リーダー塾

2019年12月13日

「チームを動かすための管理職塾」第3回研修(大阪中小企業投資育成株式会社主催)を12月12日(昨日)開催しました。

「チームを動かすための管理職塾」第3回研修(大阪中小企業投資育成株式会社主催)を12月12日(昨日)開催しました。
28日のビジネスリーダーが参加。活発なワークショップでリーダーシップを学んでもらいました。

 KIMG5346

本研修は企業のリーダーである管理職に必要不可欠な「リーダーシップ」「部下育成OJT」「マネジメント」の3つのスキルを6回連続研修(6ケ月間)で学ぶものです。講義に加え実践事例発表、ワークショップを多く取り入れ参加型で結果に結び付く研修です。

テキスト書籍には「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)を使いストーリーマップ(研修内容を面白い1枚の漫画であらわしたもの)を見ながら楽しく学んでもらいます。

KIMG2411

今回は「部下育成OJT」スキルの習得でトレーニングの3つのポイント(知識→スキル→習慣化)、習得の4段階、トレーニングの6原則、効果的トレーニングのサイクルを紹介しました。

実践例発表でもチームの雰囲気が明るくなった、部下の心の窓が開きコミュニケーションが改善された、等のベストプラクティスを多く紹介いただきました。

来年2020年1月研修でも素晴らしい実践例を聞かせていただくのが楽しみです。

大阪中小企業投資育成株式会社
https://www.sbic-wj.co.jp/seminar/








小森コンサルティングオフィス at 16:43コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年10月18日

10月17日は「チームを動かすための管理職塾(全6回)」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)を開催しました。

10月17日は「チームを動かすための管理職塾(全6回)」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)を開催しました。

管理職の皆さんが真剣にリーダーシップの実践ポイントを学んでもらいました。

DSC09983 (1024x683)

本研修は管理職に必要な3つのスキル .蝓璽澄璽轡奪廖↓部下育成OJT 、マネジメントを理論と実践ベストプラクティスから習得することを目的とします。

半年間6回連続研修で学んだスキルを職場で繰り返し実践、毎回実践例発表をします。

トレーニングは実践と繰り返しが重要です。

DSC09933 (1024x683)

本研修で素晴らしい次世代リーダーが育つことを期待します。

KIMG4996

「チームを動かすための管理職塾」


小森コンサルティングオフィス at 14:54コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年05月09日

「チームを動かすための管理職塾」(第8期:大阪中小企業投資育成株式会社主催)を開催します。参加者募集中です。

「チームを動かすための管理職塾」(第8期:大阪中小企業投資育成株式会社主催)を開催します。参加者募集中です。
「チームを動かすための管理職塾」案内ページ
https://www.sbic-wj.co.jp/school/?seq=3133 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
チームを動かすための「管理職塾2019」(第8期)参加者募集

「3年間で結果を出せないリーダーは、その後も良きリーダーになる可能性は低い。」
と言われます。

リーダーの役割は、.蝓璽澄璽轡奪廚糧揮▲瓮鵐弌爾琉蘋チームのマネジメントです。
そのためにはメンバーとの「信頼関係」はなくてはならないものであり、このための「コミュニケーション能力」は非常に重要です。

この基本的なことをおさえていないリーダーは、決断できず空回りし、チームをまとめ動かして、チームとしての成果を上げることが難しいと言えます。

企業の多くは、プレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。
しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。
むしろ昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も見られます。

これは自分と他人が「違う」ことがわかっていない、過去にお手本となるような上司がいなかったことが原因だと言われます。

管理職としての役割で最も重要なことは、メンバーを育成し、チームを動かして、会社の目標を達成することなのです。

KIMG3083

研修は「ストーリーマップ」という面白い漫画を観ながら楽しく学んでもらいます。

参加型で実践的に実施します。どうぞご参加ください。

「チームを動かすための管理職塾」案内ページ
https://www.sbic-wj.co.jp/school/?seq=3133 





小森コンサルティングオフィス at 20:17コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年10月04日

「営業組織力強化の5つのポイント」講演会のご紹介(紀伊國屋書店梅田本店主催)

経営者、営業リーダーの皆さんに

「営業組織力強化の5つのポイント」講演会(紀伊國屋書店梅田本店主催)が来週になりました。お陰さまで定員100名に対し90名の申込みをいただき当日までに100名満席の予定です。

ご興味のある方はお早めに申込みください。

紀伊國屋書店梅田本店講演会 

また「チームを動かすための管理職塾2018」(第7期)を10月から3月まで6回連続研修で開催します。(大阪中小企業投資育成株式会社主催)

チームのリーダーシップを発揮して業績アップを達成したい方はどうぞご参加ください。

『チームを動かすための管理職塾』

当日、研修会場で皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

中小企業庁のビジネス応援サイトのミラサポ『決断力向上の秘訣』記事もご覧ください。
アクセスの多い人気サイトになっているようです。

「決断力向上の否決」ミラサポサイト


小森コンサルティングオフィス at 22:55コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年06月04日

「チームを動かすための管理職塾(第7期)」の紹介。参加者募集中です。大阪中小企業投資育成株式会社主催


 チームを動かすための「管理職塾2018」(第7期)の紹介

「3年間で結果を出せないリーダーは、その後も良きリーダーになる可能性は低い。」
と言われます。

「チームを動かすための管理職塾」
2018年10月〜2019年3月(月1回 6回連続研修)
大阪中小企業投資育成株式会社
https://www.sbic-wj.co.jp/school/?seq=2917

リーダーの役割は、.蝓璽澄璽轡奪廚糧揮▲瓮鵐弌爾琉蘋チームのマネジメントです。
そのためにはメンバーとの「信頼関係」はなくてはならないものであり、このための「コミュニ
ケーション能力」
は非常に重要です。

この基本的なことをおさえていないリーダーは、決断できず空回りし、チームをまとめ動かして、
チームとしての成果を上げることが難しいと言えます。


KIMG1248

企業の多くは、プレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。

しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。
むしろ昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も見られます。

これは自分と他人が「違う」ことがわかっていない、過去にお手本となるような上司がいなかった
こと
が原因だと言われます。

研修は講義に加えワークショップ、発表を多く取り入れた参加型研修で行います。

また研修で学んだスキルを職場で実践、ベストプラクティス(成功例)を多く共有化する実践研修です。

またストーリーマップという研修内容を面白い漫画で表した手法を使います。

決断力ストーリーマップ

ストーリーマップは記憶効果、復習効果に優れ、楽しく学べる画期的な研修手法です。

また似顔絵白黒部門世界チャンピオンのケンイチさん作です。

一般参加可能なリーダー塾ですので初めての方もお気軽に参加ください。

「チームを動かすための管理職塾」
2018年10月〜2019年3月(月1回 6回連続研修)
大阪中小企業投資育成株式会社
https://www.sbic-wj.co.jp/school/?seq=2917







小森コンサルティングオフィス at 22:23コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年11月24日

「チームを動かすための管理職塾」第2回研修(大阪中小企業投資育成株式会社主催)を11月16日に開催しました。

「チームを動かすための管理職塾」第2回研修(大阪中小企業投資育成株式会社主催)を11月16日に開催しました。

前回同様に22名のビジネスリーダーに参加いただき「リーダーシップの2つのポイント」を学んでいただきました。


[画像:2e2edfc8-s.jpg]

今回の講義は、

トップダウンリーダーとサーバントリーダーです。

トップダウンリーダーのポイントは、
ゞ制、∧鷭掘↓正当性

サーバントリーダーのポイントは、
\騎寮、一貫性、5容、こ放性

テキスト 書籍「リーダー3年目からの教科書」68p 参照

・リーダーシップの2つのスタイルは、
1.「トップダウン型」
2.「サーバント型」
・トップダウンリーダーのスキルは
「ポジショニングパワー」(強制、報酬、正当性)
・「強制」とは、命令、指示、脅し、伝統といったもので、無理矢理に部下を動かすこと。
スピーディーに統制が取れるが、メンバーが指示を待つ習慣となってしまうおそれがあ
る。

・「報酬」とは、昇進や給料といった見返りでメンバーを動機づけること。

・「正当性」とは、役職や役割といった与えられたポジションの正当性のこと。決められたルール。チーム全体のことを考えて、誰もが動きやすくなるためのルール、つまり正当性の
高いルールをつくり、それをメンバーに守ってもらうことが大切になる。

[画像:6f031517-s.jpg]

・サーバント(奉仕型)リーダーのスキルは
「フォロワーパワー」 (正確性、一貫性、許容、開放性)

・「正確性」とは、「専門性」と「正確な情報」の2つがある。
「専門性」はその分野の専門的な知識や技術のことで、これらをリーダーがメンバーに伝えることで影響力を発揮できる。

「正確な情報」は事実に基づいた情報のこと。何ら加工されていない生データや現場の
声、お客様の声があてはまる。リーダーがメンバーに伝える情報の正確性が低いと、メン
バーの信頼度が下がるため、リーダーが情報を扱う際には正確性のチェックが重要となる。

・「一貫性」とは、一貫した論理や価値観のこと。リーダーの一貫した態度や発言はチームに安心感を与えるため、ぶれない発言、ぶれない態度を示さなければならない。

・「許容」とは、包容力のこと。たとえ失敗しても許される、受け入れてくれると思えるからこそ部下も難しい仕事に挑戦ができる。リーダーの一貫性はチームに安定感を生み出すが、許容はチームに安心感を生み出す。

・「開放性」とは、オープンマインドで接する楽しさや明るさのこと。リーダーの開放性が高いチームは例外なく明るいチームになる。

・リーダーは、トップダウン型のリーダーシップとサーバント型のリーダーシップを時と場面によって使い分けることが望ましい。

⇒新入社員に対してはトップダウン型、中堅社員に対してはサーバント型。
やる気の無い人に対してはトップダウン型、やる気のある人に対してはサーバント型。

緊急事態にはトップダウン型、日常業務にはサーバント型といったように使い分ける。
テキスト81ページをご参照ください。

以上参考にしてください。


小森コンサルティングオフィス at 14:58コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年10月11日

本日は「チームを動かすための管理職塾2017」を開催しました。今年で6年連続開催です。

本日は「チームを動かすための管理職塾2017」を開催しました。今年で6年連続開催です。

[画像:d94a967c-s.jpg]

3年間で結果を出せないリーダーは、その後も良きリーダーになる可能性低いと言います。

リーダーの役割は.蝓璽澄璽轡奪廚糧揮、▲瓮鵐弌爾琉蘋、チームのマネジメントです。そのための「信頼関係」はなくてはならないものてあり、このための「コミュニケーション能力」は非常に重要です。

本研修では、その3つの役割を書籍「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)を使い、理論とワークショップで実践的に学んでもらいます。

[画像:389a9b9e-s.jpg]

本日は23名のビジネスリーダーが参加いただき、熱心に受講いただきました。

今月から月1回、合計6回(半年間)のインタバル研修です。

[画像:abc55dab-s.jpg]

この管理職塾から優秀なビジネスリーダーが多く輩出されることを楽しみにしています。

大阪中小企業投資育成株式会社
https://www.sbic-wj.co.jp/sp/


小森コンサルティングオフィス at 23:38コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年06月07日

「部下の心に火をつけるリーダーシップ」ビジネスフォーラムのご紹介!(大阪中小企業投資育成株式会社主催:参加者募集中)

経営者、 経営 幹部、人事担当責任者 幹部の皆さま へ

「部下の心に火をつけるリーダーシップ」ビジネスフォーラムのご紹介!(参加者募集中)

https://drive.google.com/file/d/0B3pBWAAh-JQhWlVoUzNnS2drYUlnemNmaFNvN2FZbFdWeGtr/view

世界的なビジョナリーカンパニーで実証された実践スキルのご紹介

〜効果的に部下を育成する実践OJTの手法学ぶ 〜

今回のセミナーは、組織力を強化する.蝓璽澄璽轡奪廖↓部下育成OJT、マネジメントの3つのポイントを理論と実践ベストプラクティスをもとに紹介するものです。

特に「チームを動かすための管理職塾」(投資育成ビジネススクール)の5年間の各企業ベスト事例を多く紹介、結果につながる管理職の行動変革のキーワードをご提示します。

経営者及び管理職の方に、よりわかりやすく、実践的、参加型セミナーを展開していきます。

150115_小森康充氏_335


講師:小森康充(小森コンサルティングオフィス 代表)

日時:6月21日(水)13:30〜16:30

場所:大阪中小企業投資育成株式会社 セミナールーム

定員:30名(先着順)

テキスト書籍:「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)をプレゼントします

お申込み方法:下記アドレスの参加申込書に記入の上、FAXにてお申込みください。

「部下の心に火をつけるリーダーシップ」
ビジネスフォーラムのご紹介!
(参加者募集中)
https://drive.google.com/file/d/0B3pBWAAh-JQhWlVoUzNnS2drYUlnemNmaFNvN2FZbFdWeGtr/view

フォーラムはワークショップを取り入れ参加型で楽しく実施します。お気軽にご参加ください。




小森コンサルティングオフィス at 22:30コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年08月30日

「チームを動かすための管理職塾」第5期を10月より開催します。(大阪中小企業投資育成株式会社主催)

「チームを動かすための管理職塾」第5期を10月より開催します。(大阪中小企業投資育成株式会社主催)
2016年10月6日〜2017年3月9日(6ケ月間)
http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00002494.html

以下 ご紹介です。

「3年間で結果を出せないリーダーは、その後も良きリーダーになる可能性は低い。」と言います。

リーダーの役割は、.蝓璽澄璽轡奪廖↓⊃佑魄蕕討襦↓マネジメントです。

そのためにはメンバーとの「信頼関係」はなくてはならないものであり、このためのコミュニケーション能力は非常に重要です。

この基本的なことをおさえていないリーダーは、空回りし、チームを動かし成果を上げることが難しいと言えます。

企業の多くは、プレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。

しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。

むしろ昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も見られます。

自分と他人が「違う」ことをわかっていないからです。

管理職としてのリーダーの役割で最も重要なことは、部下を育成し、チームを動かして、会社としての目標を達成することです。


【開催日時】平成28年10月6日(木)〜平成29年3月9日(木) 
全6回 10:00〜17:00

【講師】小森康充 氏(元P&G アジアパシフィック最優秀マネージャー)

【費用】投資先企業価格 178,000円(1人目    消費税込・昼食含まず)
     〃      148,000円(2人目以降 消費税込・昼食含まず)
一般企業価格    198,000円(1人目    消費税込・昼食含まず)
     〃       168,000円(2人目以降 消費税込・昼食含まず)

【場所】大阪中小企業投資育成株式会社 セミナールーム
大阪市北区中之島3−3−23 中之島ダイビル 28階
(京阪中之島線「渡辺橋駅」2番出口より徒歩1分)

「チームを動かすための管理職塾」第5期
大阪中小企業投資育成株式会社主催
http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00002494.html

多くのビジネスリーダーのご参加をお待ちしています。

小森コンサルティングオフィス at 21:40コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ