三笠書房

2014年10月19日

「君は、どう生きるのか」 心の持ち方で人生は変えられる  古森重隆(富士フィルムホールディングスCEO)著 三笠書房 オススメ書籍の紹介



「君は、どう生きるのか」 心の持ち方で人生は変えられる  古森重隆著 三笠書房 を読んでいる。

本書は大胆な構造転換でV字回復を成し遂げた富士フィルムホールディングスのCEO古森重隆氏の著書である。
「人生は、自分を磨き続ける旅である。」日本の若者に贈る

自分の人生を創造的に生きる10章の構成になっている。

第一章 どう働き、どう生きるか
第二章 強く荒れ、そして優しくあれ
第三章 一冊の本との出会いが、人生を変える
第四章 何事もゴツゴツ向かって行け
第五章 リーダーは”五体”を使え
第六章 課長よ、先頭に立って戦え
第七章 先を読み、決断できる人になれ
第八章 サラリーマン人生には三回のチャンスがある
第九章 経営者として迎えた富士フィルム最大の危機
第十章 日本人よ、戦う気持ちをとりもどせ

昨年2013年の世界経営者会議(日経新聞主催)で古森重隆CEOの講演を聞かせていただき、たいへん勉強になり本書も読ませていただいた。

たいへん勇気の出る内容である。

私が印象に残ったポイントは、

/誉犬藁垢任△襦いろんな経験をし、それから学び、前へ上へ進んでいく。そこから人は、充実感と、自己実現への道を実感する。

半年でいいから死ぬ気になって働いてみなさい。そうすると仕事がどういうものかがわかるし、バランスのとり方もわかるようになるよ。

できないことを他人のせいにするのではなく、自分自身で行動せよ

ぜ分の頭で考え抜くことなしに成長はない

ダ犬ることは戦いであり、ビジネスもまた戦いである。

Ε蝓璽澄爾やるべき4つのこと
何が起こっているか事実を直視する「読み」、やるべきことの優先順位を決め具体的プランを「構想する」
それを明確なメッセージとして部下に「伝える」、それを確実に「実行する」

東大アメフト部で培ったチームワークの5つのポイント
「闘魂」「力」「スピード」「戦略」「チームワーク」

─嵜燭亮体蓮廚箸いΨなしに、いい戦いはできない
真の実力は、その人物のシグマ(総和)によってあらわされる

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最後にエピローグとして古森氏は、「日本の産業のポテンシャルは高く、技術力、人材力は、今も世界最強である。ただイノベーションを起こして世界市場に打って出てやろうというチャレンジが足りない。」と指摘されている。

「無限の可能性が広がる未来へ、いざ、自信を持って踏み込め!」と激励されている。


「君は、どう生きるのか」 心の持ち方で人生は変えられる  古森重隆著 三笠書房 すべてのビジネスパーソンに読んでいただきたいオススメの書籍です。




小森コンサルティングオフィス at 16:15コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年11月18日

「迷いながら強くなる」羽生善治著、三笠書房、おすすめ書籍のご紹介



「迷いながら強くなる」羽生善治著 三笠書房 を読んでいる。

ポイントは、「自分の頭で考えた答えが、人間を強くする。」というもので、羽生さんは、迷いもミスも前に進んでいくステップとして必要なものである。と言ってます。

著者の羽生善治さんは、将棋棋士。名人、竜王、棋王、棋聖、王位、王座、王将の7大タイトルすべて独占という前人未到の記録を達成。2012年、生涯獲得タイトル数が81期となり歴代1位となる。

私がチェックした書籍のポイントは、

1:「玲瓏」というまっさらな透明な状態にあるとき、迷いのない選択ができる。

2:何をしたらいいかわからない時には、「待つ」というのも有効な手段である。

3:恐れはスパイスや調味料のようなものだ

4:こだわりが強ければ合格点も高くなり、簡単には妥協しない。

5:今やるべきことに集中することが大事

6:欲や利害は、判断の目を曇らせる

7:自然体の先に本物の成長がある

8:場をよくする簡単な方法は、そうじをしてきれいにすること

9:対立する考え方を作り出してしまったら、その時点ですでに負けている。

10:プロは例外なく守りが固い。

「一見、意味のなさそうなことでも、マイナスにしか思えないことでも、実は自分に重要な影響がある。

「迷いながら強くなる」羽生善治著 三笠書房 すべてのビジネスマンに読んでいただきたい、おすすめの書籍である。



小森コンサルティングオフィス at 01:53コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年11月10日

「自助論」サミュエル・スマイルズ著、竹内均訳、三笠書房 おすすめ書籍のご紹介



「自助論」サミュエル・スマイルズ著、竹内均訳(三笠書房)を読んでいる。

たいへん勉強になる。

この本は、いい人生、つまり物心ともに豊かな人生、「達成感」にあふれた人生を生きた人々のエピソードと自己実現法を書いた実例集である。

自分の夢がどんなものであれ、その実現法が必ずこの本の中に書かれている。

著者のサミュエル・スマイルズは、イギリスの著述家、はじめ医者であったが、「自助論」の発売後、文筆に専念する。
この本は世界的なベストセラーとなっている。

章立ては、

第1章 自助の精神
人生は自分の手でしか開けない

第2章 忍耐
努力が苦でなくなる法

第3章 好機は二度ない
人生の転機を生かす力

第4章 仕事
向上意欲の前に壁はない

第5章 意思と活力
自分の使命に燃えて生きる

第6章 時間の知恵
実務能力のない人に成功はない

第7章 金の知恵
楽をするためには汗をかけ

第8章 自己修養
頭脳と心、体の効率のよい鍛え方

第9章 すばらしい出会い
人生の師、人生の友、人生の書

第10章 信頼される人
人格は一章通用する最高の宝だ

ーーーーーーーーーーーーーーー
私がメモしたポイントは、

1:自分の力を信頼し、精力的に働くこと、これが人間にとって不可欠なことだ。

2:天才とは、人間の内なる情熱の炎を燃え立たせる力である。

3:最高に真実なる知恵は、毅然とした決断なり(ナポレオン)

4:いかなる職業でも、有能な人間になるには次の3つが欠かせない。それは天性と勉強、そして実践だ(ギリシャの格言)

5:世界を動かそうと思ったら、まず自分自身を動かせ(ソクラテス)

6:現代人、とりわけ成長期の若者にとって、雑誌や小説は疫病以上に恐ろしい新たな精神の病だ。それはきれいな水を腐らせ、家庭をむしばむ害虫のようなものだ(著述家ジョン・スターリング)

7:困難と闘いながら、人間は勇気を高め、才能を磨き上げていく。我々の敵は、実はわれわれの味方なのだ(政治思想家バーク)

8:常に良心が命じる義務を果たし、結果は天にまかせよ

9:時間にルーズな人間は、成功のバスに乗り遅れる

10:賢者の目は、頭の中にあり、愚者は暗闇を歩く(古代イスラエルの王ソロモン)

「自助論」サミュエル・スマイルズ著、竹内均訳(三笠書房) すべてのビジネスマンに読んでいただきたい、おすすめの書籍である。

小森コンサルティングオフィス at 12:11コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年10月12日

「心のブレーキを消す技術」佐々木豊文著(三笠書房)おすすめ書籍のご紹介



「心のブレーキを消す技術」
佐々木豊文著 (三笠書房) 
《行動力を全開にする、潜在意識の活かしかた》 を読んでいる。

たいへん参考になる面白い書籍である。

著者の佐々木豊文氏は、東京工業大学卒、工学博士、「速読脳開発プログラム」を確率し教室を開講。NHKの他マスコミでも取り上げられ、学術講演や企業研修も実施されている。

著書にベストセラー「1冊10分で読める速読術」「頭の回転が早くなるすごい!法」(三笠書房)がある。

この本は、心のセルフコントロール法を紹介されていて、米国生まれの潜在能力開発法「シルバ・メソッド」が基本になっている。

やるべきことは、わかっているが行動に移せない。

小さなことで、いつもクヨクヨしてしまう

自信がない、気が弱く損ばかりしている

このような悩みを持たれている方には、たいへん参考になると思う。

またセルフコントロールの手法としては、すべてのストレスをかかえるビジネスマンに読んでいただきたいと思う。

第一章 なぜ、心にブレーキがかかるのか? その秘密は潜在意識にあった。

第二章 あなたはもっと思い道りに行動できる。 潜在能力を引き出すテクニック

第三章 前向きな性格をつくる、10の方法、マイナス思考をいかに消し去るか

第四章 身体を整え、心を強くする生活術 食事、運動から、呼吸法まで

私のチェックポイントは、

1:常に、明るく、健康的で、前向きな言葉を使う

2:「ありがとう」の感謝の言葉を多く使う

3:ただの移動時間も、気持ちの持ち方ひとつで、自分を磨く時間に変えることができる

4:心配とは行動の不足から起こることである

5:ビジネス成功の秘訣は、成功するまでやることだ。(松下幸之助)

6:「いま」に集中すること。過去と未来は考えない

7:たくさん笑うと心も身体も元気になる

8:ときには、傍若無人になっていい

9:潜在意識の力を引き出すには、具体的なイメージが必要

10:予期とは、頭の中ですでに夢が実現していること

「心のブレーキを消す技術」
佐々木豊文著 (三笠書房) 
《行動力を全開にする、潜在意識の活かしかた》

すべてのビジネスマンに読んでいただきたい、おすすめの書籍です。

小森コンサルティングオフィス at 15:38コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年05月06日

「確実に自分を変えていく法」 ~もっと「脳にいいこと」だけをやりなさい~ マーシーシャイモフ著 茂木健一郎訳 三笠書房 おすすめ書籍の紹介

もっと「脳にいいこと」だけをやりなさい!確実に自分を変えていく法 (知的生きかた文庫)
もっと「脳にいいこと」だけをやりなさい!確実に自分を変えていく法 (知的生きかた文庫) [文庫]


「確実に自分を変えていく法」
~もっと「脳にいいこと」だけをやありなさい~
マーシーシャイモフ著 茂木健一郎訳 三笠書房 を読んでいる。

たいへん面白い。
この本は、人生を楽しむための考え方、脳の使い方、心構えについて貴重なアドバイスをしてくれる。

今まで思い込んでいた間違った考え方を多く発見できる内容である。

著者のマーシーシャイモフは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でMBA、一流企業、大学で講演を行い何百万という人々に影響を与えてきた。彼女の著書は、31の言語に翻訳され、累計1400万部を越える。

章立ては、充実した人生を送る7つのポイント

1)今、この瞬間に目を向ける

2)脳と体にエネルギーを行き渡らせる

3)自分に最高にやさしくする

4)全身を思いやりで満たす

5)人と心の奥底から通じ合う

6)きれいなもの、楽しいこと、をコレクションする

7)周囲のすべてとつながる

私がチェックしたポイントは、

1)よく「自分探し」ということが言われる。自分など探しても見つからない。何故なら自分は、つくっていくものだからだ

2)脳は一番あなたらしい生き方を求めている 

3)内面的に安定し「今ここ、この瞬間」に集中していれば、どれほど周囲が危険な状態に見えても、十分にリラックスして、心を開くことができる

4)愛は2人の人間の間に発生するものではありません。それは、自分が心を開いているかいないかという問題なのです

5)人生の出来事は、あなたに起こるのではなく、あなたのために起こるのです。

6)人は自分を心から受け入れ、愛することができてはじめて、変わることができる

7)何かが起きたとき、それを楽しい、自分の成長のためになると思えると、自分の気持ちもそれについてくる

8)人は誰でも、忘れられない過去の傷や、完全には許すことができない人がいるものですが、どれだけ「不当」だと思っても、まず相手を許さなければ先に進めません。

以上すべてのビジネスマンに読んでいただきたいお薦めの1冊です。



小森コンサルティングオフィス at 20:32コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ