期限

2016年04月23日

ビジネスのコミュニケーションには、必ず期限を入れましょう。




ビジネスパーソンの皆さんへ

「ビジネスコミュニケーションには、必ず期限を入れましょう。」

「トップセールスの段取り仕事術」研修で、いつも紹介していることがあります。

それは「目標設定の重要性」です。目標は「具測達一」の原則で立ててください。と言ってます。

「具測達一」とは、具体的、測定可能、達成可能、一貫性の頭文字を合わせたものです。

目標は具体的すなわち数字、期限、固有名詞(誰がいつまでに何をするのか?)を明確に伝えるものでなければいけません。

皆さんは日々、会社のコミュニケーションでチームメンバーに仕事上の依頼事項を多くされていることでしょう。

そこで重要なことは、「ビジネスコミュニケーションには、必ず期限を入れる。」ということです。

image


例えば以下の会話例

社員A「Bさん、今日の会議の資料メールで送っておいてもらえますか?」

社員B「わかりました。送っておきますね。」

この会話には1つ困ったことがあります。お互い期限を言ってないことです。
Aさんはいつこの資料が必要なのでしょう?BさんはAさんにいつ送付するのでしょう?

正しいコミュニケーションは以下です。

社員A「Bさん、今日の会議の資料メールで送ってほしいのです。今日の16時からのチーム会議で使いたいので、15時半くらいまでに送っていただけますか?」

社員B「わかりました。13時から17時まで会議に入ってしまいますので、今からすぐに送りますね。」

これが具測達一のコミュニケーションです。16時の会議で必要、今からすぐに送付する。という時間(期限)の入ったコミュニケーションになっています。

今日から皆さんが誰かに依頼するとき、「いつまでに」という期限を必ずコミュニケーションしましょう。

これが社内の信頼関係のコミュニケーションの1つのポイントです。

今日から実践してください。





小森コンサルティングオフィス at 21:38コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ