マネジメント

2023年01月07日

「あの部下、なんでできないんだ」と嘆く上司の方へ。「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)の動画紹介。

「あの部下、なんでできないんだ」と嘆く上司の方へ。「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)の動画紹介。

部下の育成、マネジメントにはスキルがあります。多くの上司は我流でやってうまくいかず悩んでいる方のいると思います。この動画は悩める上司のヒントになる内容を紹介しています。

どうぞ動画をご覧ください。

「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)のチラヨミ動画
https://biz-play.com/seminar/1316

 

企業研修の問い合わせはこちらまで



小森コンサルティングオフィス at 06:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年12月02日

「チームを動かすための管理職塾2022(第11期)」の3回目の研修が12月1日に開催されました。

「チームを動かすための管理職塾2022(第11期)」の3回目の研修が12月1日に開催されました。本研修は管理職に必要不可欠な「リーダーシップ」「部下育成OJT」「マネジメント」の3つのスキルを理論と実践ベストプラクティス、成功例の共有化で習得するものです。

10月〜3月(全6回)研修でリアルとオンラインZOOMの両方を同時並行するハイブリッド型研修です。

実践成功例のベストプラクティスを1つ紹介します。

〜〜〜〜〜
部下に自分の考えを伝えさせるコミュニケーション実践例

今の営業の部下は自分で考えるより上司の私に答えを求めてくる傾向があった。そして部下にもっと自分のカラーを持ってほしかった。部下から上司の私に「得意先からこの見積もりを安くしてくれ、と言われました。どうしましょう?」という質問を受けた時、私は部下に「得意先が安くしてくれという理由は何?」「あなたはどうしたい?教えて」と再質問することで部下に考えさせる習慣をつけるようにした。そのことで部下も徐々に考えるようになってきたようである。

部下が上司の私に質問するときには「得意先から〜の理由で見積もりを安くしてくれと言われてます。〜の状況もありますので担当営業の私としては〜だけ値引きをしようと思います。それでよろしいでしょうか?」と自分の考え(カラー)をつけて伝達してほしい、と伝えた。そのことで部下からの上司への相談回数も増えてきている。よい傾向になっているので、今後の部下のさらなるコミュニケーション改善を期待したい。
〜〜〜〜〜
全6回のインタバル研修をする目的はこのような実践成功事例(ベストプラクティス)の共有化をすることで成功の輪を広げることです。本研修で多くのベストプラクティスが実践できることを期待しています。

DSC05082


 
DSC05077

リーダー3年目からの教科書
小森 康充
かんき出版
2013-10-23













小森コンサルティングオフィス at 18:51コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年10月17日

「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)がブックスタジオ新大阪店にてランキング第1位になりました

「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)がブックスタジオ新大阪店にてランキング第1位になりました。本書はチームを動かすリーダーに必要な3つのスキル.蝓璽澄璽轡奪廖↓部下育成OJT、マネジメントを理論と実践ベストプラクティスをもとに紹介するものです。

新大阪に行かれる機会があればどうぞお立ちよりください。

リーダー3年目からの教科書@BS新大阪店

また「リーダーシップ研修」のテキスト書籍としても活用されており、リーダー育成の研修企画も提案させてもらいます。以下のサイトをご覧ください。

 「リーダー3年目からの教科書」研修のご紹介
https://kanki-pub.co.jp/edu/training/?p=166


リーダー3年目からの教科書
小森 康充
かんき出版
2013-10-23










小森コンサルティングオフィス at 12:28コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年10月11日

「チームを動かすための管理職塾2022」(第11期:大阪中小企業投資育成株式会社主催)の第1回研修を10月6日に開催しました

「チームを動かすための管理職塾2022」(第11期:大阪中小企業投資育成株式会社主催)の第1回研修を10月6日に開催しました。この塾は10月から2023年3月まで6回連続のインタバル研修でコミュニケーション能力と決断力を鍛えるものです。

大阪中小企業投資育成

「継続は力なり」。11年連続の開催となりますがリアル参加とオンラインZOOMを同時並行で実施するハイブリッド研修です。オンラインは海外のベトナムからも参加してもらいました。海外からも入れるのがオンラインの強みですね。

本研修は管理職として必要不可欠な3つのスキル、1)リーダーシップ、2)部下育成OJT、3)マネジメントを理論と実践ベストプラクティスで習得してもらうものです。

テキスト書籍には「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)と「仕事ができる人はなぜ決断力があるのか」(生産性出版)を使います。

初回の10月研修は、リーダーシップの3つのE、感情のマネジメント、女性の部下とのコミュニケーションを紹介しました。講義に加えグループワーク、発表を多く取り入れ質問も多く出て、参加者の積極的な受講態度のお陰で効果的な研修にできたと判断します。

次回の11月研修から実践例発表(この1ケ月でスキルを職場で実践した成功事例)を行います。

素晴らしい成功事例が多く発表されることを期待しています。


リーダー3年目からの教科書
小森 康充
かんき出版
2013-10-23


https://www.sbic-wj.co.jp/seminar/
















小森コンサルティングオフィス at 22:07コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年09月27日

2022年10月06開講 リアル+Zoom チームを動かすための「管理職塾2022」(第11期)参加者募集中

2022年10月06開講 リアル+Zoom チームを動かすための「管理職塾2022」(第11期)参加者最終募集中!(若干名の参加枠があります。興味のある方は問い合わせください)

リーダーの役割は、.蝓璽澄璽轡奪廚糧揮▲瓮鵐弌爾琉蘋チームのマネジメントです。メンバーとの「信頼関係」はなくてはならないものであり、そのためには「ブレない姿勢」「コミュニケーション能力」は非常に重要です。

企業の多くは、プレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。
しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。
むしろ昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も見られます。

これは自分と他人が「違う」ことがわかっていない、過去にお手本となるきちんと基本教育を受けた上司に出会わなかったことが原因だと言われます。

当セミナーでは、リーダーとしての基本を押さえ、受講者同士の情報交換を中心とした気付きと学びにより、ビジネスリーダーを育成します。


「チームを動かすための管理職塾」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)
2022年10月6日(木)〜2023年3月9日(木)
全6回 10:00〜17:00
https://www.sbic-wj.co.jp/sp/allseminar/?seq=3619

 

小森コンサルティングオフィス at 09:41コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年09月25日

「リーダー3年目からの教科書」研修の紹介です

「リーダー3年目からの教科書」研修の紹介です。

強い組織力を構築する優秀な次世代リーダーを育成するには、3つのスキルが必要です。
この3つのスキルをリーダー研修として導入することで、効果的に組織力を強化します。
  
〜反イ鬟咼献腑鵑念っ張っていくサーバントリーダーシップ研修
部下をやる気にさせ、効果的にノウハウ・技術を伝承する部下育成OJT研修
8果的に組織の目標を達成し、組織を管理するマネジメント研修

詳細は動画をご覧ください。

「リーダー3年目からの教科書」研修紹介動画
https://youtu.be/4IRP1MH8wQ4

かんき出版教育事業部 小森康充ページ
https://kanki-pub.co.jp/edu/training/?p=166

 

小森コンサルティングオフィス at 07:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年02月18日

講義「チームをマネジメントする」マネジメントの5ステップとは?

講義「チームをマネジメントする」

マネジメントの5ステップ (テキスト「リーダー3年目からの教科書」222ページ参照)

チームをマネジメントする5ステップは
.繊璽爐量槁&戦略の決定とその伝達
¬槁犬鮹成するためのチームづくり
L槁乎成までの進捗管理
な鷯システムづくり
ゥ瓮鵐弌爾離灰潺奪肇瓮鵐罰容

ステップ1:コミュニケーション
コミュニケーションを頻繁に取ることが大切。それには、前回学んだ具測達一が必要である。
例:することリストを作成させ、その進捗を毎日帰る時に部下に提出させる。 そこで、上司がコメントし、コミュニケーションを図る。

ステップ2:サポート
長所に着目することが大切。 部下を長所に合った役割分担をする。 また、2階級下までコミュニケーションを図ることでよいチーム作りができる。

ステップ3:レビュー
目標を細分化して、細分化した目標は5%高めに設定しておく。 なお、進行状況は部下から報告させる。(至らない点を自分の口で言うことで心の窓が開く)

大阪

ステップ4:報奨システム
〜報奨システムを効果的にするポイント〜
)莊酩ずやる・・・システム化する
費用をかけない・・・コストをかけずにモチベーションを上げる

例:スターシステム
月間売り上げが、1位、2位だった営業マン(MVP)に、使用しているバインダーに貼り 付ける用の星のシールを渡す。数か月続けると、各々の結果に差が付き始めて、全 員が MVP を取ろうと頑張るようになる。 逆に、罰則システムはあまりやらないほうがいい。ベテラン営業マンがスターシステム にやる気を出さない場合等は罰則システムを検討し、内容は、手間がかかる仕事を半 年やってもらうなどにする。

また、評価する時は必ず、Trend(傾向)→Action(行動)→Result(結果)を見て評価 する。
特に行動を重視する。

ステップ5:コミットメント
〜コミットメントの5ステップ〜
,靴燭ない 計画の結果、報酬は好きだが努力はしたくない できるかもしれない。やってみようという意思がある ず覗韻療慘呂鬚垢 イ匹鵑覆海箸あってもやりとげる

以上、マネジメントの5ステップを管理職の方は今日から実践してほしい。

リーダー3年目からの教科書
小森 康充
かんき出版
2013-10-23






小森コンサルティングオフィス at 06:30コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2022年02月17日

2月10日「チームを動かすための管理職塾」第10期(大阪中小企業投資育成株式会社)を開催した。

2月10日「チームを動かすための管理職塾」第10期(大阪中小企業投資育成株式会社)を開催した。今回のテーマは「部下育成OJT」の実践例(ベストプラクティス)発表!
そして講義は「マネジメントの5ステップ」、この塾は6回連続のインタバル研修で、毎回、前回の研修で習得したスキルを職場で実践し、その成功事例を発表してもらっている。

1つの実践例を紹介しよう。
「Need to Have(必ず今日しなければならない仕事)と  Nice to Have(明日以降にしてもよい仕事)」を分ける実践例。

実践例
「Need to Have と Nice to Have」実践例 長期の生産計画目標を達成するのが課長の私の目標であるが、そのためには短期の生産 目標を達成しなければいけないことを研修で学んだ。そこで、生産効率をアップするため 部下に、今月その製品を作ることは「Need to Have?(今月必ずその製品を作らないといけ ない?)それとも Nice to Have?(その製品を作るのは3カ月後でもいいのでは?)」の質問を 部下にした。そのことで優先順位を考える力が付いた部下は、優先順位に応じた生産計画を 行うようになり、生産効率がアップした。 仕事の優先順位(プライオリティ)を部下に質問して考えさせる重要性を理解できた。 

以上、皆さんも今日から実践してほしい。

大阪中小企業投資育成株式会社
https://www.sbic-wj.co.jp/allseminar/?date=1643641200&fee=0&place=0&theme=0

リーダー3年目からの教科書
小森 康充
かんき出版
2013-10-23




小森コンサルティングオフィス at 23:48コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年12月09日

「チームを動かすための管理職塾」第10期(大阪中小企業投資育成株式会社主催)の3回目研修を12月2日に開催しました。

「チームを動かすための管理職塾」第10期(大阪中小企業投資育成株式会社主催)の3回目研修を12月2日に開催しました。今回のテーマは「部下育成OJT研修」、リーダーにとって部下の育成は最も重要なポイントです。人材育成のポイント、効果的なOJTトレーニングのサイクルを紹介しました。

投資育成5



本研修はリアル研修とオンラインZOOM参加の両方を同時にやるハイブリッド型研修です。

コーチングもZOOMでマンツーマンで行いました。

投資育成1

本研修は10月〜3月の連続6回コースのリーダー塾です。

来年も盛り上げていきたいと思います。








小森コンサルティングオフィス at 22:57コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年03月05日

「チームを動かすための管理職塾2020」第5回研修を2月18日に開催しました。(主催:大阪中小企業投資育成株式会社)

「チームを動かすための管理職塾2020」第5回研修を2月18日に開催しました。(主催:大阪中小企業投資育成株式会社)

今回の講義は「マネジメントの5ステップ」目的はチームの業績を最大化するスキルの紹介です。

テキスト書籍は「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)を使い理論と実践ベストプラクティスの共有化で参加者の行動変革を実現しています。

実践ベストプラクティスを1つ紹介すると、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「部下のやる気チェック実践例」
研修で学んだ「やる気チェックリスト」(書籍「リーダー3年目からの教科書」参照)で部下と上司で5段階評価数字の確認をした。
ほとんどの数字は合致したが、「仕事内容の満足度」で上司の私は3点、部下は2点であった。 何故2点かを聞くと部下は入社して間がないので、専門知識が覚えられず、ストレスがたまっていることを話してくれた。
私はOJTが必要と思い、部下を隣に座らせ、先生役で仕事の専門知識の説明を丁寧にした。そうすると、部下の理解度が増し、やる気がアップした。
今までのOJTは説明を十分にせず、先輩の仕事を見せるパターンであったが、それでは部下が仕事の目的がわからず、自分で考えることができないことがわかった。
今回は説明をしっかりすることで部下の理解度が増し「何故そうするのか」がわかったので効果的なOJTにできた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
リーダーは部下の仕事に対するやる気を把握しないといけません。それには細分化が必要です。
研修では部下のやる気の度合いを6つのポイントで5段階評価します。そのことで部下1人1人に適したアドバイスができるようになります。

また研修形態はコロナ禍のためリアル集合研修とオンラインZOOMをミックスしてやりました。
グループワークもZOOMのブレイクアウトセッション(小部屋)を使いリアルのワークショップと同じで問題なくできています。また講師の小森との5分コーチングもOne on OneでZOOMで行いました。コロナ禍でもオンラインZOOMで問題なく研修はできます。研修を延期するクライアントもありますが人材育成が遅れるだけですので、タイムリーにオンラインで研修は開催することをおすすめしています。

商談力強化セミナー(7月9日:大阪中小企業投資育成株式会社主催)
https://www.sbic-wj.co.jp/training/?seq=3382

 
ダウンロード



リーダー3年目からの教科書
小森 康充
かんき出版
2013-10-23







小森コンサルティングオフィス at 12:09コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年03月07日

「決断力向上の秘訣」記事の紹介 ミラサポ(中小企業庁のビジネス応援サイト)

「決断力向上の秘訣」記事の紹介  ミラサポ(中小企業庁のビジネス応援サイト)から

 ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は「決断力向上の秘訣」記事の紹介をします。中小企業庁のビジネス応援サイト、ミラサポでの小森の「決断力向上の秘訣」記事が人気サイトになっているようです。

リーダーにとってもっとも重要なスキルは決断力である、と言っても過言ではないと思います。

では決断力を鍛えるにはどのようなポイントがあるのでしょう。

以下のサイトに決断力の6つのポイントを紹介しています。
どうぞご覧ください。

「決断力向上の秘訣」ミラサポ(中小企業庁ビジネス応援サイト)
https://www.mirasapo.jp/features/column/business/04.html  

「決断力のリーダーシップ」研修で使っている書籍「仕事のできる人はなぜ決断力があるのか」(生産性出版)を紹介します。





小森コンサルティングオフィス at 00:04コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年10月18日

10月17日は「チームを動かすための管理職塾(全6回)」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)を開催しました。

10月17日は「チームを動かすための管理職塾(全6回)」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)を開催しました。

管理職の皆さんが真剣にリーダーシップの実践ポイントを学んでもらいました。

DSC09983 (1024x683)

本研修は管理職に必要な3つのスキル .蝓璽澄璽轡奪廖↓部下育成OJT 、マネジメントを理論と実践ベストプラクティスから習得することを目的とします。

半年間6回連続研修で学んだスキルを職場で繰り返し実践、毎回実践例発表をします。

トレーニングは実践と繰り返しが重要です。

DSC09933 (1024x683)

本研修で素晴らしい次世代リーダーが育つことを期待します。

KIMG4996

「チームを動かすための管理職塾」


小森コンサルティングオフィス at 14:54コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年07月09日

SMBCコンサルティング東京にてマネジメントの5ステップ、部下育成OJT研修をダブルヘッダーで開催します。

ビジネスリーダーの皆さんへ

一般参加可能なオープンセミナーを開催します。どうぞご参加ください。

SMBCコンサルティング東京主催です。

8月26日(月)10時〜13時
「チームが成果を出し目標達成する5つのステップ」
効果的にチームの売上目標を達成するマネジメントの5ステップを紹介します。
https://www.smbc-consulting.co.jp/smbcc/seminar/teigaku/details/BusinessAndFlatRateSeminar/2019/08/20191731-01.html?


8月26日(月)14時〜17時
「OJT(職場の部下指導)トレーニング」
部下のやる気をアップしスキルを伝承するOJTのポイントを紹介します。
https://www.smbc-consulting.co.jp/smbcc/seminar/teigaku/details/BusinessAndFlatRateSeminar/2019/08/20191732-01.html?

講義はストーリーマップという面白い漫画を使いながら楽しく実施します。

ワークショップを織り交ぜ参加型研修でやります。お気軽にご参加ください。

KIMG0931

















小森コンサルティングオフィス at 07:52コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年06月25日

『部下の心の窓を開くリーダーシップ』オープン研修を開催します。(大阪中小企業投資育成株式会社主催)

『部下の心の窓を開くリーダーシップ』オープン研修を開催します。(大阪中小企業投資育成株式会社主催)

日程  8月20日(火)13:30~16:30   大阪開催

『部下の心の窓を開くリーダーシップ』オープン研修

心の窓を開かせない限り、部下の心に響くリーダーシップは発揮できません。

今回は、「サーバントリーダー」のスキルを身に付ける実践的手法を中心に、投資育成ビジネススクール「チームを動かすための管理職塾」の7年間のベスト事例の多くを紹介し、結果につながる管理職の行動変革のキーワードをご提示します。

多くのビジネスリーダーのご参加を期待しています。

『部下の心の窓を開くリーダーシップ』オープン研修


小森コンサルティングオフィス at 22:58コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年06月22日

一般参加可能なトレーニングセミナーを8月26日に開催します。(SMBC コンサルティング東京主催)

一般参加可能なトレーニングセミナーを8月26日に開催します。(SMBC コンサルティング東京主催)

『チームが成果を出し目標達成する5つのステップ』
8月26日午前

『職場のOJT 部下指導トレーニング』
8月26日午後
https://bit.ly/2WT7tCp

ストーリーマップ(研修内容を1枚の面白い漫画にした画期的研修手法)を使って実践的、参加型で行います。

KIMG3112

はじめての方もお気軽にご参加ください。



小森コンサルティングオフィス at 21:51コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年05月13日

「人を動かす3つのポイント」年上の部下との信頼関係構築方法と指示の出し方とは?

「人を動かす3つのポイント」年上の部下との信頼関係構築方法と指示の出し方とは?

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は年上の部下とのコミュニケーションのポイントを紹介します。研修でよく「年上の部下が私の指示を聞いてくれないのです。どうすればよいのでしょうか?」という質問をいただきます。

私は外資系企業で20年間過ごしましたので年上の部下も何度も経験しました。また最近は再雇用制度もあり年上の部下を持つ若いマネジャーは増えているようです。

では「人を動かす3つのポイント」を紹介します。

1)相手を味方と考える
「年上の部下はいやだ。どうせ年下上司の私の指示は聞いてもらえないだろう。」と考えてしまうことがあります。これが間違いです。年上の部下を歓迎し必ず良好な人間関係が構築できると考えることが重要です。

2)与える
「Give&Takeの法則」では人間関係はまず相手に喜ぶことをしてあげて(Give)、その後に指示を聞いてもらう(Take)が基本です。年上の部下が喜ぶ行動を上司がとることです。例えばプレゼントをあげる。相手の話を聞く。褒める。貴重な情報を提供する。等です。

3)相手に期待する行動を具体的に伝える
年下の部下には遠慮なく指示できることが年上の上司には遠慮して具体的な指示ができないことがあるのではないでしょうか?これが間違いです。年上であろうが、年下であろうが上司として具体的な指示を部下にしなければなりません。

以上が相手を動かす3つのポイントです。

今日から実践してみてください。

小森コンサルティングオフィス at 00:12コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年05月09日

「チームを動かすための管理職塾」(第8期:大阪中小企業投資育成株式会社主催)を開催します。参加者募集中です。

「チームを動かすための管理職塾」(第8期:大阪中小企業投資育成株式会社主催)を開催します。参加者募集中です。
「チームを動かすための管理職塾」案内ページ
https://www.sbic-wj.co.jp/school/?seq=3133 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
チームを動かすための「管理職塾2019」(第8期)参加者募集

「3年間で結果を出せないリーダーは、その後も良きリーダーになる可能性は低い。」
と言われます。

リーダーの役割は、.蝓璽澄璽轡奪廚糧揮▲瓮鵐弌爾琉蘋チームのマネジメントです。
そのためにはメンバーとの「信頼関係」はなくてはならないものであり、このための「コミュニケーション能力」は非常に重要です。

この基本的なことをおさえていないリーダーは、決断できず空回りし、チームをまとめ動かして、チームとしての成果を上げることが難しいと言えます。

企業の多くは、プレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。
しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。
むしろ昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も見られます。

これは自分と他人が「違う」ことがわかっていない、過去にお手本となるような上司がいなかったことが原因だと言われます。

管理職としての役割で最も重要なことは、メンバーを育成し、チームを動かして、会社の目標を達成することなのです。

KIMG3083

研修は「ストーリーマップ」という面白い漫画を観ながら楽しく学んでもらいます。

参加型で実践的に実施します。どうぞご参加ください。

「チームを動かすための管理職塾」案内ページ
https://www.sbic-wj.co.jp/school/?seq=3133 





小森コンサルティングオフィス at 20:17コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年11月06日

「リーダーシップはトレーニングできる」〜年内最後のオープン研修を開催します。 (SMBCコンサルティング東京主催)

「リーダーシップはトレーニングできる」〜年内最後のオープン研修を開催します。
(SMBCコンサルティング東京主催)

経営者、管理職に必要なスキルの1つにリーダーシップとマネジメントがあります。

その必要不可欠な2つのスキルを1日でダブルヘッダーで学べるオープン研修です。

 管理職リーダーシップ基礎
12月14日(金)10時〜13時

チームが成果を出し目標達成する5つのステップ  
12月14日(金)14時〜17時
http://u0u0.net/Mztk


KIMG0929

研修はストーリーマップを使って実施します。面白い漫画を見ながら、楽しく学んでもらいます。

当日研修会場でお会いできることを楽しみにしています。

20181011_0210


管理職リーダーシップ基礎
12月14日(金)10時〜13時

チームが成果を出し目標達成する5つのステップ  
12月14日(金)14時〜17時


小森コンサルティングオフィス at 23:29コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年08月09日

ビジネスリーダーの皆さんは決断力がありますか。

ビジネスリーダーの皆さんへ

皆さんはビジネス上の決断力がありますか。

そもそも決断力のポイントとは何なのでしょう。

中小企業庁のビジネス応援サイトのミラサポで『決断力向上の秘訣』記事が人気サイトになっているそうです。

『決断力向上の秘訣』ミラサポの記事

また大阪でデモセミナーを開催します。

『決断力のリーダーシップ』デモセミナー
参加者募集中です。どうぞご参加ください。(大阪中小企業投資育成株式会社主催)

KIMG1943

当日研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。


小森コンサルティングオフィス at 22:50コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年05月11日

チームを動かすための『管理職塾2018(第7期)』を開催します。(大阪中小企業投資育成株式会社主催)

チームを動かすための「管理職塾2018(第7期)」の紹介です。(大阪中小企業投資育成株式会社)

https://www.sbic-wj.co.jp/sp/allseminar/?seq=2917


「3年間で結果を出せないリーダーは、その後も良きリーダーになる可能性は低い。」
と言われます。

リーダーの役割は、.蝓璽澄璽轡奪廖↓⊃佑魄蕕討襦↓マネジメントです。
そのためにはメンバーとの「信頼関係」はなくてはならないものであり、このための
コミュニケーション能力は非常に重要です。

この基本的なことをおさえていないリーダーは、決断できず、空回りし、チームをまとめ動かして、成果を上げることが難しいと言えます。

企業の多くは、プレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。
しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。
むしろ昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も見られます。

これは、自分と他人が「違う」ことをわかっていないからです。

管理職としてのリーダーの役割で最も重要なことは、部下を育成し、チームをまとめ動か
して、会社としての目標を達成することです。

KIMG2411

本研修は講義に加えワークショップを多く取り入れた参加型研修で実践的に行います。研修で学んだスキルを職場で実践し次回研修で成果発表をしてもらいます。

チームの成功例(ベストプラクティス)を共有化することで研修で学んだ知識から実践スキルへのスピードアップができます。

多くのビジネスリーダーの参加を期待しています。

『チームを動かすための管理職塾(第7期)』
(大阪中小企業投資育成株式会社主催)


小森コンサルティングオフィス at 18:25コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

カテゴリー
月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ