トレーニングサイクル

2019年02月05日

「効果的OJTトレーニングのサイクル(4ステップ)」とは?(垢、見る、やる、す佑┐襪裡乾好謄奪廚キーポイントである。講演動画の紹介。

「効果的OJTトレーニングのサイクル(4ステップ)」とは?(垢、見る、やる、す佑┐襪裡乾好謄奪廚キーポイントである。

効果的人材育成の手法を紹介します。人がものを学ぶポイントは(垢い導悗屐↓見て学ぶ、やってみて学ぶ、す佑┐導悗屐△裡瓦弔任后とするなら、OJTトレーニングでこの4つを順番に組み合わせたトレーニングが最も効果的であるということができます。

今から教えることを部下に(垢せて覚えさせる、⊂綮覆良い見本を見せる、I下にやらせる、ぞ綮覆班下で話し合いをする。ここのポイントは上司が聞き役になって部下に多く話させること。人は話しながら考えをまとめていきネクストステップを決定できる。

KIMG2411

人材育成のポイントは書籍「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)第2章に紹介しています。
写真は「部下育成OJT」研修のストーリーマップです。

「トレーニングのサイクル」講演動画の紹介です。どうぞご覧ください。
(昨年の紀伊国屋書店梅田本店の講演会)
https://youtu.be/rC5Jra_CgJw



 

小森コンサルティングオフィス at 13:41コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年11月29日

部下育成OJTの「効果的なトレーニングの4つのサイクル」とは?<説明>→<見本>→<やらせる>→<話し合い>である。

部下育成OJTの「効果的なトレーニングの4つのサイクル」とは?

<\睫澄笄<見本>→<やらせる>→<は辰傾腓ぁ笋任△襦

image


連合艦隊司令長官の山本五十六長官の有名な人材育成の言葉に

「やって見せ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」

というのがあります。

まさに人材育成とは上司が見本を見せ、説明して、やらせて、良くできたポイントを褒めてあげないと人は育たないのです。

効果的トレーニングサイクルの

<\睫澄笄<見本>→<やらせる>→<は辰傾腓ぁ

の4つを的確に伝達されています。

上司は部下に対して「これをしなさい」「あれをしなさい」と命令するのではなく、何をどのように何故するのかを<\睫澄笋垢襪里任后

次に具体的にどのように手足を動かしてするのかをしっかりと<見本を見せる>のです。

そして今説明したとうりに、見本を見せたとうりに<やらせる>のです。

最後にやってみてどうだったかを上司はよい質問をして部下に答えさせます。<は辰傾腓ぁ

ここでは改善ポイントの答えを上司がすぐに指摘するのではなく、部下に考えさせて答えを導くところがポイントです。

上司の質問は「今やってみてどうだった?」

「何ができて何ができなかったかな?」

「次は何を改善しようか?」

「私がやった見本と今君がやったことは何が違ったかな?」

これが効果的話し合いの質問です。OJTとは部下自らが考えて頭の中を回転させることです。

このポイントがOJT同行の行動に落とし込まれると部下のやる気がアップし業績向上に結びつくのです。

今日から実践してください。

詳しくは書籍「リーダー3年目からの教科書」に紹介していますのでよければご覧ください。





小森コンサルティングオフィス at 14:51コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ