同志社東京

2015年05月18日

同志社ミニビジネススクールの「グローバル時代を読む 〜目指すは経済名探偵〜」(第1回)を受講しました。講師は浜 矩子先生(同志社大学ビジネス研究科教授)

同志社ミニビジネススクールの「グローバル時代を読む 〜目指すは経済名探偵〜」(全5回)
の第一回の講義を受講した。

講師は、浜 矩子(はま のりこ)先生(同志社大学ビジネス研究科教授) である。

浜先生のプロフィール

一橋大学経済学部卒業後、1975年三菱総合研究所入社。1990年三菱総合研究所ロンドン駐在員事務所所長兼駐在エコノミスト就任。1998年三菱総合研究所主席研究員・経済調査部長。2002年秋より同志社大学大学院ビジネス研究科教授。専門は「国際経済学」「国際金融論」「欧州経済論」。

講義の合間を縫って内外のメディアに登場。各局の時事・ニュース番組にマクロ経済に関するコメンテーターとして、全国紙をはじめ、京都新聞、The Japan Times、Financial Times、Les Echos、Open Democracy、毎日エコノミスト誌他月刊誌、Web site Cafeglobe.com等にコラムやコメントを提供している。

同志社ミニビジネススクールの「グローバル時代を読む 〜目指すは経済名探偵〜」(全5回)
https://www.doshisha.ac.jp/admissions_continuing/open_lecture/tokyo/mini_business.html

15名の受講生の1人として浜先生から経済学の勉強をさせていただいている。

たいへん勉強になる。本日の講義で勉強になったポイントは、

〃从儚萋阿魃弔鵑任い襪里録祐屬世韻任△襦

■影1回「怒る」ことは重要。怒りを忘れると人に騙される。怒ると頭が回転する。

今の0(ゼロ)金利は誰のためのものか?「金利を下げてデフレから脱却する」これが大儀名文である。しかし実は、今の日本国政府が破綻しているのを隠すためである。

ずの安倍政権のやっていることは、国民全体を幸せにする政策ではない。一部の金持ちをより金持ちに、一部の大企業をより強くするためのものであり、その他大多数の国民、中小企業は幸せにならない。

ズの円安水準はおかしい。普通日本のような債権大国の通貨は上がるはずである。ところが不自然な政策によって無理に通貨を下げている。

Α孱韮丕稗董頁金積立金管理運用独立行政法人)」は、我々国民の大事な年金を運用しているが、日本株の運用比率を上げている。確実性が大事な年金を株のようなギャンブルに投資することで、見かけ上の株価を釣り上げているだけである。GPIF、http://www.gpif.go.jp/

С価を釣り上げるため急にROEという言葉がマスコミに出だした。今の株価は本当に企業の成長で上がっているのか?バブルのように不自然に上がっているのではないか?

┘▲戰離潺スは、アホノミクスである。

我々は以下のことを考え、判断する必要がある。

今の政府の政策は、本当に国民1人1人を幸せにする政策なのか?

マスコミが報道するように本当に景気は良くなっているのか?

今の円安水準は本当に正しいのか?

マスコミ、エコノミストの話を鵜呑みにするのではなく、我々国民1人1人が考え判断することが重要であると思う。




小森コンサルティングオフィス at 23:23コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年06月02日

「2014同志社東京・春の集い(第16回)」ロイヤルパークホテルに校友600名が参加しました

5月25日 「2014同志社東京・春の集い(第16回)」に参加しました。
〜「同志社グローバリズム」−一国の「良心」、世界のRYOSHIN〜

ロイヤルパークホテル 3Fロイヤルホールにて校友600名が集まりました。

第一部の式典は、

東京クローバークラブのDoshisya College Song 、
開会祈祷(牧師 松井相見氏)、
開会宣言(実行委員長 香月宏三氏)、
東京校友会 会長挨拶(児玉正之氏)、
来賓挨拶 同志社総長(大谷實氏)、同志社校友会 会長(井上礼之氏) の順番で行われた。

第二部 講演会は、

「同志社国際化の現状と今後の展望」 同志社大学 学長 村田晃嗣氏

「我が野球人生と同志社」 元ヤクルトスワローズ 宮本慎也氏(現在は野球解説者)

第三部は、懇親会の立食パーティであった。

写真 2


上の写真は、同志社校友長 井上礼之氏(ダイキン工業株式会社 会長兼CEO)の挨拶である。

写真 1


上の写真の同志社大学の村田学長からは、同志社大学グローバル化、世界の大学の面白い話を聴かせていただいた。

写真 3


元ヤクルトスワローズの宮本慎也氏からは、PL学園、同志社、プリンスホテル、ヤクルトスワローズと経験された野球人生の面白い話を聴かせていただいた。聞き手は三上明子さん(同志社硬式野球部元マネージャー)である。

写真 4


懇親会の最後は、応援団、チアガールの演武で盛り上がった。

早いもので私も同志社大学を卒業して、28年になる。
この春の集いは、たいへん楽しい会であり、また来年も参加させていただきたいと思う。

実行委員会の皆さんに感謝である。

同志社東京校友会
http://doshisha-tokyo-alumni.jp/

同志社東京オフィス
https://www.doshisha.ac.jp/information/facility/tokyo_o.html






小森コンサルティングオフィス at 12:11コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ