掟破り

2013年11月20日

「掟破り」原田泳幸著 かんき出版 おすすめ書籍のご紹介

「掟破り」原田泳幸著 かんき出版 を読んでいる。

たいへん勉強になる1冊である。

「掟破り」とは、ルールを破ることではなく、常識もいままでの経験も全部捨てるということ。

若いうちはたくさん挑戦し、たくさん失敗していい。

その経験が財産になり、世の中を幸せにするのだから。

著者の原田泳幸氏は、日本マクドナルドホールディングス株式会社代表取締役会長兼CEO。

 1948年長崎県生まれ。東海大学卒業。日本NCR、横河ヒューレット・パッカード、シュルンベルジュを経てアップルコンピュータージャパン入社、スティーブジョブズとともに、アップルブランドの再構築に尽力。市場拡大に貢献。

 2004年日本マクドナルド入社、7年連続マイナスだった同社をV字回復する。
マラソン、ロードバイク、ドラム、トライアスロン等多くの趣味を持つ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
本書は著者の原田氏が、仕事や経営のこと、過去の失敗、趣味、人生観まで、あらゆることについて、ビジネスパーソン、経営者、そしてひとりの人として、彼がこれまでに学んだこと、気づいたことを111の短い言葉の中に凝縮されたものです。

本書で私が学んだポイントは、

1:人間関係や仕事の質は、会社に関係なく、自分で変えていかなければならない。

2:企業の業績が悪くなる要因は常に内部にある。けっして外部要因ではない。これは個人も同じ。

3:人に情熱を伝えるのは「WE」という言葉

4:人を評価するのがリーダーの仕事ではない。人をつくることが仕事である

5:日本企業の経営陣は閉鎖的。思いきった人選が、世界で戦うための力を呼び込む

6:答えを与えすぎると、人は考える能力を失う

7:MBAをとるなら企業できちんと経験を積んでから。そうでないと本当の果実は得られない

8:「人間、できないことはない」と信じてやることがもっとも大事

9:子供時代にネットやゲームがなくてよかった。それによって想像力が鍛えられたから

10:日本ではお金がゴールのように思われ勝ち。しかし、世のため人のために役立つ仕事をするんだ、という地点までたどり着かないと人間は幸せになれない

11:人生でもっとも大事なものは愛、家族の愛だ。

「掟破り」原田泳幸著 かんき出版 多くのビジネスマンに読んでいただきたいおすすめの書籍です。

小森康充



小森コンサルティングオフィス at 09:39コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ