営業の価値

2017年10月03日

「人は会社の最も大事な財産である」営業の価値(バリュー)より

「人は会社の最も大事な財産である」

営業の価値(バリュー)より

会社は人によって成り立ちます。人が会社の最も重要な財産であることは言う必要のないことでしょう。

では具体的に社員に「あなたは会社の最も重要な財産である」ことをどのようにして伝えればよいのでしょうか?

離職率の高い会社は、社員が最も重要な財産であると感じてないのかもしれません。

今日は3つのポイントで紹介します。

「人は会社の最も大事な財産である」

〕ソ┐平佑鯑社させ、トレーニングする

人材育成はリクルーティングの採用から始まります。会社の将来のリーダーシップをとってくれる人材を探すことが重要です。そしてその人材をトレーニングで育てることが重要です。                      

個人の貢献度を認識して褒める

信頼関係はコミュニケーションの回数が重要なポイントです。上司と部下、リーダーとメンバーは十分なコミュニケーションがとれてますか?
またコミュニケーションといっても上司が命令、説教するだけではいけません。部下の話を聞き、部下の貢献度を褒めてあげることが重要です。

オープンで自由なコミュニケーションをする

上司がすべて決めてしまうのではなく、部下にも企画の意思決定に参画させることがポイントです。
自分もチームの一員であり意思決定に参加しているという意識が会社、チームに対するロイヤリティをアップさせるのです。

以上3つのポイント、今日から実践してみてください。





小森コンサルティングオフィス at 11:22コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年10月02日

「Do the Right Thing ! 」(正しいことをしろ) 営業の価値(バリュー)とは?

「Do the Right Thing ! 」(正しいことをしろ)

営業の価値(バリュー)とは?

営業の皆さんへ

皆さんはどのような価値(バリュー)を持って営業活動をしていますか?

今日は1つの重要な価値を紹介します。

それは「Do the Right Thing !」

「正しいことをしろ。」という意味です。

営業は得意先商談が多く、上司と一緒にいる時間より1人で得意先にいる時間のほうが多いと思います。

得意先から会社のルールを逸脱する条件を要望された時、あなたはどうしますか?

よくやってしまう間違いは、「ばれなければよい。」と得意先の要望を受け入れてしまうことです。

その時、この質問を自問自答してください。

「それはDo the Right Thing か?」 

正しいことか?

という質問です。

会社のルールを逸脱する得意先要望を上司の了解を取らずに約束することは、してはいけないことです。

もちろんDo the Right Thing ではありません。

よって丁寧に、はっきりと断らないといけません。

今日から捨てていただきたい価値観を2つ紹介します。

「ばれなければよい」

「前の先輩も、やってた」

この考えが浮かんできてしまうと会社のルールを逸脱した約束をしてしまう可能性が出てきます。

決断に迷ったとき

「それはDo the Right Thing か」

この質問を自問自答してください。

小森コンサルティングオフィス at 21:58コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ