新井直之著

2014年07月15日

「執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣」新井直之著 幻冬舎、おすすめ書籍の紹介




「執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣」 新井直之著 幻冬舎 を読んでいる。

たいへん面白いおすすめ書籍です。

本書は、資産50億円以上、年収5億円以上の大富豪の生活習慣、生活マインドを紹介しています。

著者の新井直之氏は、日本バトラー&コンシュルジュ株式会社 代表取締役社長。
自ら執事として大富豪のお客様を担当。企業向けに富裕層ビジネス、顧客満足度向上コンサルティング、講演、研修を行っている。映画版「謎解きはディナーのあとで」「黒執事」では執事監修、俳優の所作指導を担当。
著書に「執事の仕事術」(PHP)、「執事のダンドリ手帳」(クロスメディア、パブリッシング)等がある。

第一章 世界の大富豪のビッグビジネスのつくり方

第二章 世界の大富豪の時間の使い方

第三章 世界の大富豪の人の心のつかみ方

第四章 世界の大富豪のお金に愛される生き方

第五章 世界の大富豪の健康と予防の考え方

私が勉強になったポイントは、

1)大富豪は、偉い人には興味をもたれない

2)大富豪は、派手な装いはしない

3)大富豪は、勉強はいっさいしない

4)大富豪は、休日はとらない

5)大富豪は、会議は10分と決めている

6)大富豪は、90分単位で行動する

7)大富豪は、余計なものはもたない

8)大富豪は、聞き上手でおだて上手

9)大富豪は、常に自責の精神でいる

10)大富豪は、ストレスが全くない

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大富豪は、敵をつくらない、目立たない、過去を振り返らない。

大富豪に共通な生き方、考え方はどれもストレスを回避する有効な処世術である。

彼らは素早くストレスを察知し、上手に避けて通る術を身に着けている。

また仕事と遊びの境界線が曖昧で、ときには寝食を忘れてエンドレスで働いていられるのも、やらされ感がまったくないことの裏返しである。

以上147ページより

20年間ビジネスマンをしてきて、コンサルタントで独立して6年の私からすると、「目から鱗」の生活習慣、考え方が数多くありました。

ビジネスマンが参考にできる考え方も多く紹介されています。

大富豪だから、このような考え方ができるのか?このような考え方ができたから大富豪になれたのか?

「執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣」、新井直之著、たいへん勉強になるおすすめの書籍です。



小森コンサルティングオフィス at 16:41コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ