扶桑社

2014年10月26日

「アンソニー ロビンズ 人生は一瞬で変えられる(扶桑社)」オススメ書籍の紹介




「アンソニー ロビンズ 人生は一瞬で変えられる(扶桑社)」を読んでいる。

本書は、世界的カリスマコーチのアンソニーロビンズの日本来日講演の様子をまとめたものである。

2006年にアンソニーのセミナーDWD(オーストラリア)に参加して以来、アンソニーのスキルの勉強は継続してやってきた。トニー(アンソニーの愛称)は、モティベーションアップ、感情のマネジメントについて優れたアドバイスを多くしてくれる。

アンソニーロビンズのプロフィールは、
1960年アメリカ、カリフォルニア生まれ。ビルの清掃アルバイトをしながら17歳からの2年間で成功哲学、心理学の本を700冊読破。モティベーションコーチの大家ジムローン、NLP創始者リチャードバンドラーに師事するなどして24歳で億万長者になる。
クリントン元大統領、テニスプレイヤーのアンドレアガシ、ハリウッド俳優のアンソニーホプキンス等世界の超VIPをクライアントに持つ。
30年以上のセミナー経験から全世界何千人もの人に影響を与える。
「Porsonal power2」という音声プログラムは、4000万本以上を売上げギネス記録となっている。

トニーの言葉で改めて勉強になったポイントは、

〆Fすることが、あなたの明日からの運命を形づくる

⊃誉犬亮舛牢蕎陲離灰鵐肇蹇璽襪琶僂┐襪海箸できる

B里瞭阿を変えると感情も一瞬で変わる

た燭琉嫐で豊かになりたければ与える人になること。そして与え続けること

タ誉犬両態は「決断」で決まる

幸せか不幸かは、自分が思い描いた人生の設計図に操作されている

Фくなりたければ、強いふりをせよ

┐海量簑蠅料農欧蕕靴い箸海蹐呂匹海世蹐Α

今日の生活は、すべてこれまでの決断の結果だ

それを行動せずに過ごしてしまった10年後、君はどんな姿で立っているだろうか?

自分を評価するときは、周囲の人を基準にするのではなく、目標までの距離で評価せよ

欲しいものを数字に変えよ。漠然とした願望では人生は変わらない

決断を習慣にせよ。決断はすればするほど質が高まる

以上たいへん勉強になる。

「アンソニー ロビンズ 人生は一瞬で変えられる(扶桑社)」
人生を変えたいすべての方にオススメの書籍です。

Live with Passion!





小森コンサルティングオフィス at 17:34コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年04月16日

「ぼくらの祖国」 青山繁晴著 扶桑社(おすすめ書籍の紹介)

ぼくらの祖国
ぼくらの祖国
クチコミを見る


「ぼくらの祖国」 青山繁晴著 扶桑社 を読んでいる。たいへん勉強になる。

青山繁晴氏は、株式会社独立総合研究所 代表取締役で、経済産業省の総合資源エネルギー専門委員、内閣府原子力委員会専門委員、海上保安庁政策アドバイザーであり、テレビ、ラジオ、講演等で有名な方である。

国際情勢、歴史に不勉強な私もたいへん勉強になった。

この本の私のポイントは、我々の祖国日本が直面している国際法違反の3つのポイントである。

1)日本国憲法

この本は、我々日本国民が祖国日本のことを考えるにおいて多くの気づきがある本である。青山氏は、国連加盟国193ケ国の中で祖国日本のことを学校で教えてない国は日本だけと指摘される。過去2000年の歴史で1度だけ日本は戦争に負けた。敗戦国としての戦後教育に問題があると指摘されている。すなわち戦争に負けたからと言って何から何までアメリカの言いなりになる必要はないのである。

例えば国際法の1つ、ハーグ陸戦条約の43条に「勝った国は負けた国の法律を勝手に変えてはいけない」というのがある。ところが現在の日本国憲法は、日本が戦争に負けたとき、アメリカ占領軍が、英語で書いたという。国際条約違反である。それが今の日本国憲法である。

2)尖閣諸島、竹島の海底はメタンハイドレードの宝庫

国際法上日本の海域である尖閣諸島、竹島を中国、韓国が勝手に自国の領土とする卑劣な行動に出ている。
ここでそもそも何故中国、韓国がそのような行為に出るのであろう。青山氏によると、なんと「豊富な天然資源であるメタンハイドレートが眠っている」という。それに目をつけ中国、韓国は、行動に出ている。肝心の日本政府は何の行動も起こしていない。それどころか「日本には、天然資源はない」という見解を政府、外務省は繰り返す。何故政府、外務省は日本近海の豊富な天然資源メタンハイドレートを見みないふりをするのか?実際アメリカは、韓国の竹島海域のメタンハイドレートの実用化に資金を出している。アメリカのコメントは、「エネルギー問題は、急がなければならない。日本政府が無関心かならやる気のある韓国に資金を出すのはフェアなことだ。」日本政府は何をしているのか?今まで我々国民が信じ込まされてきた「日本には天然資源はない。」というのは大ウソであった。日本海のメタンハイドレートを実用化すると日本は、世界の資源大国になるのである。それを低レベルな既得権益のために見て見ぬふりをしてきたのが今までの政府、官僚であるという。

3)いまだに英霊の遺骨収集がされてない硫黄島(いおうとう)

栗林中将率いる第二次世界大戦の激戦地硫黄島は、東京都小笠原村の一部である。戦争が終わったら遺骨を収集することは何の問題もない、ところが日本政府は、硫黄島で殺された2万人の方々のうち遺骨の収集ができたのは8千数百人である。およそ1万2千人の方々の遺骨はいまだに取り残されている。青山さんは、基地扱いで民間人を何故か入れない硫黄島に政府、外務省とタフな交渉をされ入られた方である。アメリカ軍がこの硫黄島の上陸にこだわったのは、アメリカが愚劣な無差別攻撃、広島、長崎の原爆を落とすための給油地にするためである。栗林中将率いる大日本帝国軍は、そのことがわかっていて地下壕を張り巡らせ、少しでも本国の爆撃を遅らせようとした。
その英霊の遺骨収集は、我々日本国民の義務であろう。また女、子供を巻き添えにする原爆投下をしたアメリカという国の愚劣さは、いかに戦争に勝ったからといって許されるのもでないのは明らかである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
その他、福島原発事故、教科書問題、北朝鮮拉致問題の内容も書かれています。

〜「ぼくらの祖国」 青山繁晴著 扶桑社〜 すべての日本国民に読んでいただきたいおすすめの1冊です。

感謝!

独立総合研究所(青山繁晴 代表取締役社長)
http://www.dokken.co.jp/index2.html

小森コンサルティングオフィス at 21:49コメント(1)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ