東京五輪ボート競技場

2016年10月23日

五輪ボート競技場決定に科学的ローイングテスト実施(戸田、長沼、海の森)を提案する

私は学生時代ボート部に在籍していたものであるが、小池都知事の五輪競技場のムダな税金の使い方にメスを入れる行動は素晴らしいと思う。

少子高齢化で競技人口の減る日本にとって、たった1月の五輪のために新しい競技場を今から建設するのはナンセンスであり都民の税金の無駄使いである。

できるだけ既存の施設を使い、アスリートとテレビ中継される世界中のに喜んでもらえるソフトの面(おもてなし)に力を入れ日本の素晴らしさを伝えることが重要である。

ボート競技場の選定で提案であるが、ローイングテスト(実際に大学ボート部選手が漕ぐ)を実施してはどうかと思う。

海の森競技場は海水で波風も大きくボート競技には適さない。海水による舟の腐食も気がかりである。

アスリートファーストの観点から競技に支障の出る環境は避けなければならない。

よって長沼、海の森、戸田ボート競技場(現在の全日本を実施している)で風速、波の高さを計測し、実際にシングルスカル(1人乗り)〜フォア(4人乗り)〜エイト(8人乗り)まで大学ボート部選手が漕いでみるのである。

現状でどれくらいのスピードの差があるのか?海の森は漕げるレベルかどうか?を具体的数値で集計するのである。

海の森は今から風、波防止の工事をして具体的に何%の風、波が防げるのか?

具体的な科学的数字を用いて適性を判断する必要がある。

アスリートが海の森に反対するのは理由がある。

科学的ローイングテストをせず海の森競技場に決定してしまうと2020年のオリンピック当日、ボート選手が漕げず競技ができない可能性が出てくる。

ボート競技は、波、風が強ければ船自体を出すことができないのである。

つまりレース自体ができなくなる。よってローイングテストの数値で海の森が悪ければ長沼が候補になる。

またIOCが1つの選手村にこだわるのであれば、現在の戸田オリンピックコース(彩湖ではなく)は候補になる。

国際規格の8レーンではなく6レーンであるが、1964年東京オリンピックはここで実施しているし、毎年の全日本、インカレ(大学選手権)も戸田ボート競技場でやっている。
image

現状の戸田ボート競技場は素晴らしい環境であり、既存の施設なので工事も何も必要ない。

費用も観客席の増加等以外はかからず大幅なコスト削減になる。

8レーンの国際規格を6レーンにすることをIOCが認めるだけでOKである。

リオのボート競技をユーチューブで見たが4レーンで競技していることが多かったようである。

リオのボートレースの実績からすると6レーンどころか4レーンでも十分レースはできるのである。

まとめると既存の戸田オリンピックコースであれば、

.▲好蝓璽肇侫 璽好箸隆囘世ら最高の環境でレースができる(波風がないため)、

建設経費の大幅削減(建設費なし、観客席のみ追加工事)、

B膕餮紊陵効活用(毎年の全日本、インカレは戸田で実施される)また大学ボート部合宿生活の有効活用(関東の大学ボート部は戸田に合宿所を持っている)。
image

以上、戸田ボート競技場であれば都民は納得するはずである。

東京都、IOCにて検討いただきたく提案するものである。



小森コンサルティングオフィス at 23:30コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ