売上目標

2014年06月29日

営業のポイント。「会社から与えられた売上目標が、いかに高いものであっても、それが達成不可能であることを証明することはできない。」



営業マンの皆さんへ

今日は「売上目標に対する心構え」を紹介します。

それは「会社から与えられた売上目標が、いかに高いものであっても、それが達成不可能であることを証明することはできない。」ということです。

例えば、あなたが、あるエリア担当の営業だとしましょう。去年は先輩がそのエリアを担当していて1000万円の売上結果だったとしましょう。今年は同じ条件で、あなたに倍の2000万円の売上目標が与えられたとしましょう。

特に大きな新製品、条件等はなく去年と同じ条件であれば、あなたは上司に何と言いますか?
おそらく「売上目標は、何故2倍になるんですか?そんなの無理ですよ。」といいたくなりますよね。

私も20年間営業職を経験しましたので、お気持ちはわかります。
今日紹介したいのは、

「会社から与えられた売上目標が、いかに高いものであっても、それが達成不可能であることを証明することはできない。」

ということです。もし証明できるのでしたら、してみてください。
売上結果というのは、やってみないと、わからないものです。

得意先が、去年の倍の数量買ってくれるかもしれません。

競合他者が倒産して注文がすべて当社に来るかもしれません。

予想外に新規開拓で大口注文が取れるかもしれません。

よってトップ営業マンを目指されるあなたは、いかに売上目標が高いものであっても、「どうしたら達成できるか?」という積極的なマインドで新しいアイデア、新しい行動、戦略を考えて果敢に行動してください。

そのほうが営業活動が楽しくなると思います。

営業はゲームと思って楽しんでください。目標数字は、高いほうが楽しみは増えていきます。

明日から実践してみてください。



小森コンサルティングオフィス at 17:35コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ