相手は宝物

2012年10月13日

信頼関係の構築の手法の1つ 「相手を宝物と思う」には「自分で自分のことを宝物」と思うこと

営業研修の中で信頼関係の構築のパートがあります。

すべての人間関係は、信頼関係がベースにないと、うまくいきません。

信頼関係構築のポイントの1つに「相手のことを宝物と思う。」ことが重要です。

ここのポイントは、「将来」がキーワードになります。研修でよく質問をいただきます。

「相手のことを「宝物」と思えればよいのですが、どう考えても宝物と思えない人はどうするんですか?」

ここでの相手を宝物と思えないというのは、過去の出来事、すなわち、相手と自分とのやり取りの中で、冷たくされた、とかの思いでから判断されていると思います。そこで重要なのは、過去ではなく将来にフォーカスすることです。

1分先はすでに将来です。将来相手も変わります。あなたも成長して変わるのです。

今まで相手と人間関係がうまくいかなかったかもしれません。しかし将来、「1週間後、1月後、1年後、相手と自分は必ずうまくいく。」「すばらしいパートナーになれる」「相手は宝物だ」と今思うことです。

この心構え、マインドセットが信頼関係にとって重要です。

「今まで彼とは、うまくいかなかった。 来週ははじめて、必ずうまくできるだろう。」と楽観的に考えること。
このマインドを持ってください。

ご家族、会社内、お客様とすべての人間関係に応用できると思います。

あなたの周りの方は、すべての方が「宝物」です。

そして最後に、「相手のことを宝物と思う」コツを紹介します。

それは「自分で自分のことを宝物と思う」ことです。周りがどのように思おうが関係ありません。あなた自身は、宝物なのです。将来必ず夢を達成できる、すばらしい存在なのです。

自分で自分のことを宝物。と思えると今日会う相手のことを宝物と思いやすくなります。

実践してみてください。感謝!



小森コンサルティングオフィス at 13:14コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2012年02月29日

信頼関係の構築(相手を宝物と思う)

商談力伝道師の小森康充です。講演会で信頼関係を構築するポイントの1つに「相手のことを宝物と思う」というのを紹介させていただきます。

よくやってしまうのが、「仲の良い人は、宝物」「仲のよくない人は、どうでもいい人」、または営業マンが「買ってくれるお客さんは、宝物」「買ってくれないお客さんは、どうでもいい人」 ということで、自分にとって都合のよい人かどうかで、態度を変えてしまいます。

そうではなく、「すべての方は宝物」、この心構えが重要です。

何故なら、将来があるからです。 今日買ってくれないお客さんでも1週間後、1月後はわからないのです。

連絡をいただき、商品をご購入いただけるかもしれません。友人を紹介いただけるかもしれません。

この「将来に期待する」ポイントがキーとなります。

「クレームのお客さんほど、宝物なのです。」「買ってくれないお客さんほど、宝物」このマインドになった瞬間、何かが動きだします。

この3月間、人間関係がうまくいかなかた同僚がいます。あなたは、この同僚に対して以下の2つのどちらの心構えを持ちますか?

1)今は関係がうまくいってないが、将来必ずうまくいく。この人は、宝物だ。

2)この人とは、うまくいかない。将来もダメだろう。

1のマインドを持つ人が、将来楽しい関係を構築できるでしょう。

つまり現状がどうあるかよりも、あなたが心の中で何を考えているか? それが大事なのです。

「すべての方は、宝物!」

感謝!

小森コンサルティングオフィス at 08:18コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ