。
たとえ雑音があっても音と音のすきまに、必ず「沈黙」が存在するのです。「沈黙」を聞くと、思考活動が止みます。内面が静止していなければ、外界の沈黙を感じることはできません

人の話を聞くときには、頭だけで聞かないで、「からだ全体で」聞くように心がけること

あなたの運命に織り込まれた模様は、たとえどんなものでも受け入れなさい。それ以上にあなたの必要に、ぴったり適合したものはないからです。(マルクス・アウレリウス:古代ローマ皇帝、哲学者)

「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」 エックハルト・トール著(徳間書店)楽しく読めるオススメの書籍です。



小森コンサルティングオフィス at 14:58コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年08月10日

メールでのコミュニケーションの注意点

営業研修の講師をしていてよく質問を受けます。

「社内メールが1日200通くらいきて困っています。メール処理だけで1日が終わってしまいます。どうすればいいでしょうか?」

多くのビジネスマンが社内メールの多さにストレスを感じているようである。またメールのコミュニケーションは、気をつけないといけないポイントがある。

人が人に何かを伝えるコミュニケーションは大きく2つに分けることができます。

1)単なる伝達事項

これは相手に伝える内容が、知っておいてもらったらいいという内容で、特に行動を要求しないもの

例)他部署の人事異動の連絡、今月末の社内会議の時間と会議室の連絡 等

2)伝達して相手にアクション(行動)をリクエストするもの

例)次回月末会議で冒頭10分間でオープニングスピーチを依頼する
営業マンに得意先のアンケートを依頼して商談でヒアリング、レポートで報告をしてもらう

上記1の単なる伝達事項の場合は、メールでOK

2の相手に行動を依頼する内容については、メールではなく、直接会って依頼する、または電話で相手の了解をとる。

今の各企業のコミュニケーション問題は、上記1,2にかかわらず、すべてをメールでしてしまっている会社が多いことである。

人と人とのコミュニケーションは、相手の心の窓を開くことです。相手の心の窓の状況によって、コミュニケーションの話法を変更していくことが必要です。

こちらの依頼事項を、相手が笑顔で喜んで引き受けてくれそうか? また難しい顔をして、引き受けたくないという心理状態なのか? これは会って話をして、相手の顔色を確認する必要がある。メールでは相手の心の窓の状態がわからないのである。

メールは単なる伝達事項の場合は便利なツールであるが、人を説得するには、効果的なツールではない。

インターネットの時代に逆行するが、私はメール反対派である。

コミュニケーションとは、運動がてらにフロアーを降りて相手のデスクに行き、「こんにちは〜」と笑顔であいさつし、依頼事項を説明して相手の心の窓を開いて、合意を得る。これがコミュニケーションである。

Face to Face のリアルなコミュニケーション。これが重要である。

コミュニケーションの原則は、相手の心の窓を開くこと。

社内のチームメンバー、お客さんの心の窓は開いていますか?





小森コンサルティングオフィス at 10:12コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ