団塊号ミドル

2017年06月18日

「鶴見川にオール同志社のエイトが浮かんだ日」(同志社タイムスの記事より)

マスターズのボートチームである団塊号に4月に入会し毎週日曜日に鶴見川(横浜市)にてエイトを漕いでます。

先日は第10回マスターズレガッタにも「団塊号ミドル」エイトで出場しました。

その活動の中でオール同志社のOBで初めて鶴見川でエイトが浮かんだ記事が同志社校友会の新聞「同志社タイムス(5万部)」に掲載されましたので紹介します。

1497767804243


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「鶴見川にオール同志社のエイトが浮かんだ日」(同志社タイムスの記事より2017年6月号)

「ボートを漕ぐことをROWINGという。ROWINGの要諦は力を合わせることにある。
今年4月30日(日)に同志社大学ボート部のOB10名(S55年卒〜H6年卒)が鶴見川漕艇場(横浜市)に集結した。目的はエイト乗艇である。

最近は各スポーツにおいてマスターズ大会が盛んになっているが、ボートも例外でなく全日本マスターズレガッタが開催されるようになり今年で10回目を迎える。この日は6月3日開催のマスターズ出漕を目指すメンバーが集まった。中には卒業以来30年振りに乗艇するという人もいて、各々の思いは様々であった。

期待と不安を胸に1本目を漕ぎだした。途端にピタッと来た。エイトは水を斬り快適に走りだした。一番若い人でも卒業後23年、学年差は最大14年、時空を超えて同志社ROWINGが出現した。実に気持の良い瞬間であった。栄光の歴史と伝統、瀬田川での合宿、その中の猛練習で育まれた同じ遺伝子を持つ10名を実感した瞬間であった。

昨年ボート部は創部125周年を迎えた。その歴史の中で関東の鶴見川にオール同志社のエイトが浮かんだのは初めてのことであった。

平成29年5月25日   文責:小関 隆一(昭和55年卒業)」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
DSCN1914


大学のクラブの先輩後輩でチームを作りレースに出場できることは楽しいですね。

DSCN1952


同志社校友会
http://www.doshisha-alumni.gr.jp/


小森コンサルティングオフィス at 22:47コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ