意思決定

2017年04月06日

意思決定の6つのパターンとは?人は無意識にこのどれかのパターンで意思決定している。

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は「意思決定の6つのパターン」を紹介します。

皆さんは日々、多くの仕事上の意思決定をしていることでしょう。

では何をポイントに意思決定しているのでしょう。

またあなたの上司は?あなたの部下は、どうでしょう?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「意志決定の6つのパターン」

々舁的意思決定 (分析、理論、プロセス)

直感的意思決定 (直感、本能、ひらめき)

4蕎霤意思決定 (ストレス、焦り)

て帆賄意思決定 (新しい解決方法、右脳)

ゴ盈重意思決定 (上司の命令、法律)

政治的意思決定 (昇進、支持、影響力)

ではポイントを説明します。
150115_小森康充氏_181


々舁的意思決定 (分析、理論、プロセス)

これはFACT(事実)、データを分析して理論的に何が正しいかを導いて決定するパターンです。
医者、大学教授、科学者、男性脳に多いパターンです。

直感的意思決定 (直感、本能、ひらめき)

心に閃く本能、直感で意思決定するパターンです。
芸術家、女性脳に多いパターンでしょう。

4蕎霤意思決定 (ストレス、焦り)

感情にまかせて決定してしまう場合で
親子喧嘩、夫婦ケンカで両者感情的になってしまうパターンです。

て帆賄意思決定 (新しい解決方法、右脳)

新製品の開発、独創的な新しい方法を見つけ出そうと努力するパターンです。
発明家、ノーベル賞学者はこのパターンです。

ゴ盈重意思決定 (上司の命令、法律)

上司の命令に従うことが絶対、法律に照らし合わせて決定するパターンです。
軍隊、役所、体育会クラブはこのパターンです。

政治的意思決定 (昇進、支持、影響力)

これはどの決定をするのが自分の得になるかを考えるパターンです。
政治家、出世を第一に考えるサラリーマンはこのタイプです。

以上の6つです。自分はどのタイプか?
今から商談する相手はどのタイプか?を考えて商談することで契約率はアップすると思います。

今日から実践してください。





小森コンサルティングオフィス at 06:00コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年03月03日

「原則に基づく意思決定の7つのプロセス」ビジネスリーダーの皆さんへ

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は「原則に基づく意思決定の7つのプロセス」を紹介します。

これは皆さんがプロジェクトをリードし結果を出すために、このステップを実施するとスムーズにいくというものです。

この中に「イシュー」という言葉がでてきます。これは「課題」という意味ですが、
「このプロジェクトを成功させるための1番のポイントは何か?」
「最重要なものは何か?」という意味です。

古巣のP&Gではミーティングで「イシューは何か?」とよく聞かれました。これに答えるのが難しいのです。

プロジェクトの目的、関するデータ、等重要な要素を理解していないと「イシューは何か?」が答えられないのです。

もう1つ「原理原則」という言葉がでてきます。「どの原則に則って進めていくか?」ということですが、これがまた重要になります。

P&Gでは「Do The Right Thing!」(正しいことをしろ!)、「Consumer is Boss!」(消費者がボス)という原則がありました。

すべてのディスカッションは、この原則に基づいて進められます。

では以下ご覧ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
原則に基づく意思決定の7つのプロセス

1) 現状を明確にする
事実は何か?  イシューは何か?
誰が情報を持っているか?  チームのニーズは何か?

2) 関係者(キーマン)を明確にする
誰が関係者で彼らのインプットは何か?
関係者の決定に影響力のあるのは誰か?
決定に関与させる必要のある人は誰か?

3) 基本原則を明確にする
コアバリュー、原則は何か?
会社の方向性は何か?
ルール、倫理規定は何か?
適用するポリシーは何か?

4) 可能なソリューション提案を考える
ガイドラインの原則を再度チェックする
ソリューション提案を3つ作成する
適用できる専門的なリソースを付け加える

5) 決断する
ガイドラインの原則にあてはまるか評価する
3つの選択肢を評価し、その中から1つを選定する

6)ベストなソリューションを実行する
  実施計画を作成する
  手続き上のガイドラインを明確にする
  関係者とコアバリューとの関連性を確認する

7)フォローアップ
  その決定は我々の望ましい結果を達成するか?
  我々は何を学んだか?  
その学びから次は何が提供されるか?          

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上です。今日から実践してください。



小森コンサルティングオフィス at 05:00コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月01日

相手を説得するには?意思決定の6つのパターンを紹介します。

ビジネスリーダーの皆さんへ

皆さんは日々得意先、社内で相手を説得されていることでしょう?

以下のケースを経験されたことはありませんか?

〕論的に説明しているのに、相手は合意してくれない

¬世蕕に私のアイデアが正しいと思うのに相手は受け入れてくれない

上司は何故私の提案を採用しないのかわからない

ど徂悒吋鵐で家内がわけのわからないことを言いまくる

以上ですが、1つの理由は人それぞれ意思決定するポイントが違うことがあります。

「人が行う意志決定の6つのパターン」を紹介します。相手がどの意思決定のタイプかを理解して説得すると説得の可能性がアップすると思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「人が行う意志決定の6つのパターン」

A:合理的意思決定 (分析、理論、プロセス) 学者タイプ、男性脳、

B:直感的意思決定 (直感、本能、ひらめき) 芸術家タイプ、女性脳

C:感情的意思決定 (ストレス、焦り) 親子(夫婦)喧嘩、怒りの感情、

D:独創的意思決定 (新しい解決方法、右脳) 発明家、アイデアマン

E:官僚的意思決定 (上司の命令、法律) お役人、軍隊、警察

F:政治的意思決定 (昇進、支持、影響力) 選挙時の政治家、出世競争

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
同じ人でもある時は、合理的な判断をして、ある時は直感的な判断をする。

また別の時には感情的な判断をしてしまうこともあるでしょう。

自分の提案が相手に採用されなかった時、相手はどのタイプの意思決定をしたのか?

毎回の交渉を振り返ることが重要です。今日から実践してください。




小森コンサルティングオフィス at 19:04コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年06月29日

「得意先が行う意志決定の6つのパターン」とは?効果的に相手を説得するために

「得意先が行う意志決定の6つのパターン」を紹介します。

皆さんは得意先との商談、社内の会議、上司、同僚との打ち合わせで「何故相手は私のアイデアを理解してくれないのか?」「何故彼はあのようなおかしな発言をするのか?」という疑問を持たれたことはないでしょうか?

理由はいくつかあると思いますが、1つのポイントは、「あなたと相手の意思決定のパターンの違い」にあることがあります。

一般的な6つの意思決定のパターンは、以下となります。

々舁的意思決定 (分析、理論、プロセス)
直感的意思決定 (直感、本能、ひらめき)
4蕎霤意思決定 (ストレス、焦り)
て帆賄意思決定 (新しい解決方法、右脳)
ゴ盈重意思決定 (上司の命令、法律)
政治的意思決定 (昇進、支持、影響力)

ポイントの説明をしますと

々舁的意思決定 (分析、理論、プロセス)
⇒データ、理論、事実を分析して結論を導き出すタイプです。学者肌の理論派のイメージです。

直感的意思決定 (直感、本能、ひらめき)
⇒言葉のとうり、直感でアイデアをどんどん言うタイプです。根拠がないようですが、このアイデアが当たることもあります。

4蕎霤意思決定 (ストレス、焦り)
⇒議論が白熱して感情の高ぶり、時間のプレッシャーで判断してしまうイメージです。
夫婦喧嘩の結論は、多くがこの意思決定になるのではないでしょうか?

て帆賄意思決定 (新しい解決方法、右脳)
⇒芸術家のイメージです。今までにない新しいアイデア、新しい解決方法を考えるタイプです。

ゴ盈重意思決定 (上司の命令、法律)
⇒自分の意見ではなく上司の命令に従う。法律、ルールを最優先する意思決定です。

政治的意思決定 (昇進、支持、影響力)
⇒自分の立場を守るには?出世するためには?どのように発言すればよいか?を考えるタイプです。
名前のとうり政治家のイメージです。

以上良い悪いは別にして、上記の意思決定のパターンがあることを覚えてください。
そしてあなたが、納得いかない発言をした得意先、社内の同僚は、どのパターンで意思決定したのでしょう?

それがわかると誰が会議でどのような発言をするのかが予想できます。

そのことで事前準備、相談、根回しもでき商談、社内会議の合意事項も効率的にとれるのではないでしょうか?

今日から実践してみてください。






小森コンサルティングオフィス at 10:57コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ