リーダーの仕事

2017年07月03日

「若手部下のやる気をアップする1つのポイントは褒めること」部下育成OJT研修実践例の紹介!

「若手部下のやる気をアップする1つのポイントは褒めること」部下育成OJT研修実践例の紹介!

「部下育成OJT」研修を受講いただいた参加者の方からの実践成功例を紹介している。

研修で管理職のリーダーから「若手部下の仕事に対するやる気がアップしない」との相談をよく受ける。

1つのポイントは「部下を褒める」ことである。以下実践例である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上司の期待値の50%しかできなかった新人に対して、今まで「何故50%しかできてないんだ」と叱っていた。

今回は叱るのを我慢して「50%をしっかりやってくれたんだね。良くできたね。」とまず褒めて、その後に「残りの50%はこうやってね。」とアドバイスした。

そうすると新人のやる気がアップし、期待以上の120%の仕事をしてくれた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上が実践例であるが、効果的に部下を褒めると期待以上の成果を出してくれる、これが「OJT部下育成」のポイントである。

image


リーダーがよく間違うのは、「リーダーの仕事は部下を叱ることである」という考えである。確かにサボっている部下は叱らなくてはならない。しかし私の経験からは、上司から叱られてやる気がアップしたことはほとんどない。

「リーダーの仕事は部下の良い点を探し、それを褒めてあげること」これが重要なポイントであると思う。

「若手部下のやる気をアップする1つのポイントは褒めること」今日から実践してほしい。






小森コンサルティングオフィス at 10:04コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ