経営共創基盤(IGPI)

2012年05月14日

「挫折力」 〜一流になれる50の思考、行動術〜 冨山和彦著 PHPビジネス新書 お奨め書籍の紹介

挫折力―一流になれる50の思考・行動術 (PHPビジネス新書)
挫折力―一流になれる50の思考・行動術 (PHPビジネス新書)
クチコミを見る


「挫折力」 〜一流になれる50の思考、行動術〜 冨山和彦著 PHPビジネス新書 を読んでいる。

著者の冨山和彦氏は、経営共創基盤(IGPI)代表取締役CEO。ボストンコンサルティンググループ、コーポレイトディレクション代表取締役社長を経て、2003年、産業再生機構設立時にCOOに就任。解散後、IGPIを設立、数多くの企業の経営改革や成長支援にかかわる。オムロン社外取締役、朝日新聞社外監査役、財務省「財政投融資に関する基本問題委員会」委員、等を務める。東京大学法学部卒、スタンフォード大学経営学修士(MBA) という経歴をお持ちの方である。

この本で冨山さんが強調されていることは、「挫折こそが成長の近道」、挫折を恐れず挑戦することが重要である。

というメッセージである。章立ては、

第一章 挫折こそが成長への近道

第二章 ストレス耐性を高め、挫折と折り合う技

第三章 人間関係の泥沼を楽しみ、糧にする技

第四章 捨てる覚悟を持つための技

第五章 リアルな「権力」を使いこなす技

私がチェックしたポイントは、

1)挫折とは、自分の能力以上のことに挑戦した証拠である。

2)人間は失敗からしか学べない生き物。だから優等生人生は、不機嫌な人生、役に立たないリーダーへの道を約束している。

3)勝負は時の運、、、運命を受け入れることの大切さ

4)何かを得るためには、何かを捨てなければならない

5)社長と副社長の距離は、副社長と平社員の距離より長い

6)突き詰めれば権力の源泉は人事権と金。でもそれは自らを殺傷しかねない諸刃の剣。だからこそ、ソフトパワー(権威や人望)による補完が重要。

7)嫉妬、窮鼠、煩悩、、、情けは人のためならず

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

たいへん面白いお奨めの1冊である。


小森コンサルティングオフィス at 23:04コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ