悠木そのま著

2016年05月25日

「ハーバード流幸せになる技術」悠木そのま著(PHPビジネス新書)オススメ書籍の紹介




「ハーバード流幸せになる技術」悠木そのま著(PHPビジネス新書)を読んでいる。たいへん面白く勉強になる。

ハーバードといえば、成功の象徴であると同時に”成功の罠”の象徴である場所だ。そこには大きな成功を手に入れたにもかかわらず幸せになれなかった人が大勢いる。

だからこそ「本当の成功とは何か、本物の幸せとは何か」についての研究や議論が日々行われているのである。本書では、ワークスタイルデザイナーである著者が、幸福についての科学的な研究や関係者の発言を実践的に編集、数多くの「幸せになる技術」を紹介している。

本書より、ドリス・カーンズ・グッドウイン著「No Ordinary Time」には、「1940年は3分の1の世帯に水道も屋内トイレもシャワーもなく、25歳以上の人々のうち、中学を卒業できたのは40%、高校は25%、大学は5%にすぎない」というデータがある。米国人の満足度調査では、現在は10点満点で7.2点、1940年代は7.5点となる。

今や年収は当時の2倍以上、水道、浴室、セントラルヒーティングから電子レンジ、カラーテレビ、パソコンが整っているのに、満足度は下がっている。

まさに物質的豊かさを重視することで金儲け第一主義になった結果、人生の満足度が下がり、精神疾患に悩むものが増えたといえる。

本書で私がチェックした幸せに関する貴重な一言を紹介する。

/佑蓮屐察擦垢譴亶せになれる」という、「幸せの神話」に縛られている。
(ソニア・リュボミアスキー:カリフォルニア大学教授)

△笋蠅燭い里浪饉匏弍弔任呂覆、世界をより好い方向へと変えることだ。
(マーク・ザッカーバーグ:フェイスブックCEO)

9せは成功の結果ではなく、成功に先行する。
(ショーン・エイカー:ハーバード大学元講師)

すせな人は長生きで生産的で、より高収入である。
(ジョージ・E・ヴァイラント:ハーバード大学メディカルスクール教授)

イ海害申叔も続いている経済成長が、人々を幸せにしているようには見えない。
(デレック・ボック:ハーバード大学元学長)

Ψ从囘な困難は生活に多くの有害な影響をもたらすが、幸せに与える影響は比較的小さい。
(ソニア・リュボミアスキー:カリフォルニア大学教授)

物より経験を買うことにお金を使う。
貴重な経験(旅行、コンサート、スポーツ等)は、過去の幸せと達成を思い出させ、人を安心させる。
また自分が価値ある人間だという自信を与えてくれる。

┝分のためにお金を使うよりも、他人のためにお金を使うほうが幸せになれる。
(マイケル・I・ノートン:ハーバード・ビジネススクール教授)

幸せな人は、その人ならではの目標と実行計画を持っている。
(ソニア・リュボミアスキー:カリフォルニア大学教授)

感謝をするとポジティブな人生を味わえるようになる。

以上本書には仕事、プライベートで実行できる貴重な内容が多く含まれている。

「ハーバード流幸せになる技術」悠木そのま著(PHPビジネス新書)多くのビジネスパーソンに読んでいただきたいオススメの1冊である。





小森コンサルティングオフィス at 10:30コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ