マネジメントスキル

2019年05月11日

クライアント企業で5月9日に『管理職マネジメント研修 』を実施しました。

クライアント企業で5月9日に『管理職マネジメント研修』を実施しました。

ストーリーマップを使い効果的マネジメントの5ステップを理論と実践ベストプラクティスを使って紹介しました。

image

各テーブルリーダーにワークショップの内容を前に出て発表してもらいました。プレゼンのスキルも同時にアドバイスしました。

リーダーは影響力を発揮しないといけません。そのためには説得力のあるプレゼンを心掛けることが重要です。

プレゼンのポイントは参加者(聴衆者)を見て話をすること。原稿を読まないことが大事です。参加者は講師に見られると聞かないといけないと思うものです。

テキスト書籍には『リーダー3年目からの教科書』(かんき出版)を使い理路と実践例紹介を通してマネジメントスキルを楽しく学んでもらいました。


150115_小森康充氏_333
今後も多くのビジネスリーダーにマネジメントスキルをお伝えしたいと思います。


小森コンサルティングオフィス at 00:02コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2019年03月07日

『リーダー3年目からの教科書』(かんき出版)先週の文教堂書店浜松町本店(貿易センタービル2F)のビジネス書籍ランキング第9位です。

『リーダー3年目からの教科書』(かんき出版)先週の文教堂書店浜松町本店(貿易センタービル2F)のビジネス書籍ランキング第9位です。

KIMG3105

本書は組織を率いるリーダーに必要な3つの実践スキルを理論と実践例をもとに紹介するものです。

3つのスキルとは.機璽丱鵐肇蝓璽澄璽轡奪廖↓部下育成OJT スキル、A反イ稜箴紊鮑蚤膕修垢襯泪優献瓮鵐肇好ル、です。

そして部下の心の窓を開く信頼関係構築スキルがベースとなります。

『リーダー3年目からの教科書』は企業の管理職研修テキスト書籍としても活用いただいています。

KIMG2411

多くのビジネスリーダーに読んでいただけると幸いです。

文教堂書店浜松町本店ビジネスランキング


小森コンサルティングオフィス at 08:54コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2019年02月14日

目標と戦略を部下に伝える効果的手法<OGSM の原則>とは?

決断力向上の秘訣

目標と戦略を部下に伝える効果的手法<OGSM の原則>とは?

ビジネスリーダーの役割はチームを成功に導くことであり、そのためには正しい決断の基に目標達成のための戦略を実行できなければならない。そのポイントは、「本当に決断すべき事柄に焦点をあてる」ことである。リーダーがよくやる失敗として「上司が決断すべきことを自分が先に決断してしまった」「決断すべきポイントが間違っていた」「会議ばかりやっていて結局何も決まらなかった」というものがある。このような失敗をしないためにリーダーはチームの目標と戦略、役割分担を明確に決定しメンバーに伝える必要がある。その伝達手法が「OGSM」である。

O は目的、G はゴール、S は戦略、M は測定方法のこと。目的はチーム目標を言葉で表したもので、ゴールはその目標を数字で表したものである。戦略はゴール達成の方針のことで、測定方法は戦略の途中経過の方法である。この手法でチームメンバーに目標と戦略を伝えると目標達成の可能性も高くなる。

決断力向上の秘訣(中小企業庁のビジネス応援サイト ミラサポ)
https://www.mirasapo.jp/features/column/business/04.html

テキスト書籍「リーダー3年目からの教科書」 170 ~222p





小森コンサルティングオフィス at 06:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2019年02月13日

マネジメント研修実践ベストプラクティス(成功例)2階級下の部下のやる気をチェックする

マネジメント研修実践ベストプラクティス(成功例)2階級下の部下のやる気をチェックする

先日のマネジメント研修のベストプラクティスを紹介します。

ポイントは「2階級下の部下のやる気をチェックする」です。マネジメントの組織作りのポイントは2階級下まで責任を負うことです。すなわち部長は課長の育成はもちろん、その下の課員とのコミュニケーションを実践し、仕事のやる気をアップする必要があるのです。

以下実践成功例をご覧ください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 実践例 B)2階級下の部下のやる気をチェックする

私(部長)が課長の下の課員11名(2階級下)のやる気をチェックした。面談ではなく課員の仕事ぶりを注意深く見守った。
そうすると元気に楽しそうに仕事をしている課員と、しんどそうに仕事をしている課員がいることを発見した。業務量の適正化という目的を持っていたので、課長に「あの課員がしんどそうやけど業務が多すぎるのと違うか?」と質問すると課長が「そうなんですよ。気になっていたので他の課員に仕事を振る指示を出しますね」となった。管理職として、2階級下の部下の仕事ぶりもよく観察することが重要であることが理解できた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上、今日から実践してください。



小森コンサルティングオフィス at 06:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2019年02月12日

2月7日「チームを動かすための管理職塾」(第7期)の5回目研修を実施しました。(大阪中小企業投資育成株式会社)

2月7日「チームを動かすための管理職塾」(第7期)の5回目研修を実施しました。
(大阪中小企業投資育成株式会社)

21名の次世代リーダーの皆さんが熱心に受講いただき効果的な研修になりました。

今回は強い組織を構築しチームの成果を最大化する「マネジメントの5ステップ」を紹介しました。

 トーイク

ストーリーマップを使い実践的に学んでもらいました。

KIMG0931

前回研修の実践例発表(ベストプラクティス)も共有化しました。1つ紹介します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
実践例A) 年上部下との面談実践例

今までは年上の部下に苦手意識を持っており、あまり面談をしなかった。前回の研修で部下のやる気をチェックするポイントを学んだので、そのヒアリング目的で面談した。面談の目的は「仕事の満足度」と「将来の夢(キャリア希望)」で部下の本音を聞きだすこと。

面談成功のポイントは、〔榲の明確化(人手不足の現状、この部下に辞めてもらっては困るのでやる気アップをめざした)、∀辰鯤垢ことに徹する(部下の心の窓を開くには話を聞くことが重要であるため、上司の自分は意見を言わず聞くことに集中した)、O辰療をしぼる(仕事の満足度とキャリア希望の2つに的をしぼって聞いた)。

以上を実践したことで、今まで聞き出せなかった本音が聞け部下のやる気がアップした。

この3つのポイントを実践した部下面談でやる気がアップし、離職率改善にも効果があることがわかった。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上、今日から実践してください。

「チームを動かすための管理職塾」(第7期)
https://www.sbic-wj.co.jp/school/?seq=2917




小森コンサルティングオフィス at 16:58コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年10月31日

一般参加可能なリーダーシップ研修をダブルヘッダーで開催します。

ビジネスリーダーの皆さんへ

一般参加可能なリーダーシップ研修をダブルヘッダーで開催します。

下記の詳細ページをご覧ください。

「管理職リーダーシップ入門」
12月14日午前(SMBCコンサルティング東京)

「チームが成果を出し目標達成する5つのステップ」
12月14日午後(SMBCコンサルティング東京)

午前がリーダーシップ研修、午後がマネジメント研修です。

チームを率いるリーダーは、リーダーシップとマネジメントの両方のスキルが必要です。

研修は講義に加えワークショップを多く取り入れた参加型で楽しく開催します。

[画像:d8c540b8-s.jpg]

多くのビジネスリーダーの皆さんの参加を期待しています。


小森コンサルティングオフィス at 00:06コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月17日

組織力強化の1つのポイントは「チームメンバーの役割を全員で共有化し雑談を奨励すること」〜リーダー3年目からの教科書より〜

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は組織力強化の1つのポイントである「チームメンバーの役割を全員で共有化し雑談を奨励すること」の重要性について紹介する。

マネジメントの重要ポイントは「チームの役割分担の明確化」である。

そして明確化された個々の役割を全員で共有化するのである。

image


例えば「チームの6名は仕事内容は、セパレートで関連性はない。しかしあえてコミュニケーションをとり雑談をすることで、アドバイスできるようになり仕事の効率がアップした。」という実例が私のクライアント企業である。

つまりチームの誰がどんな仕事をしているかのコミュニケーションは重要である。ということである。

チームメンバーは、セパレートの仕事であってもお互いが励まし合い、アドバイスし、楽しい雑談で気分転換をするチームのほうが仕事の効率がアップするのである。

チームメンバー全員が周りのメンバーを気にかけており、助け合っているという感情がチームワークにとって必要である。

「チームメンバーの役割を全員で共有化し雑談を奨励すること」今日から実践してほしい。





小森コンサルティングオフィス at 21:00コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年10月12日

一般参加可能な「マネジメント研修」と「部下育成OJT研修」を10月21日にダブルヘッダーで実施します。(SMBCコンサルティング東京主催)参加者募集中です。

一般参加可能な「マネジメント研修」と「部下育成OJT研修」を10月21日にダブルヘッダーで実施します。(SMBCコンサルティング東京主催)参加者募集中です。

「チームが成果を出し、目標達成するための5つのステップ」【午前】
10月21日10時〜13時
https://goo.gl/vsRLF0

目的:効果的な組織マネジメントのための5つのステップとは?

【1】 組織の目標&戦略の決定とメンバーへの伝達

【2】 目標達成のためのチームづくり
     〜強いチームにするためのポイント

【3】 メンバーの目標設定と進歩管理の仕方

【4】 チームが明るく楽しくなる報奨システムづくり
     〜目標を達成したメンバーへご褒美を与えるシステム

【5】 メンバーのコミットメントを獲得
     〜メンバーに決意を促し行動をサポートする

KIMG0723

「OJT(職場の部下指導)トレーニング」【午後】
10月21日14時〜17時
https://goo.gl/FPoRLj

目的:OJTが上手く機能しないと部下は育たないことを理解します
・OJTの現実的な問題点を明らかにし、部下のやる気を高め、育成する手法を学びます

1.人材育成の2つのポイントは、
  「部下のやる気を引き上げ、部下に仕事のスキルを教えること」

2.トレーニングの3つのポイントは、
   知識→スキル→ハビット(習慣化)

3.効果的トレーニングの4つのサイクルとは?
  「説明」→「見本」→「やらせる」→「話し合い」

4.部下のやる気をチェックする6つのポイント

5.影響力を発揮する4つのヒューマンスキルとは?
  「正確性」「一貫性」「許容」「開放性」

研修は講義に加えワークショップを多く取り入れた参加型で実践的にやります。

初めての方もどうぞお気軽にご参加ください。


小森コンサルティングオフィス at 12:40コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年08月30日

「チームを動かすための管理職塾」第5期を10月より開催します。(大阪中小企業投資育成株式会社主催)

「チームを動かすための管理職塾」第5期を10月より開催します。(大阪中小企業投資育成株式会社主催)
2016年10月6日〜2017年3月9日(6ケ月間)
http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00002494.html

以下 ご紹介です。

「3年間で結果を出せないリーダーは、その後も良きリーダーになる可能性は低い。」と言います。

リーダーの役割は、.蝓璽澄璽轡奪廖↓⊃佑魄蕕討襦↓マネジメントです。

そのためにはメンバーとの「信頼関係」はなくてはならないものであり、このためのコミュニケーション能力は非常に重要です。

この基本的なことをおさえていないリーダーは、空回りし、チームを動かし成果を上げることが難しいと言えます。

企業の多くは、プレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。

しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。

むしろ昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も見られます。

自分と他人が「違う」ことをわかっていないからです。

管理職としてのリーダーの役割で最も重要なことは、部下を育成し、チームを動かして、会社としての目標を達成することです。


【開催日時】平成28年10月6日(木)〜平成29年3月9日(木) 
全6回 10:00〜17:00

【講師】小森康充 氏(元P&G アジアパシフィック最優秀マネージャー)

【費用】投資先企業価格 178,000円(1人目    消費税込・昼食含まず)
     〃      148,000円(2人目以降 消費税込・昼食含まず)
一般企業価格    198,000円(1人目    消費税込・昼食含まず)
     〃       168,000円(2人目以降 消費税込・昼食含まず)

【場所】大阪中小企業投資育成株式会社 セミナールーム
大阪市北区中之島3−3−23 中之島ダイビル 28階
(京阪中之島線「渡辺橋駅」2番出口より徒歩1分)

「チームを動かすための管理職塾」第5期
大阪中小企業投資育成株式会社主催
http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00002494.html

多くのビジネスリーダーのご参加をお待ちしています。

小森コンサルティングオフィス at 21:40コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年07月02日

「チームを動かすための管理職塾 第5期」(2016年10月〜2017年3月)開催!参加者募集中

「チームを動かすための管理職塾 第5期」(2016年10月〜2017年3月)開催!参加者募集中
(大阪中小企業投資育成株式会社主催)

「3年間で結果を出せないリーダーは、その後も良きリーダーになる可能性は低い。」と言います。

リーダーの役割は、.蝓璽澄璽轡奪廖↓⊃佑魄蕕討襦↓マネジメントです。

そのためにはメンバーとの「信頼関係」はなくてはならないものであり、このためのコミュニケーション能力は非常に重要です。

この基本的なことをおさえていないリーダーは、空回りし、チームを動かし成果を上げることが難しいと言えます。

企業の多くは、プレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。

しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。

むしろ昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も見られます。自分と他人が「違う」ことをわかっていないからです。

管理職としてのリーダーの役割で最も重要なことは、部下を育成し、チームを動かして、会社としての目標を達成することです。

image


研修はストーリーマップという面白い漫画を見ながら楽しく学んでいただきます。

2014-05-18-14-23-49


「講義→職場で実践→次回研修で発表→ベストプラクティス共有→振り返り→職場で実践」のサイクルを6ケ月間(合計6回)繰り返し実施することで実践マネジメントスキルを身に着けてもらいます。

【開催日時】平成28年10月6日(木)〜平成29年3月9日(木) 全6回 10:00〜17:00

【講師】小森康充 氏(元P&G アジアパシフィック最優秀マネージャー)

【費用】投資先企業価格 178,000円(1人目    消費税込・昼食含まず)
     〃      148,000円(2人目以降 消費税込・昼食含まず)
一般企業価格    198,000円(1人目    消費税込・昼食含まず)
     〃       168,000円(2人目以降 消費税込・昼食含まず)

【場所】大阪中小企業投資育成株式会社 セミナールーム
大阪市北区中之島3−3−23 中之島ダイビル 28階
(京阪中之島線「渡辺橋駅」2番出口より徒歩1分)

「チームを動かすための管理職塾 第5期」詳細ページ
http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00002494.html

大阪中小企業投資育成株式会社
http://www.sbic-wj.co.jp/index.html

小森コンサルティングオフィス at 23:51コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年11月27日

「チームを動かすための管理職塾」大阪中小企業投資育成株式会社 事業支援部のブログを紹介します。

大阪中小企業投資育成株式会社 事業支援部のブログを紹介します。

今回実施させていただいている「チームを動かすための管理職塾」第4期の研修内容の紹介です。

研修は実践的、参加型でワークショップ、発表を多く取り入れた内容で、参加者からの積極的な発表がなされています。

またこの管理職塾は月1回 6回連続となっており、研修で学んだ内容を1月間職場で実践、ベストプラクティス(実践例)を持って次回研修に参加いただきます。

まさに研修内容を職場の活性化につなげる結果に結びつく研修となっています。

よければ以下のブログをご覧ください。

「チームを動かすための管理職塾」
大阪中小企業投資育成株式会社 事業支援部のブログ
http://shien.toushiikusei.net/e5358.html

また研修のテキスト書籍には「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)を使用しています。

リーダー3年目からの教科書
小森康充
かんき出版
2015-01-16



小森コンサルティングオフィス at 18:14コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年09月29日

SMBCコンサルティング東京主催で一般参加可能なリーダー育成研修を実施します。参加者募集中です。

SMBCコンサルティング東京主催で一般参加可能なリーダー育成研修を実施します。

KIMG0204


10月23日(金)10時〜13時(午前)

「チームが成果を出し、目標達成するための5つのステップ」

【1】 組織の目標&戦略の決定とメンバーへの伝達

【2】 目標達成のためのチームづくり  〜強いチームにするためのポイント〜

【3】 メンバーの目標設定と進歩管理の仕方

【4】 チームが明るく楽しくなる報奨システムづくり
     〜目標を達成したメンバーへご褒美を与えるシステム

【5】 メンバーのコミットメントを獲得
     〜メンバーに決意を促し行動をサポートする

https://www.smbc-consulting.co.jp/smbcc/seminar/teigaku/details/BusinessAndFlatRateSeminar/2015/10/20151519-01.html/

image


10月23日(金)14時〜17時(午後)

「OJT(職場の部下指導)トレーニング」

1.人材育成の2つのポイントは、
  「部下のやる気を引き上げ、部下に仕事のスキルを教えること」

2.トレーニングの3つのポイントは、
   知識→スキル→ハビット(習慣化)

3.効果的トレーニングの4つのサイクルとは?
  「説明」→「見本」→「やらせる」→「話し合い」

4.部下のやる気をチェックする6つのポイント

5.影響力を発揮する4つのヒューマンスキルとは?
  「正確性」「一貫性」「許容」「開放性」

https://www.smbc-consulting.co.jp/smbcc/seminar/teigaku/details/BusinessAndFlatRateSeminar/2015/10/20151520-01.html/

研修は講義に加え、ワークショップを多く取り入れ参加型で実践的に楽しく実施します。

またストーリーマップという研修内容を面白い1枚の漫画で表したものを使用します。

似顔絵白黒部門世界チャンピオンのケンイチさんに描いてもらったものです。

2014-08-05-16-53-19


どうぞお気軽にご参加ください。

当日会場でお会いできるのを楽しみにしています。

小森コンサルティングオフィス at 22:40コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「チームを動かすための管理職塾 第4期」(2015.10〜2016.03) 参加者募集中!(主催:大阪中小企業投資育成株式会社)

「チームを動かすための管理職塾 第4期」(2015.10〜2016.03) 参加者募集中!
http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00002170.html
(主催:大阪中小企業投資育成株式会社)

「3年間で結果を出せないリーダーは、その後も良きリーダーになる可能性は低い。」と言います。

リーダーの役割は、.蝓璽澄璽轡奪廖↓⊃佑魄蕕討襦↓マネジメントです。そのためにはメンバーとの「信頼関係」はなくてはならないものであり、このためのコミュニケーション能力は非常に重要です。

この基本的なことをおさえていないリーダーは、空回りし、チームを動かし成果を上げることが難しいと言えます。

企業の多くは、プレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。むしろ昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も見られます。自分と他人が「違う」ことをわかっていないからです。

管理職としてのリーダーの役割で最も重要なことは、部下を育成し、チームを動かして、会社としての目標を達成することです。


【開催日時】平成27年10月15日(木)〜平成28年3月17日(木) 

全6回 10:00〜17:00

【講師】小森康充 氏(元P&G アジアパシフィック最優秀マネージャー)

【費用】投資先企業価格 178,000円(1人目    消費税込・昼食含まず)
     〃      148,000円(2人目以降 消費税込・昼食含まず)
一般企業価格    198,000円(1人目    消費税込・昼食含まず)
     〃       168,000円(2人目以降 消費税込・昼食含まず)

【場所】大阪中小企業投資育成株式会社 セミナールーム
大阪市北区中之島3−3−23 中之島ダイビル 28階
(京阪中之島線「渡辺橋駅」2番出口より徒歩1分)

詳細、お申込みページ
http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00002170.html

当日会場でお会いできるのを楽しみにしています。

テキスト書籍「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)




小森コンサルティングオフィス at 21:54コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年04月24日

部下を持つリーダー対象のオープン研修を実施します。「マネジメントスキル」「部下育成OJT」6月19日SMBCコンサルティング主催。

部下を持つリーダー対象に組織力強化のオープン研修を実施します。

午前に効果的組織管理のマネジメントの5ステップを紹介します。
午後に部下育成OJTの手法を紹介します。午前、午後だけの受講も可能です。

詳細は以下をご覧ください。

「チームが成果を出し、目標達成するための5つのステップ」【午前】
6月19日(金) 10:00〜13:00
https://www.smbc-consulting.co.jp/company/seminar/teigaku/tokyo/month/201506/seminar_20150826-01.html

「OJT(職場の部下指導)トレーニング」【午後】
6月19日(金) 14:00〜17:00
https://www.smbc-consulting.co.jp/company/seminar/teigaku/tokyo/month/201506/seminar_20150827-01.html

研修は講義に加えワークショップを取り入れ参加型、実践的に実施します。

2014-05-18-14-23-49


上記ストーリーマップ(漫画)を使い、研修のスキルを漫画でイメージいただき楽しく学んでいただきます。

多くの方のご参加を期待しています。

研修の内容は、書籍「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)を参考にしてください。





小森コンサルティングオフィス at 22:19コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年10月18日

10月8日SMBCコンサルティング東京にて「マネジメントスキル」「部下育成OJTスキル」のオープンセミナーをダブルヘッダーで実施させていただきました。

2014-10-08-10-15-57
10月8日SMBCコンサルティング東京にて「マネジメントスキル」「部下育成OJTスキル」のオープンセミナーをダブルヘッダーで実施させていただきました。

60名以上の参加者のビジネスパーソンに集まっていただき、効果的な研修に出来たことに感謝です。

テキスト書籍には、「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)を使用しました。

参加者の皆さんの積極的な参加態度のお陰で、実践的に楽しく実施できました。

研修は、理論の説明→ワークショップ→発表、と参加型で実践的におこないました。

多くのビジネスリーダーが、このスキルを実践いただきビジネス目標を達成されることを期待しています。




小森コンサルティングオフィス at 12:36コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年10月16日

鳥取市雇用促進協議会主催で11月20日、21日にオープンセミナーを開催します。参加者募集中です。

鳥取市雇用促進協議会主催で11月20日、21日にオープンセミナーを開催します。

http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1412915192427/index.html

11月20日 スベらない商談力セミナー
11月21日 サーバントリーダーシップ、部下育成OJT,マネジメントスキルセミナー

鳥取市雇用促進協議会は、鳥取市内の雇用創造及び雇用促進に関係している機関及び団体が連携を図り、雇用創造及び雇用促進に寄与することを目的に各種の事業を行っています。
売上・業績アップに挑戦!

「若手社員のためのスキルアップセミナー」

【営業・販売・購買・接客・サービス】お客様に信頼される商談ノウハウを学ぶ!

営業・販売・購買・接客・サービスの基本は、お客様の『心の窓』を開くことによって良好な信頼関係を築き、お客様に満足していただくとともに商談の成約率を上げることです。

このセミナーでは、P&Gジャパンの元トップセールスマンであり、営業トレーナーとしても常に第一線で活躍を続けられている講師から、豊富な経験と実績に基づいた商談のノウハウとテクニックを学びます。

http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1412915192427/index.html

「サーバントリーダーシップスキル」「部下育成OJTスキル」「マネジメントスキル」を学ぶ!

管理者やリーダーの役割は多岐にわたりますが、なかでも最も重要な役割は、部下と信頼関係を構築し、部下の能力を引き出し、チームはもとより会社としての目標を達成することです。

このセミナーでは、組織を引っ張る現代の管理者に求められる3つのスキル「サーバント(奉仕型)リーダーシップ」「部下OJTスキル」「マネジメントスキル」を講義とワークショップを通して学びます。

http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1412915192427/index.html

研修は、参加型で実践的、楽しく実施します。多くの方にご参加いただければ幸いです。



小森コンサルティングオフィス at 23:44コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2014年04月26日

「チームを動かすための管理職塾」第3期 2014年5月〜10月 (大阪中小企業投資育成株式会社主催)

「チームを動かすための管理職塾」第3期 2014年5月〜10月 (大阪中小企業投資育成株式会社主催)
を開催します。参加者募集中ですので、経営リーダー、次世代リーダーの皆さんはどうぞご参加ください。

http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00001726.html

管理職やリーダーの役割は多岐にわたりますが、最も重要な役割は部下を上手く使い、会社としての目標を達成し、部下を育成することです。

「リーダーシップスキル」「マネジメントスキル」「コミュニケーションスキル」これら3つのスキルを中心に学ぶことが、強い次世代のリーダーを育てる最も効果的な方法です。
本スクールではこの3つのスキルに絞り徹底的に実践で鍛えます。

過去の受講生の成果

【コミュニケーション】

実践例1
行動の迅速な部下はコンタクト回数が多い、行動の遅い部下とはコンタクト回数が少なくなる。少ない部下に心して声かけするようにした。

実践例2
今までは、部下が相談に来ても「今、書類を整理してるから、後にしろ!」と部下の相談は後回しにし
いたそれを机の。前に小テーブルを置いて、部下を座らせ、自分も座って「おはよう」「最近、仕事どうや」と部下の話を同じ目線で聞くようにした。
そのことで最近は、部下から喜んで相談をしてくるようになった。

実践例3
今までは製造でミスが起こって、どうしようもない状態になってから部下が報告にきていた。ミスの部品を内緒で処理しようとする行動も見られた。今回ミスをした部下を怒鳴り付けるのではなく、話を聞いてみた。
「なるほど」「よくそのミスがわかったね」「処理はこうしたらいいから」と怒るのではなく、誘導の話法を使った。最近は、ミスの初期段階で部下が報告に来るようになった。そのことでミスが事前把握でき、製造プロセスに良い影響が出てきた。

【マネジメント】

実践例1
部下に不良品の削減を意識してもらうために、建設的な質問をした。例えば「自分は、何をする役割
か?」「納期を守るには、どのような行動が重要か?」等。
部下が考える習慣がつくことにより積極的な改善行動が導かれるようになった

実践例2
部下が良い改善提案を出してきたので、会議でみんなの前ではじめて褒めた。
そうすると会議のあと、その褒めた部下が笑顔で上司のところにきて、色々報告をするようになった。
褒められて心の窓が開いたことが実感できた。

【リーダーシップ】

実践例1
会議でアクションプランを明確に決めるようにした。
メンバーそれぞれが、誰がいつまでに何をするのか?このアクションプランの意思統一が、今まであいまいであった。それを明確にするように会議で実践している。

実践例2
今まで部下のコミットメント(目標に対する決意の度合い)を取り付けることができてなかった。
今後は部下のコミットメントを得ることを意識しないといけない。

実践例3
得意先のトップが工場見学に来られることになり。社長自らが「徹底的に掃除をして会社のイメージアップに結びつける」方針を出した。1週間前から工場全体を、グループ毎の役割(責任者)を決め社長自らが確認チェックで歩いた。得意先の評価は上々で、得意先の社内報で紹介された。何事も責任者がリーダーシップをとり、徹底的にすることが大事である。

以上 参加型で実践的なマネジメント研修です。楽しく実施しますので、マネジメントスキル、リーダーシップスキルが必要な管理職の皆さん、どうぞご参加ください。

「チームを動かすための管理職塾」第3期 大阪中小企業投資育成株式会社主催

http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00001726.html

小森コンサルティングオフィス at 16:41コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年03月12日

「チームを動かすための管理職塾」開催! 第2期(2013.05〜10) :大阪中小企業投資育成株式会社主催

「チームを動かすための管理職塾」〜次世代リーダー育成のために〜 第2期(2013.05〜10) 
大阪中小企業投資育成株式会社主催

企業の経営者、管理職の皆さんへ

管理職やリーダーの役割は多岐にわたりますが、最も重要な役割は部下を上手く使い、会社としての目標を達成し、部下を育成することです。

「リーダーシップスキル」「マネジメントスキル」「コミュニケーションスキル」これら3つのスキルを中心に学ぶことが、強い次世代のリーダーを育てる最も効果的な方法です。本スクールではこの3つのスキルに絞り徹底的に実践で鍛えます。

http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00001402.html

大阪中小企業投資育成株式会社


経営者の皆様でコミュニケーション能力向上の研修なんて必要ないという声があります。
ではあえて聞きます。経営者の皆様は自社の管理職が社員の能力を十分に引き出せているとお考えでしょうか。マネジメントスキルが未熟な管理職にリーダーシップ(周囲を動かす力)が発揮できるはずがありません。(ましてや後継予定者であれば会社の行く末に関わってくるお話です。)

★企業の多くはプレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。
しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。
むしろ、昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も多く見られます。
また、後継予定者が社員の掌握方法・テクニックを学ばずに承継した後、全社員をまとめきれるでしょうか。

管理職やリーダーの役割は多岐にわたりますが、最も重要な役割は部下を上手く使い、会社としての目標を達成し、部下を育成することです。

以下の3つのスキルを中心に学ぶことが、強い次世代のリーダーを育てる最も効果的な方法です。
本スクールではこの3つのスキルに絞り徹底的に実践で鍛えます。

.蝓璽澄璽轡奪廛好ル

企業が新しいステージにあがるには、リーダーシップのある社員がポイントです。
「俺についてこい」と言うトップダウン型リーダーに加え、「あの人についていきたい」と思わせるサーバント型リーダー(奉仕型リーダー)のスキルを学びます。

▲泪優献瓮鵐肇好ル

組織管理のマネジメントスキルとは何でしょう?強い組織にするには、5つのステップがあります。
体系的にこの5つのステップを学び、実践に活かしてもらうことで、組織は必ず強くなります。

コミュニケーションスキル

ビジネスの基本は、信頼関係です。上司と部下、顧客と営業マン、同僚、家族、友人、すべての人間関係は信頼関係がベースです。コミュニケーションスキルとは、「相手の心の窓」を開くことです。その手法を行動心理コミュニケーションスキル学の原則をもとに実践的に学びます。

昨年度の受講生の成果

【コミュニケーション】

実践例1
行動の迅速な部下はコンタクト回数が多い、行動の遅い部下とはコンタクト回数が少なくなる。少ない部下に心して声かけするようにした。

実践例2
今までは、部下が相談に来ても「今、書類を整理してるから、後にしろ!」と部下の相談は後回しにしていたそれを机の。前に小テーブルを置いて、部下を座らせ、自分も座って「おはよう」「最近、仕事どうや」と部下の話を同じ目線で聞くようにした。
そのことで最近は、部下から喜んで相談をしてくるようになった。

実践例3
今までは製造でミスが起こって、どうしようもない状態になってから部下が報告にきていた。ミスの部品を内緒で処理しようとする行動も見られた。今回ミスをした部下を怒鳴り付けるのではなく、話を聞いてみた。
「なるほど」「よくそのミスがわかったね」「処理はこうしたらいいから」と怒るのではなく、誘導の話法を使った。
最近は、ミスの初期段階で部下が報告に来るようになった。そのことでミスが事前把握でき、製造プロセスに良い影響が出てきた。

【マネジメント】

実践例1
部下に不良品の削減を意識してもらうために、建設的な質問をした。例えば「自分は、何をする役割かな?」「納期を守るには、どのような行動が重要かな?」等。
部下が考える習慣がつくことにより積極的な改善行動が導かれるようになった

実践例2
部下が良い改善提案を出してきたので、会議でみんなの前ではじめて褒めた。
そうすると会議のあと、その褒めた部下が笑顔で上司のところにきて、色々報告をするようになった。
褒められて心の窓が開いたことが実感できた。

【リーダーシップ】
実践例1
会議でアクションプランを明確に決めるようにした。
メンバーそれぞれが、誰がいつまでに何をするのか?このアクションプランの意思統一が、今まであいまいであった。それを明確にするように会議で実践している。

実践例2
今まで部下のコミットメント(目標に対する決意の度合い)を取り付けることができてなかった。
今後は部下のコミットメントを得ることを意識しないといけない。

実践例3
得意先のトップが工場見学に来られることになり。社長自らが「徹底的に掃除をして会社のイメージアップに結びつける」方針を出した。1週間前から工場全体を、グループ毎の役割(責任者)を決め社長自らが確認チェックで歩いた。得意先の評価は上々で、得意先の社内報で紹介された。何事も責任者がリーダーシップをとり、徹底的にすることが大事である。

多くの管理職の方のご参加をお待ちしています。

「チームを動かすための管理職塾」 第2期(2013.05〜10) :大阪中小企業投資育成株式会社主催
http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00001402.html

小森コンサルティングオフィス at 17:31コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年08月15日

「スベらないマネジメント力」講演会を実施。後継者交流コース「新輪会2012」(2012.09〜2013.03)大阪中小企業投資育成株式会社主催

IMG_3066


12月7日、大阪中小企業投資育成株式会社主催の後継者交流コース「新輪会2012」にて「マネジメントスキル」の講演を担当させていただきます。

中小企業の次世代経営幹部にとって組織管理のマネジメント力は、必要不可欠です。

強い組織を構築するマネジメントの5つのステップを実践例を交えながら、わかりやすく説明します。

以下案内文です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
後継者には、後継者にしかわからない悩みや課題があります。
そこで、投資育成では、投資先各位からのご要望に応えるため、後継者だけが集まる後継者同士の交流の場を開設しています。
地域・業種を越えた後継者達が集まった過去2回のシリーズは大盛況に終わり、今年度も新たに後継者交流コース「新輪会2012」を起ち上げます。単なる勉強会だけではなく、そこに腹を割った交流会をセットすることにより、同じ立場の者同士が、同じ課題・悩み・覚悟を共有します。
答えは自らの中にあるものであり、将来の事業承継をにらんだ後継者同士が、勉強会の場&交流会の場を共有することにより、相互の理解、刺激を促進し、これに応えます。これを機会に、ビジネスマッチングの可能性をも探って頂けたら幸いです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

後継者交流コース「新輪会2012」(2012.09〜2013.03)
http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00001313.html
12月7日の「スベらないマネジメント力」講演を担当します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
マネジメントの5ステップ

1)組織の目標と戦略を決定し部下全員に伝える

2)目標達成の組織作りをする

3)目標に対する途中経過を図り部下とレビューする

4)目標達成のための報償システムを実行する

5)部下のコミットメント(目標に対する決意)をとりつける
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大阪の中小企業の組織力強化に貢献できれば幸いです。

感謝!


小森コンサルティングオフィス at 16:13コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年05月14日

大阪産業創造館にて実践マネジメント塾を実施!

5月12日、大阪産業創造館にて経営者対象のマネジメント実践塾の第2回講座を実施させていただいた。

この実践塾は、今年で5年連続開催である。 
マネジメント実践塾のHP

http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=12959

3月に大阪産業創造館の大ホールで実施させていただいたマネジメント2時間講演。そこで紹介させていただいた少数の経営者対象にコンサルティング形式での実践塾が今回のものである。

特徴は、経営者のマネジメントの課題アドバイスを個別実施させていただいていることである。

内容は、マネジメントの5ステップを繰り返し愚直に実践するものである。

効果的マネジメントの5ステップ

1)組織の目標と戦略を決定し部下全員に伝える

2)目標と戦略達成のための組織づくりをする

3)目標の進行状況を定期的に部下とレビューする

4)報償システムを実施する
頑張った部下とそうでない部下に差をつける

5)部下のコミットメント(目標に対する決意の度合い)を確認する


最後の部下の仕事に対するコミットメントが高くない場合、マネジメントの1~4ができてないか、または部下から見て魅力がない可能性がある。

また今回、先輩のゲスト参加で株式会社シンプルハウスの山本武社長にお越しいただいた。
株式会社シンプルハウスさんは、提案型住まいのインテリアリフォームで大阪でトップの会社です。

山本社長は、2009年に実践塾に参加いただき、マネジメントの5ステップをしっかりと会社経営に実践され、順調に売上を伸ばされている。その成功のポイントをプレゼンいただいた。

山本社長のマネジメントのポイントは、

1)目標と戦略を設定し連絡をする
四半期毎のアカデミー研修と人事評価(年4回)

2)目標達成のための組織
スタッフ&ラインの導入と委員会を設けました

3)目標の進行状況と途中経過を図る
方針展開と週間ミーティング、目標管理制度

4)報償システム(トータルアワード作る
賃金テーブル、良い人への拍手(前月頑張った人)

5)コミットメント(決意)を得る
初期、確定面談の実施(3ケ月毎の賞与)

すばらしいプレゼンをしていただいた山本社長に感謝です。

株式会社シンプルハウス(大阪のリフォームでNo1)

http://www.simplehouse.co.jp/



小森コンサルティングオフィス at 21:57コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ