決断の仕方

2015年02月20日

ディシジョン・メーキング「決断の9原則」とは?マネージャーの重要な仕事の1つは、決断を下すことです。

ディシジョン・メーキング「決断の9原則」

マネージャーとして最も重要な仕事が1つあります。それは「決断を下す」ということです。

営業という現場では日々、得意先で社内であらゆる方面で数えきれない回数の決断が下されていることでしょう。中には誤った決断がくだされることもあるかもしれません。

今日ははマネージャーの皆さんが正しい決断を下すことができるように、決断の仕方について基本的な原則を説明します。

「決断の仕方」の9原則

〃菽任垢觧柄に関する有効な情報をできるだけ多く集める
(各種マニュアル、データ、上司、得意先からのインプット、他本部からの情報)

△垢戮討両霾鵑鯑手するまでは決断は下さないようにする

K榲に決断すべき事柄だけに集中するよう心掛ける
(真の問題は何かということにフォーカスする)

つ拘的な結果に目を向けて決断する
(短期的ビジネスのために長期的なビジネスの成功を犠牲にすることは避けなければならない)

ゲ甬遒了例を参考にして決断する
(上司、同僚の経験談、得意先の記録、個人のビジネス、トレーニングファイル)

Σ饉劼隆覿畔針と一貫性のある決断を下す
(基本原則である「正直誠実さ」「公正さ」「人は財産である」等の要素をもとに判断する)

落ち着いて決断する
(常に冷静なアプローチでその決断がビジネス構築、組織力構築にプラスになることを確認)

┘侫ローアップを怠らないようにする
(自分が下した決断が効果的に実行されるように見届けることが大事である)

下した決断を自分が正しいと思っていることと比べて見直す

以上9つのポイントを今日から実践してください。

仕事のみならず、プライベートでも実践できると思います。



小森コンサルティングオフィス at 07:19コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「優先順位の設定能力」仕事上の優先順位は、.織ぅ爛泪優献瓮鵐函併間管理)と▲妊シジョン・メイキング(決断を下す)の2つのポイントがあります。

ビジネスマン(営業マン)の皆さんへ

今日は優先順位の設定能力について紹介します。
日々忙しく仕事をされている皆さんは、どのように仕事のまたはプライベートの優先順位を設定されているでしょうか?

「優先順位の設定能力」をスキルとして強化するには2つのポイントがあります。

 「優先順位の設定能力」

.織ぅ爛泪優献瓮鵐函併間管理)

▲妊シジョン・メイキング(決断を下す)

ビジネスマン(営業マン)にとって何故タイムマネジメントが必要でしょうか?
これは、できるだけ多くの職務を達成し担当エリアの売上を最大化するためです。

そしてそのためには「効果的な時間の使い方」が必要不可欠なのです。

その為のポイントは3つあります。

〇纏中は仕事以外のことに費やす時間をできるだけ減らす
→新聞を読んでいたり、得意先と雑談の長電話をしたり、ボーッとしている時間を減らすことです。

△△泙蟒斗廚任覆せ纏に費やす時間は減らし、重要な仕事に集中する
→まさに仕事に優先順位を設定し重要な仕事からやり始めることです。

スキルを上達させることにより、仕事や事務処理に要する時間を短縮する
→タイムマネジメントのポイントは、あなたが仕事の分野でプロフェッショナルになることです。
企画書作成のスピードをアップする。電話での得意先とのコミュニケーションの時間を短縮する。
2時間の会議を効率的に1時間に短縮する等です。

優先順位の設定方法の書籍「トップセールスの段取り仕事術」83ページを参照ください。

今しなければならない仕事の優先順位は?得意先の訪問計画の優先順位は?

下記5つのポイントで優先順位を設定していただければ効果的かと思います。

「増加見込み売上」、「成功可能性」、「期待値」、「タイミング」、「コスト」、「一貫性」

以上参考にしてください。




小森コンサルティングオフィス at 07:10コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年10月09日

効果的な決断(ディシジョンメイキング)の仕方の3つのポイントとは?

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は、効果的な「決断の3つのポイント」を紹介します。

皆さんは日々、ビジネスでプライベートでいろいろな決断をされているかと思います。

例えば
1)来月の企画はAプランとBプランのどちらでいこうか?
2)今回のクレームは上司に報告すべきかどうか?
3)新居を思い切って契約すべきかどうか?
4)ヘッドハンターからの転職の話に乗るかどうか?
等皆さんは人生で多くの決断をされてきたと思います。

その過去の決断は、効果的なものであったでしょうか?

私がP&Gで学んだ効果的な決断の3つのポイント以下に紹介します。
ビジネスに加えプライベートでも実践できると思いますので参考にしてください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ディシジョンメイキング(決断)の3つのポイント

1)決断する事項に関する有効な情報をできるだけ多く集める

これは決断すべき事柄についての情報を多く集めることにより、正しい決断の方向性が見えてくる可能性が高いからです。
よって入手可能な情報が多く集まるまで、決断は下さないことです。

時間のプレッシャーで「えいやー」で下された決断は、たいてい後で後悔することになります。
またこの情報収集と同時に「過去の事例を参考にする」ということも重要です。
これはあなたの会社、業界、世界中を探してみると、あなたがしようとしている同じ決断を、過去された方がいらっしゃると思います。
その方は、どのような結果になったのでしょう?過去同じ決断をした方がどうなったかの情報を知ることができれば、有益な情報になるでしょう。

2)落ち着いて決断する

実際に決断する瞬間です。
この決断のポイントは「落ち着いて決断する」ことです。相手のプレッシャー、時間のプレッシャー等で決断しないことです。また長期的な視点も重要です。
今回の決断が、将来何年にも渡ってどのような影響があるのか?長期にわたる決断は、特に注意が必要です。

またあなたの会社方針、上司の指示事項、あなた個人の信念との一貫性は保たれていますか?
この「一貫性」という観点もポイントにおきましょう。
あなたの心の中の声に耳を傾けることは重要です。
他人の意見は参考にはしますが、最期はあなたが、自分の信念で決断をくだすのです。
「周りのみんながやっているから僕もそうしよう」では効果的な決断にはなりません。

3)決断した後のフォローアップをしっかりする

決断することそのものが目的ではなく、その決断したことで何かが動き出すことでしょう。
たとえば契約が成立してプロジェクトが始まる。お金を支払い商品が届く、それを使用する。等です。

よってその決断が自分が理想としたことと照らし合わせて、どうであったのかの見直しをすることが重要です。
そのことで決定した決断が正しかったのか?
そうでなかったのかをレビュー(振り返り)しましょう。
それが今後の正しい決断をすることの勉強になります。

以上が3つのポイントです。実践してみてください。

小森コンサルティングオフィス at 09:17コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年03月26日

ディシジョンメイキング(決断)の3つのポイントとは 効果的な決断実施のために

ディシジョンメイキング(決断)の3つのポイント

皆さんは、日々ビジネスでプライベートで様々な決断をされているでしょう。

では効果的な決断をするためのポイントは何でしょう?

以前も紹介したかと思いますが、3つのポイントを紹介します。

効果的ディシジョンメイキング(決断)の3つのポイント

1)決断する事項に関する有効な情報をできるだけ多く集める

これは決断すべき事柄についての情報を多く集めることにより、正しい決断の方向性が見えてくる可能性が高いからです。
よって入手可能な情報が多く集まるまで、決断は下さないことです。
時間のプレッシャーで「えいやー」で下された決断は、たいてい後で後悔することになります。

またこの情報収集と同時に「過去の事例を参考にする」ということも重要です。
これはあなたの会社、業界、世界中を探してみると、あなたがしようとしている同じ決断を、過去された方がいらっしゃると思います。

その方は、どのような結果になったのでしょう?
過去同じ決断をした方がどうなったかの情報を知ることができれば、有益な情報になるでしょう。

2)落ち着いて決断する

実際に決断する瞬間です。この決断のポイントは「落ち着いて決断する」ことです。
相手のプレッシャー、時間のプレッシャー等で決断しないことです。また長期的な視点も重要です。
今回の決断が、将来何年にも渡ってどのような影響があるのか?長期にわたる決断は、特に注意が必要です。

またあなたの会社方針、上司の指示事項、あなた個人の信念との一貫性は保たれていますか?

この「一貫性」という観点もポイントにおきましょう。あなたの心の中の声に耳を傾けることは重要です。
他人の意見は参考にはしますが、最期はあなたが、自分の信念で決断をくださうのです。
「周りのみんながやっているから僕もそうしよう」では効果的な決断にはなりません。

3)決断した後のフォローアップをしっかりする

決断することそのものが目的ではなく、その決断したことで何かが動き出すことでしょう。
たとえば契約が成立してプロジェクトが始まる。
お金を支払い商品が届く、それを使用する。等です。

よってその決断が自分が理想としたことと照らし合わせて、どうであったのかの見直しをすることが重要です。
そのことで決定した決断が正しかったのか?そうでなかったのかをレビュー(振り返り)しましょう。
それが今後の正しい決断をすることの勉強になります。

以上3つのポイントですが、実践してみてください。



小森コンサルティングオフィス at 16:10コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年07月01日

決断の仕方(ディシジョンメイキング)のポイントとは?あなたは、ビジネスの決定をどのようにされていますか?

ビジネスマンの皆さんへ

皆さんは日々、仕事上、プライベートの決断をされていると思います。

では決断(ディシジョンメイキング)の効果的ポイントとは何でしょう?

3つのポイントを紹介します。このポイントは日々の仕事の問題解決の手法としても応用できます。

ディシジョンメイキング(決断)の3つのポイント

1)決断する事項に関する有効な情報をできるだけ多く集める

これは決断すべき事柄についての情報を多く集めることにより、正しい決断の方向性が見えてくる可能性が高いからです。よって入手可能な情報が多く集まるまで、決断は下さないことです。時間のプレッシャーで「えいやー」で下された決断は、たいてい後で後悔することになります。

またこの情報収集と同時に「過去の事例を参考にする」ということも重要です。これはあなたの会社、業界、世界中を探してみると、あなたがしようとしている同じ決断を、過去された方がいらっしゃると思います。
その方は、どのような結果になったのでしょう?過去同じ決断をした方がどうなったかの情報を知ることができれば、有益な情報になるでしょう。

2)落ち着いて決断する

実際に決断する瞬間です。この決断のポイントは「落ち着いて決断する」ことです。相手のプレッシャー、時間のプレッシャー等で決断しないことです。また長期的な視点も重要です。今回の決断が、将来何年にも渡ってどのような影響があるのか?長期にわたる決断は、特に注意が必要です。

またあなたの会社方針、上司の指示事項、あなた個人の信念との一貫性は保たれていますか?
この「一貫性」という観点もポイントにおきましょう。あなたの心の中の声に耳を傾けることは重要です。
他人の意見は参考にはしますが、最期はあなたが、自分の信念で決断をくださうのです。
「周りのみんながやっているから僕もそうしよう」では効果的な決断にはなりません。

3)決断した後のフォローアップをしっかりする

決断することそのものが目的ではなく、その決断したことで何かが動き出すことでしょう。
たとえば契約が成立してプロジェクトが始まる。お金を支払い商品が届く、それを使用する。等です。

よってその決断が自分が理想としたことと照らし合わせて、どうであったのかの見直しをすることが重要です。
そのことで決定した決断が正しかったのか?そうでなかったのかをレビュー(振り返り)しましょう。

それが今後の正しい決断をすることの勉強になります。

まとめると効果的な決断の3つのポイントは、

1)決断する事項に関する有効な情報をできるだけ多く集める

2)落ち着いて決断する

3)決断した後のフォローアップをしっかりする

以上今日から参考にしてください。

小森コンサルティングオフィス at 10:38コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2013年01月29日

ディシジョンメーキング(決断の仕方)の3つのポイント。効果的な決断にはポイントがあった。

今日は、ディシジョンメーキング(決断の仕方)の3つのポイントについて紹介します。

ビジネスマンの皆さんは日々、プライベート、仕事上の決断、意思決定を多くされていることと思います。

皆さんが過去にした決断は、効果的なものであったでしょうか? 

「あの決断は早まったな」「あんなこと言わなきゃよかった」みたいなことはなかったですか?

では効果的なディシジョンメーキング(決断の仕方)の3つのポイントを紹介します。

ビジネスでプライベートで活用いただければ幸いです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3つのポイントは、タイムラインでのポイントです。

1)決断を下す前の準備

2)決断するポイントの明確化

3)決断後のフォローアップ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

詳しく説明します。

1)「決断を下す前の準備」

これには、3つのポイントがあります

1−1)決断する事項についての、有益な情報をできるだけ多く集める。

これは少ない情報のみで決断を下すと大きなリスクがあります。よってその事柄についての多くの情報を集める必要があります。

1−2)有益な入手可能な情報が集まるまで、急いで決断は下さない。

これは決断は早ければ良いというものではありません。1)の必要な情報が集まるまでは、安易な決断はしないことが重要です。一度決めたことをすぐに訂正する方がいるとします。この方はこのポイントが意識できてないことが多いと思います。

1−3)本当に決断すべきことを見極めて決断する。

これは何を決断する必要があり、何を決断しないでよいか?を判断するということです。
組織上、その決断は、私がするのがよいのか?それとも別の方の役割分担なのかを明確にすることです。

「その決断は、私がすべき決断かどうか?」この質問を自問自答してください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2)「決断するポイントの明確化」

これは決断を下す内容そのもののポイントですが、以下の3つのポイントがあります。

2−1)長期的な結果に目を向けて決断する

今回の決断によって、短期では効果があるかもしれませんが、長期的にはどうなるのか?を判断することです。

プライベートでもビジネスでも人生は継続します。1月、1年、2年、10年、30年のタイムラインの中で、今回の決断が将来的にどのような影響力があるのかを考えることが重要です。

2−2)過去の事例を参考にして決断を下す。

これは過去の日本中、世界中のデータを集めると、自分自身が、今しようとしている同じような決断を下して実行した方がどこかにいると思います。
その人はその決断によって、どのような結果を達成したのか?しなかったのか?それは何故なのか?を参考にすることです。状況が全く同じではないこともありますので、そのとうりになるとは言い切れませんが、参考にはできると思います。

2−3)自分自身(または会社)の目標と一貫性のある決断をくだす。

これは、自分自身のプライベートまたはビジネス上の目標があると思います。それとの一貫性をポイントにすることです。一貫性があれば、よい決断になる可能性が高まります。また一貫性があまりなければ、プライオリティ(優先順位)は低くするほうがよいのかもしれません。この前提として、自分自身の目標設定を明確に持っている必要があります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3)「決断後のフォローアップ」

決断はしっぱなしではいけません。良い決断を継続するためには、下した決断をフォローアップすることが重要です。3つのポイントを説明します。

3−1)定期的にフォローアップする

これは、下した決断の進行状況が自分の期待したどうりになっているかどうか、を定期的にフォローアップすることです。もし期待どうりでない場合は、何か改善のアクションを実行したり、サポートをもらったりできないかを考えることが重要です。

3−2)下した決断を自分が正しいと思っていることと比べる

人それぞれ信念、主義主張を持っています。ビジネスマンとしては、自分に正直で、誠実な態度で行動することが重要です。今回下した決断が、その自分自身が正しいと思っていることに合致しているかどうかを振り返ることが重要です。

3−3)今回の決断の振り返りをネクストステップにつなげる

決断というのは、1回で終わることもあれば、継続することもあります。プライベート、ビジネスでは、将来同じような決断を迫られることも多くあります。そのときに同じ間違いをしないために、今回の決断が〇だったのか、△だったのか、Xだったのか、それは何故なのか?を振り返りフォローアップを毎回することです。

その情報が蓄積され、決断力の知識と経験となり自分自身の決断力が鍛えられていきます。
果敢にチャレンジした結果の失敗はよいことだと思います。失敗の後に成功がやってきます。
ただし「同じ間違いは、2度としない。」ことが重要です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上「決断の3つのポイント」、それぞれをまた3つにわけましたので、合計9つのポイントですが、

ご理解いただけたでしょうか? プライベートで、ビジネスでご活用いただければ幸いです。


小森コンサルティングオフィス at 14:41コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ