信頼構築

2022年07月19日

値上げ交渉成功のポイント、┯鮠弔決裂しても得意先との信頼関係は継続する

交渉が決裂しても得意先との信頼関係は継続する

値上げ交渉が決裂してもケンカ別れになってはいけない。根気強く何度も交渉することである。

仮に値上げ理由で契約解除になっても信頼関係は維持し商談は継続する。

一旦契約解除になっても半年後、1年後に再契約にもっていくのが営業の仕事である。

一見、値上げが理由で契約解除になったように見えるが、実は営業が得意先との信頼構築ができてないことが理由で契約解除になることもあると思う。日頃から営業と得意先の信頼構築ができておれば価格交渉もスムーズにいくことが多い。

「価格交渉がスムーズにいかない真の理由は何か?」営業はこのポイントを自問自答することが重要である。このような困難な交渉を成立させるために営業が雇われている。

交渉がうまくいかないのは価格改定そのものが悪いのいではなく、交渉成功に持っていけない営業の交渉力がないのである。


20181011_0230



小森コンサルティングオフィス at 09:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

カテゴリー
月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ