原則

2019年03月14日

決断力のリーダーシップ研修よりコーチング編◆孱贈紕鵤堯。丕鬘瓧磽遙蕋磽紂〃菽任垢觧柄に関する情報多く集めよ」

決断力のリーダーシップ研修よりコーチング編◆Best Practice 決断する事柄に関する情報多く集めよ」

以下に原則2を紹介します。決断するエリアの情報収集をしっかりとすること。これがポイントです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

原則2 Best Practice 決断する事柄に関する情報多く集めよ

ワークショップ

多く集めた情報からベストプラクティスを選定しそれをFACT,MATH,LOGICで分析すること


あなたはある会社の企画部門リーダーです。後輩の田中くんから「製品の拡売企画を今週中に立案しないといけないのですが、いくら考えても良いアイデアがうかびません。過去の実施企画レポートは多くあるのですが読むだけで疲れてしまいました。どうすればよいのでしょう?」と相談を受けました。

 

 

模範解答


質問1)このケースの問題点は何ですか?


情報収集の目的はベストプラクティス(成功例)を見つけることです。失敗例から学ぶこともできますが、成功例を分析したほうが効率的です。過去の企画実施の結果から最も優れた結果を出した事例を3例ほど選定します。それをFACT(事実)、MATH(数字)、LOGIC(論理)の3点セットで分析します。

そのポイントを参考に今回の企画を作成することです。今回の問題点は、後輩がこのポイントを理解せずにやみくもに企画レポートを読んでいることにあります。

 

 

質問2)あなたはリーダーとして後輩に何とアドバイスしますか?


リーダー「田中くん、企画実施レポートを読む目的は何かな?」


田中「よくわかりません。なんとなく読んでました。」


リーダー「ビジネスはすべて目的が重要だよ。何をするにも目的は何か?を自問自答することだ。今回の目的は製品の拡売企画を作ることだけれど、そのために過去実施した企画分析は重要だよね。そしてその目的はベストプラクティスを見つけ分析することなんだ。」


田中「どうやって分析するんですか?」


リーダー「企画実施で成功した事例FACT(事実)をMATH(数字)に落とし込み、何故そのような成功ができたのかをLOGIC(論理)で成功ポイントを導くんだ。その成功ポイントが今回も適用できるとすると企画成功の可能性がアップする、と考えるのだよ」


田中「わかりました。やってみます。」

 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日から実践してください。



小森コンサルティングオフィス at 07:00コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年03月03日

「原則に基づく意思決定の7つのプロセス」ビジネスリーダーの皆さんへ

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は「原則に基づく意思決定の7つのプロセス」を紹介します。

これは皆さんがプロジェクトをリードし結果を出すために、このステップを実施するとスムーズにいくというものです。

この中に「イシュー」という言葉がでてきます。これは「課題」という意味ですが、
「このプロジェクトを成功させるための1番のポイントは何か?」
「最重要なものは何か?」という意味です。

古巣のP&Gではミーティングで「イシューは何か?」とよく聞かれました。これに答えるのが難しいのです。

プロジェクトの目的、関するデータ、等重要な要素を理解していないと「イシューは何か?」が答えられないのです。

もう1つ「原理原則」という言葉がでてきます。「どの原則に則って進めていくか?」ということですが、これがまた重要になります。

P&Gでは「Do The Right Thing!」(正しいことをしろ!)、「Consumer is Boss!」(消費者がボス)という原則がありました。

すべてのディスカッションは、この原則に基づいて進められます。

では以下ご覧ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
原則に基づく意思決定の7つのプロセス

1) 現状を明確にする
事実は何か?  イシューは何か?
誰が情報を持っているか?  チームのニーズは何か?

2) 関係者(キーマン)を明確にする
誰が関係者で彼らのインプットは何か?
関係者の決定に影響力のあるのは誰か?
決定に関与させる必要のある人は誰か?

3) 基本原則を明確にする
コアバリュー、原則は何か?
会社の方向性は何か?
ルール、倫理規定は何か?
適用するポリシーは何か?

4) 可能なソリューション提案を考える
ガイドラインの原則を再度チェックする
ソリューション提案を3つ作成する
適用できる専門的なリソースを付け加える

5) 決断する
ガイドラインの原則にあてはまるか評価する
3つの選択肢を評価し、その中から1つを選定する

6)ベストなソリューションを実行する
  実施計画を作成する
  手続き上のガイドラインを明確にする
  関係者とコアバリューとの関連性を確認する

7)フォローアップ
  その決定は我々の望ましい結果を達成するか?
  我々は何を学んだか?  
その学びから次は何が提供されるか?          

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上です。今日から実践してください。



小森コンサルティングオフィス at 05:00コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年11月08日

「原則に基づく意思決定の7つのプロセス」とは?ビジネスリーダーの皆さんへ

ビジネスリーダーの皆さんへ

皆さんは日頃、仕事上の多くの意思決定をされていることでしょう。

プロジェクトをどのように進めるか?この企画の実施をどのように判断するか?等

では原則に基づく正しい意思決定をするにはどのようにすればよいのでしょう?

今日は 「原則に基づく意思決定の7つのプロセス」を紹介します。

この7つのステップを実施することを習慣化していただければ効率的な意思決定ができることでしょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「原則に基づく意思決定の7つのプロセス」とは?

1) 現状を明確にする

事実は何か?  イシューは何か?
誰が情報を持っているか?  チームのニーズは何か?

2) 関係者(キーマン)を明確にする

誰が関係者で彼らのインプットは何か?
関係者の決定に影響力のあるのは誰か?
決定に関与させる必要のある人は誰か?

3) 基本原則を明確にする

コアバリュー、原則は何か?
会社の方向性は何か?
ルール、倫理規定は何か?
適用するポリシーは何か?

4) 可能なソリューション提案を考える

ガイドラインの原則を再度チェックする
ソリューション提案を3つ(2つ)作成する
適用できる専門的なリソースを付け加える

5) 決断する

ガイドラインの原則にあてはまるか評価する
3つの選択肢を評価し、その中から1つを選定する

6)ベストなソリューションを実行する

  実施計画を作成する
  手続き上のガイドラインを明確にする
  関係者とコアバリューとの関連性を確認する

7)フォローアップ

  その決定は我々の望ましい結果を達成するか?
  我々は何を学んだか?  
その学びから次は何が提供されるか?
  他に必要なものはないか?         
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上今日から実践してみてください。


小森コンサルティングオフィス at 06:00コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年05月24日

100の金言に学ぶ「富と成功の原則」中野稔彦著 かんき出版 おすすめ書籍の紹介



100の金言に学ぶ「富と成功の原則」中野稔彦著 かんき出版
を読んでいる。

本書は、お金持ちへの道しるべとなる不変の成功哲学を100の金言にまとめたものです。

著者の中野稔彦氏は、金融コンサルタント、北海道大学卒業、大和證券入社、大和證券SMBC取締役を歴任、現在は、(株)投資健全化計画 を設立、代表取締役社長に就任、企業コンサルティング、資産運用アドバイスを行っている。

章立ては、10のチャプター(習慣、知性、行動力、運命、技術、人間関係、感性、忍耐、魅力、勇気)に分かれている。

私が参考になったものは、

チャンスは貯金できない (ヘンリー・キッシンジャー)

いやならやめろ。ただ本当にイヤだと思うほどやってみたか?(堀場製作所創業者 堀場雅夫)

お金は天から降ってこない。地上で稼ぎ出さねばならない (マーガレット・サッチャー)

この人生は、どんなに辛くとも生きるに値する。そのためには3つのことが必要だ。それは、勇気と希望と幾ばくかのお金だ (チャールズ・チャップリン)

何かを生み出す行動でなければ、行動と言えない (ジュリアス・シーザー)

楽観は人を成功に導く信仰です。希望がなければ、何事も成就しません (ヘレン・ケラー)

金がないから何もできないという人間は、金があっても何もできない人間である (小林一三)

100の金言に学ぶ「富と成功の原則」中野稔彦著 かんき出版 多くのビジネスマンに読んでいただきたい、おすすめの書籍です。

小森コンサルティングオフィス at 10:26コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ