古森重隆

2014年10月19日

「君は、どう生きるのか」 心の持ち方で人生は変えられる  古森重隆(富士フィルムホールディングスCEO)著 三笠書房 オススメ書籍の紹介



「君は、どう生きるのか」 心の持ち方で人生は変えられる  古森重隆著 三笠書房 を読んでいる。

本書は大胆な構造転換でV字回復を成し遂げた富士フィルムホールディングスのCEO古森重隆氏の著書である。
「人生は、自分を磨き続ける旅である。」日本の若者に贈る

自分の人生を創造的に生きる10章の構成になっている。

第一章 どう働き、どう生きるか
第二章 強く荒れ、そして優しくあれ
第三章 一冊の本との出会いが、人生を変える
第四章 何事もゴツゴツ向かって行け
第五章 リーダーは”五体”を使え
第六章 課長よ、先頭に立って戦え
第七章 先を読み、決断できる人になれ
第八章 サラリーマン人生には三回のチャンスがある
第九章 経営者として迎えた富士フィルム最大の危機
第十章 日本人よ、戦う気持ちをとりもどせ

昨年2013年の世界経営者会議(日経新聞主催)で古森重隆CEOの講演を聞かせていただき、たいへん勉強になり本書も読ませていただいた。

たいへん勇気の出る内容である。

私が印象に残ったポイントは、

/誉犬藁垢任△襦いろんな経験をし、それから学び、前へ上へ進んでいく。そこから人は、充実感と、自己実現への道を実感する。

半年でいいから死ぬ気になって働いてみなさい。そうすると仕事がどういうものかがわかるし、バランスのとり方もわかるようになるよ。

できないことを他人のせいにするのではなく、自分自身で行動せよ

ぜ分の頭で考え抜くことなしに成長はない

ダ犬ることは戦いであり、ビジネスもまた戦いである。

Ε蝓璽澄爾やるべき4つのこと
何が起こっているか事実を直視する「読み」、やるべきことの優先順位を決め具体的プランを「構想する」
それを明確なメッセージとして部下に「伝える」、それを確実に「実行する」

東大アメフト部で培ったチームワークの5つのポイント
「闘魂」「力」「スピード」「戦略」「チームワーク」

─嵜燭亮体蓮廚箸いΨなしに、いい戦いはできない
真の実力は、その人物のシグマ(総和)によってあらわされる

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最後にエピローグとして古森氏は、「日本の産業のポテンシャルは高く、技術力、人材力は、今も世界最強である。ただイノベーションを起こして世界市場に打って出てやろうというチャレンジが足りない。」と指摘されている。

「無限の可能性が広がる未来へ、いざ、自信を持って踏み込め!」と激励されている。


「君は、どう生きるのか」 心の持ち方で人生は変えられる  古森重隆著 三笠書房 すべてのビジネスパーソンに読んでいただきたいオススメの書籍です。




小森コンサルティングオフィス at 16:15コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年12月01日

「魂の経営」古森重隆著(富士フィルムホールディングスCEO)、東洋経済 おすすめ書籍の紹介



魂の経営
古森 重隆
東洋経済新報社
2013-11-01



「魂の経営」古森重隆著(富士フィルムホールディングスCEO)、東洋経済、を読んでいる。たいへん勉強になるおすすめの書籍である。

「やるべきことを断固としてやる」

写真フィルム市場が10分の1に縮小する危機を、奇跡と称される事業構造の転換で乗り越えた、古森流経営改革の全貌とリーダー哲学。

著者の古森重隆氏は、1939年満州生まれ。東大卒業後、富士写真フィルム入社。96年富士フィルムヨーロッパ社長、2000年代表取締役社長、デジタル化の進展に対し、経営改革を断行し事業構造を大転換。液晶ディスプレイ材料、医療機器などの成長分野に注力し、事業をV字回復させる。

第一章:本業消失

第二章:第二の創業

第三章:有事に際して経営者がやるべきこと

第四章:すべては戦いであり負けてはならない

第五章:会社を思う気持ちが強い人は伸びる

第六章:グローバル時代における日本の進路

ーーーーーーーーーーーーーーー
私が参考になったポイントは、

1:有事に際して経営者がやるべき4つのことは、「読む」「構想する」「伝える」「実行する」

2:トップのメッセージが伝わらなければ組織は動かない

3:世の中は、すべて戦いであり、競争である。それが、社会の原理である。

ライバルや敵との戦い
時代の流れとの戦い
運命に対しての戦い
困難に対しての戦い
壁や因習に対しての戦い
そして、自分の弱さに対しての戦い

4:アメフトには「闘魂」「力」「スピード」「戦略」「チームワーク」という5つのものが必須である。
これはそのまま人生にも、経営にも通じる要素である。

5:徳育とは、
曲がったことはするな
卑怯なまねをするな
正直であれ
嘘をつくな
負けて泣くな
弱いものいじめをするな
人様に迷惑をかけるな
姿勢を正しくせよ

6:日本人の一番すごいところは、努力すれば成功するという確信を持っていることだ

7:人頼みをする前に、自分は何をしたのか?

8:競争することの大切さを子供に教えよ

富士フィルム先進研究所のプレート
「叡知、勇気、創造、希望」

「魂の経営」古森重隆著(富士フィルムホールディングスCEO)、東洋経済、すべてのビジネスマンに読んでいただきたいおすすめの書籍である。

小森康充


小森コンサルティングオフィス at 23:18コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ