フォローアップシート

2011年12月13日

フォローシートの重要性

商談力伝道師の小森康充です。

今日は、フォローシートの重要性についてお話します。

ビジネスマンの皆さんは、会社から様々なレポート提出を依頼されていると思います。

結果報告レポート、週間報告書、月間レポート、商談報告書、 日報 等

私は現在年間200回ほど講演、研修をしていますが、一般的に言われていることは、研修しても3ケ月たつと、受講者のほとんどが内容を忘れてしまう。らしいです。

これでは意味がありません。ではどうすればよいのでしょうか?

研修には、フォローアップが必要なのです。1回の研修で終わらず何らかのフォローを継続実施することです。

その方法の1つに研修フォローシートの活用があります。

研修で学んだスキル、手法を仕事の現場でどのように活用して、どのような結果が出ているのか?

をレポートで記入して上司に提出するのです。自分自身の意識づけにもなります。

すなわちフォローアップシートとは、研修で学んだスキルと仕事の行動との橋わたしになるものです。

すなわち橋(Bridge ブリッジ)ですね。

フォローアップシートのフォーマットは、簡単なものでかまいません。内容にもよりますが、学んだスキルを担当得意先の誰にどのように商談で使うのか?そして結果どうだったか?ネクストステップの行動は?

ということを自分で記入し、振り返ることです。そのことで多くの学びが出てきます。

実践してみてください。 感謝!


小森コンサルティングオフィス at 07:58コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ