目的の明確化

2017年04月21日

プレゼンテーションの語源はプレゼント(贈り物)である!自慢話になってはいけない。

プレゼンテーションの語源はプレゼント(贈り物)である!自慢話になってはいけない。

ビジネスリーダーの皆さんは、得意先、社内でプレゼンテーションをする機会は多いのではないでしょうか?

研修で紹介するプレゼンの基本の3つのポイントを紹介します。

プレゼンテーションンの3つのポイント

.廛譽璽鵐董璽轡腑鵑慮豸擦魯廛譽璽鵐函並り物)です。

「聴衆のために」という気持ちが大事。

そのためには聴衆は誰か?をよく知ることが重要です。聴衆は何を聞きたいと思っているか?

聴衆のわかりやすい言葉は何か?これを準備することです。

▲廛譽璽鵐董璽轡腑鵑量榲と到達点を明確にすること

目的は何か?は最も重要です。

プレゼンの目的は、大きく分けて2つあります。

1)アクション・オブジェクティブ(相手に行動を求める) これには3ステップがあります。

(1)提案する、(2)同意を求める、(3)行動を起こさせる

2)インフォメーション・オブジェクティブ(情報提供する) 以下の3つのポイントがあります。

(1)分析結果を報告する、(2)特定事項に関する状況を報告する、(3)知識や経験を要約し報告する

重要なことはプレゼンの目的がどちらかを明確にすることです。

ポイントを3つにまとめる

海兵隊の研究で命令を3つにすると兵士が従いやすいというデータがあるようです。

私が講演でポイントを3つにまとめるメリットは、]辰啓蠅話しやすいこと、∧垢手が覚えやすいこと、O辰鯤垢海Δ箸いδ阿手のモティベーションがアップすることがあります。

以上がプレゼンの基本の3つのポイントです。

今日から実践してください。






小森コンサルティングオフィス at 11:50コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ